前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示
  • ニジマス

    ニジマスから見た西日本旅客鉄道

    ニジマスを食材として使用した駅弁としては、JR米原駅の「元祖鱒寿し」、JR新山口駅の「ますずし」などがある。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たイワナ

    ホウライマス♀とイワナ♂あるいはアマゴ♂を交配した三倍体 流通名:絹姫サーモンニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た釣り

    ニジマス(虹鱒、学名:Oncorhynchus mykiss、英名:Rainbow trout)はサケ科に属する淡水魚。食用魚であり、釣りの対象にもなる。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た梅雨

    本州以南の多くの河川では放流しても定着しにくい魚という評価があり、同じ外来種のブラックバスと比べて導入について寛容的な自治体が多い。定着しない理由として、放流してもすぐに釣られること、さらに梅雨時の増水で繁殖ができなくなることが挙げられる。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たミミズ

    河川での釣りは渓流釣りとなる。ウキ釣り (float fishing) ではなく、浮子の代わりに毛糸などの目印をつけたミャク釣りで行う。糸も細くし、エサもトビケラ、カワゲラ、ミミズなど河川に生息する虫を使うと良い。釣法はヤマメ・イワナなどに準ずるが、釣り上げるのがやや容易である。そのため、渓流釣り師の間では入門魚として見られ、ヤマメ・イワナなどの前座のような扱いにされることが多い。ただし河川でもやや大型が多いことを考慮したい。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たアルビノ

    1956年、長野県水産試験場で初めて発見され、交雑試験により遺伝的に優性であることがわかった。子孫である純系マスが各地で生産されている。またニジマス養殖でアルビノが出現することはほとんど無く珍しい。チロシナーゼ合成酵素が欠損しメラニン色素が作られないため、残りの色素などにより体色が黄色近似に変化。優性遺伝の為、一方の親がアルビノならば、アルビノの子が育つ。観賞用としてペットショップや観賞魚店(熱帯魚店)などでも販売されている。また、養殖場では成長度合いを簡単に調べるための標識魚として利用される。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た東日本大震災

    香川県坂出市などでは、瀬戸内海の水温が低下する12月に25センチ程度のニジマスの稚魚を網生簀に入れ、約5カ月かけ育成した後、「讃岐さーもん」として毎年4月下旬から5月下旬に出荷している。これは2011年3月11日の東日本大震災の津波で、東北沿岸部のサーモン養殖漁場が大打撃を受け、稚魚を出荷できなくなった内陸部の稚魚生産業者を支援するため、香川県の漁業関係者が稚魚を購入したことがきっかけとなった。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た支笏湖

    北海道では1920年に支笏湖に放流されたのにはじまり、今では72の水系に定着している。在来魚種への影響として知床半島の幾つかの河川では、ニジマスの侵入により生息域を奪われた在来種のオショロコマの生息が確認できなくなっているほか、良留石川では残留型サクラマス(ヤマメ)を駆逐し優占種となっている。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たカリフォルニア州

    日本での歴史は関沢明清により1877年(明治10年)にアメリカ合衆国カリフォルニア州から移入されたのが最初とされている。これ以後、各地の渓流や湧水地帯で養殖、放流が盛んに行なわれた。その個体の一部が、北海道知床半島、摩周湖、幌内川などのような一部の地域で自然状態で定着した外来種となっている。カリフォルニアからの複数回の移入により原産地の遺伝的多様性を受け継いでいる。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たカニ

    年間を通じ入手することが出来るが、春先から夏に店頭に出回ることが多い。100–140グラム程(20 - 23cm程度)のサイズは、白身で塩焼きやムニエル、甘露煮として食べる。カロチノイドの一種である赤系色素のアスタキサンチンと蛋白質が結合したカロテノプロテインを主として構成される外殻を持つエビやカニ等の甲殻類を配合した、魚粉が主体の飼料で2 - 3年程かけて2 - 3キログラムほどに育てたものは、薄紅色のサーモンピンクの身になり、刺身や寿司などの生食がメインとなる。飼料にもよるが、輸入物の鮭鱒に比べて脂ののりが薄く、さっぱりとして癖が無いのが特徴となる。通常の輸入鮭鱒と比べても高価な部類に入る上に、生産量が少ない為、一般的に消費者の口に入る機会は少ない。ニジマス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示

「ニジマス」のニューストピックワード