168件中 81 - 90件表示
  • フルーツ魚

    フルーツ魚から見たニジマスニジマス

    ブドウ由来のポリフェノールに着目し、山梨県や岩手県でニジマスなどマス類への効果が研究され、また、カンパチなどの養殖に、ブドウ種子ポリフェノールが初めから混合された商品が市販され、養殖業者に利用されている。フルーツ魚 フレッシュアイペディアより)

  • 寒河江ダム

    寒河江ダムから見たニジマスニジマス

    月山湖はアユ・ニジマス・イワナ・ヤマメ・ハヤなどが釣れる魚の宝庫であり、多くの釣り客で賑わう。但し漁業権は最上第二漁業協同組合が管轄しており事前に問い合わせをした方が無難である。ダム湖へのボートなどの持ち込み利用は最上川ダム統合管理事務所の事前申し込みが必要であり、噴水付近からダムサイトまでは進入禁止区間である。月山湖は山形市を始め流域12市町村、約550,000人の水源でもある為禁止事項に反する行為を行うと河川法違反で処罰されるのでルールを守った利用が肝要である。寒河江ダム フレッシュアイペディアより)

  • カインチュア

    カインチュアから見たニジマスニジマス

    Canh chua cá h?i - マス(主に養殖ニジマス)カインチュア フレッシュアイペディアより)

  • 芦ノ湖

    芦ノ湖から見たニジマスニジマス

    釣り場としてもノ湖は有名であり、ニジマスなどのマス類やブラックバスなど、古くから外国産の魚類が放流されてきた歴史がある。なおブラックバスは赤星鉄馬によって1925年に日本で初めて放流されたことで知られ、バスフィッシングのメッカにも挙げられる。芦ノ湖 フレッシュアイペディアより)

  • 淡水魚

    淡水魚から見たニジマスニジマス

    現代の多くの地域において、淡水魚の分布範囲や生息数は人為的攪乱にさらされている。日本ではアユやニジマスなどの有用魚種の放流に伴って、それに混入した他の魚も分布を広げている例があり、野生淡水魚の分布の攪乱が問題になっている。たとえば琵琶湖のコアユを捕獲して他の河川に放流することで、オイカワ・カワムツ・ムギツク・オヤニラミ・ハス・ワタカ、さらにはブルーギル・ブラックバス・ライギョ・ソウギョなどの外来種もアユに混じって分布を広げている。淡水魚 フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんちゃん焼き

    ちゃんちゃん焼きから見たニジマスニジマス

    一般的には、鮭をメインの食材にすることがほとんどだが、ニジマスなど他の魚を使うこともある。その他の具材としては、玉葱や長葱、キャベツ、モヤシ、ピーマン、人参などの野菜を用いる。ちゃんちゃん焼き フレッシュアイペディアより)

  • オショロコマ

    オショロコマから見たニジマスニジマス

    日本国内で直ちに種の絶滅が危惧される状況ではないが、2007年版の環境省レッドリストでは、従来の準絶滅危惧から絶滅危惧II類にカテゴリが上げられた。知床半島などの生息地では外来魚(ニジマスやブラウントラウト)との競合、アメマスの生息域拡大による源流域まで追いやられる、一部の釣り人による乱獲や源流部の林道工事、河畔林伐採、堰堤の設置等にともなう生息環境破壊により、個体群が絶滅の危機にあるとみられる。特に、本種はもともとアメマスと同じ川で生息する際、本種がアメマスより上流に、その下流にアメマスが生息するといった棲み分けがあったが、ここ最近アメマスの勢力が広がりつつある。また、本種とアメマスとの交雑種が見つかっている。本種の分布域の北側には、ホッキョクイワナが生息するが、両者の異同には論議がある。まず、言えることは(1)産卵場所の違いである。本種は河川、ホッキョクイワナは湖沼。(2)生態や、鰓杷数が本種より亜種のミヤベイワナに近いこと。など明確な違いは限られており、本種との区切りは難しい。しかし、もともと日本国内で生息する本種を含め、イワナ属の魚は明確な河川ごとに特徴があったと言われる。イワナ属はそもそも本種とミヤベイワナの2亜種からなるグループと、アメマス、ニッコウ、ヤマト、ゴギの4型からなるイワナのグループ、その他外来種2種が日本国内で生息していると考えられているが諸説ある。本種を含めホッキョクイワナのグループはイワナのグループに比べ、生息域が広く、より正確な分類が必要なグループであるには違いない。オショロコマ フレッシュアイペディアより)

  • 屈斜路湖

    屈斜路湖から見たニジマスニジマス

    このため屈斜路湖では現在でも漁業権が存在しない。2000年代以降酸性度は低減される傾向にあり、優占種は耐酸性に優れたウグイで他には放流されたニジマス、ヒメマス、サクラマスが僅かに生息する。屈斜路湖 フレッシュアイペディアより)

  • ミドリムシ

    ミドリムシから見たニジマスニジマス

    養魚用配合飼料(シラスウナギ、ヤイトハタニジマスなど)。但し、稚魚に直接与えるのでは無く、アルテミア幼生の栄養強化のためにユーグレナ配合飼料を与える。一方、未加工で与えた場合はソウギョなどの魚種によっては消化されないことが報告されている。ミドリムシ フレッシュアイペディアより)

  • オーロビルダム

    オーロビルダムから見たニジマスニジマス

    ダムの完成により魚の遡上が妨げられたため、河川の生態系に影響を与えた。ダムの影響を軽減するため、ダム完成後にサケやニジマスの孵化場などが建設された。オーロビルダム フレッシュアイペディアより)

168件中 81 - 90件表示

「ニジマス」のニューストピックワード