132件中 91 - 100件表示
  • ニジマス

    ニジマスから見たブドウスカシバ

    管理釣り場では初心者や子供も手軽に釣りを楽しめる。管理釣り場のニジマスは肥満した個体や30センチ以上の大型のものも多いので竿も引きに負けない強度がある万能竿などが適する。浮子(ウキ)を使い、糸も太めでよい。エサ(イクラやブドウ虫(ブドウスカシバやハチノスツヅリガ等の蛾の幼虫)など)をつけ、ニジマスの数メートル前に落とす。アタリは明確なことが多い。アタリが来たら竿をあげる。ただし、ハリを飲み込まれることが多いので注意すべきであり、できれば針を外すために針外し(Disgorger)か鉗子(フォーセップ)を用意したい。ニジマスは食いつきもよく、引きもなかなかで、味もよい。管理釣り場の場合、アユのヤナと同様に食堂が併設されている事が多いので家族そろってのレジャーに最適である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た管理釣り場

    管理釣り場では初心者や子供も手軽に釣りを楽しめる。管理釣り場のニジマスは肥満した個体や30センチ以上の大型のものも多いので竿も引きに負けない強度がある万能竿などが適する。浮子(ウキ)を使い、糸も太めでよい。エサ(イクラやブドウ虫(ブドウスカシバやハチノスツヅリガ等の蛾の幼虫)など)をつけ、ニジマスの数メートル前に落とす。アタリは明確なことが多い。アタリが来たら竿をあげる。ただし、ハリを飲み込まれることが多いので注意すべきであり、できれば針を外すために針外し(Disgorger)か鉗子(フォーセップ)を用意したい。ニジマスは食いつきもよく、引きもなかなかで、味もよい。管理釣り場の場合、アユのヤナと同様に食堂が併設されている事が多いので家族そろってのレジャーに最適である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たカロチノイド

    年間を通じ入手することが出来るが、春先から夏に店頭に出回ることが多い。100–140グラム程(20 - 23cm程度)のサイズは、白身で塩焼きやムニエル、甘露煮として食べる。カロチノイドの一種である赤系色素のアスタキサンチンと蛋白質が結合したカロテノプロテインを主として構成される外殻を持つエビやカニ等の甲殻類を配合した、魚粉が主体の飼料で2 - 3年程かけて2 - 3キログラムほどに育てたものは、薄紅色のサーモンピンクの身になり、刺身や寿司などの生食がメインとなる。飼料にもよるが、輸入物の鮭鱒に比べて脂ののりが薄く、さっぱりとして癖が無いのが特徴となる。通常の輸入鮭鱒と比べても高価な部類に入る上に、生産量が少ない為、一般的に消費者の口に入る機会は少ない。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た英名

    繁殖期のオスに現れる婚姻色として、非常に見事な虹色の光沢が発色し、それが英名及びその直訳である標準和名の由来となっている。仏語でも虹のマッスを意味するトリュイッ・タルカンシエル (truite arc-en-ciel)。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たサケ

    繁殖時期については、生息域の水温で大きく幅がある。秋の高水温は産卵を遅らせるが比較的温暖な地域では秋から冬にかけて繁殖行動が行われるが、低水温な地域(例えば、摩周湖では6月に産卵)では春から初夏にかけて繁殖行動が行われる。また、希に養殖環境下では年2回産卵を行う個体も存在する。生まれてから2から4年目の間に成熟する例が多く、他のサケ属の魚(シロザケなど)とは違い、成熟後は1回の繁殖行動では死なず、数年にわたって繁殖行動を行なう。自然繁殖が成立する条件として、仔魚の浮上時期の増水が小規模、短期間、低頻度などの条件が整う必要がある。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た米原駅

    ニジマスを食材として使用した駅弁としては、JR米原駅の「元祖鱒寿し」、JR新山口駅の「ますずし」などがある。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た富士養鱒場

    富士養鱒場 - 静岡県富士宮市猪之頭地区にある、静岡県が運営するニジマスを中心とする淡水性マス類の養殖研究施設。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た品種

    山梨県養殖漁業協同組合は登録要領を満たす養殖ニジマスを「甲斐サーモン」と名付けてブランド化している。品種として一定の遺伝的特質を持つよう作出されてた個体群では無く、「赤身の大型ニジマス」、「体長50〜80cm」、「重量 1kg以上」等の漁協の品質基準に依拠するブランド名である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律

    ニジマスが産卵床を形成する際にイワナ類の産卵床を掘り返す(ニジマスは日本の渓流魚の代表であるイワナ、オショロコマより産卵時期が遅い)事や餌の競合により在来種の生息に悪影響をあたえるため、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律において要注意外来生物に指定されている。しかし、現在も公的機関の主導のもと養殖事業として日本各地に導入されており、ときには一部の釣り団体が私的に放流するケースもある。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たアメリカ合衆国

    ニジマスの基種とその亜種の天然分布域は、カムチャツカ半島から北アメリカ大陸西岸(太平洋岸)のアラスカ、カナダ、アメリカ、およびメキシコ北西部の一部である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

132件中 91 - 100件表示

「ニジマス」のニューストピックワード