132件中 11 - 20件表示
  • ニジマス

    ニジマスから見た釣り師

    河川での釣りは渓流釣りとなる。ウキ釣り (float fishing) ではなく、浮子の代わりに毛糸などの目印をつけたミャク釣りで行う。糸も細くし、エサもトビケラ、カワゲラ、ミミズなど河川に生息する虫を使うと良い。釣法はヤマメ・イワナなどに準ずるが、釣り上げるのがやや容易である。そのため、渓流釣り師の間では入門魚として見られ、ヤマメ・イワナなどの前座のような扱いにされることが多い。ただし河川でもやや大型が多いことを考慮したい。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た

    カルフォルニア・ゴールデントラウトやリトル・カーン・ゴールデントラウトは、などの地質構造の変化や氷河などによって氷河期末期に河川の下流域から隔離され、高山地帯の河川の最上流域(源流域)に陸封された完全な淡水型のマスである。これらゴールデントラウトの自然分布域上流は、現在としてにより管理、および保護されている。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た津波

    香川県坂出市などでは、瀬戸内海の水温が低下する12月に25センチ程度のニジマスの稚魚を網生簀に入れ、約5カ月かけ育成した後、「讃岐さーもん」として毎年4月下旬から5月下旬に出荷している。これは2011年3月11日の東日本大震災の津波で、東北沿岸部のサーモン養殖漁場が大打撃を受け、稚魚を出荷できなくなった内陸部の稚魚生産業者を支援するため、香川県の漁業関係者が稚魚を購入したことがきっかけとなった。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た日本の侵略的外来種ワースト100

    また、世界の侵略的外来種ワースト100、日本の侵略的外来種ワースト100の双方に選定されている。天然および養殖のニジマスは南極大陸を除くすべての大陸の少なくとも45カ国に食用あるいは遊漁用として移植され、米国、南ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、南アメリカでも、天然分布域外の在来のマス類や亜種を侵略している。こうした外来種としての問題を重要視する釣り団体の中には放流を自粛する動きもみられる。さらに、外来種のニジマスではなく在来種のサケ・マス類の利用に転換し、地域の自然を見直すべきとの意見もある。しかし、現状では多くの地域でニジマスの水産資源としての価値を優先し、活発に放流され続けている。米国で五大湖のように移植されスポーツフィッシングが盛んになっている水域もある。このような問題は、ブラウントラウト、カワマス、レイクトラウト、シナノユキマスといった他の外来サケ・マス類でも同様に存在する。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たマグロ

    静岡県漁業協同組合連合会・静岡県 静岡の旬の魚14選(1月から12月までの各月の旬の魚計12種類とは別に、マグロとともに1年中を通して旬の魚として選ばれている)ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た昆虫

    野生化すると小魚や、水生昆虫、落下した昆虫などへの反応もよくなり、格段に激しいファイトをするのでフライフィッシングやルアーフィッシングで盛んに狙われるゲームフィッシュとなっている。なお、一般にゲームフィッシングで、基本的に魚を釣り上げても持ち帰らずに逃がすキャッチ&リリースが理念・思想のひとつとなっている。フライパターンなどを探るため、ストマックポンプという専用器具を利用し、魚を殺す事なく腹の内容物を採取し観察することもある。ただしゲームフィッシングにおいても、明らかに魚が生存不能であると判断した場合(デッドリリース)のみ、供養の意味もこめて食すことがある。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た東北地方

    香川県坂出市などでは、瀬戸内海の水温が低下する12月に25センチ程度のニジマスの稚魚を網生簀に入れ、約5カ月かけ育成した後、「讃岐さーもん」として毎年4月下旬から5月下旬に出荷している。これは2011年3月11日の東日本大震災の津波で、東北沿岸部のサーモン養殖漁場が大打撃を受け、稚魚を出荷できなくなった内陸部の稚魚生産業者を支援するため、香川県の漁業関係者が稚魚を購入したことがきっかけとなった。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たエビ

    年間を通じ入手することが出来るが、春先から夏に店頭に出回ることが多い。100–140グラム程(20 - 23cm程度)のサイズは、白身で塩焼きやムニエル、甘露煮として食べる。カロチノイドの一種である赤系色素のアスタキサンチンと蛋白質が結合したカロテノプロテインを主として構成される外殻を持つエビやカニ等の甲殻類を配合した、魚粉が主体の飼料で2 - 3年程かけて2 - 3キログラムほどに育てたものは、薄紅色のサーモンピンクの身になり、刺身や寿司などの生食がメインとなる。飼料にもよるが、輸入物の鮭鱒に比べて脂ののりが薄く、さっぱりとして癖が無いのが特徴となる。通常の輸入鮭鱒と比べても高価な部類に入る上に、生産量が少ない為、一般的に消費者の口に入る機会は少ない。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た寿司

    年間を通じ入手することが出来るが、春先から夏に店頭に出回ることが多い。100–140グラム程(20 - 23cm程度)のサイズは、白身で塩焼きやムニエル、甘露煮として食べる。カロチノイドの一種である赤系色素のアスタキサンチンと蛋白質が結合したカロテノプロテインを主として構成される外殻を持つエビやカニ等の甲殻類を配合した、魚粉が主体の飼料で2 - 3年程かけて2 - 3キログラムほどに育てたものは、薄紅色のサーモンピンクの身になり、刺身や寿司などの生食がメインとなる。飼料にもよるが、輸入物の鮭鱒に比べて脂ののりが薄く、さっぱりとして癖が無いのが特徴となる。通常の輸入鮭鱒と比べても高価な部類に入る上に、生産量が少ない為、一般的に消費者の口に入る機会は少ない。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たブランド

    山梨県養殖漁業協同組合は登録要領を満たす養殖ニジマスを「甲斐サーモン」と名付けてブランド化している。品種として一定の遺伝的特質を持つよう作出されてた個体群では無く、「赤身の大型ニジマス」、「体長50〜80cm」、「重量 1kg以上」等の漁協の品質基準に依拠するブランド名である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

132件中 11 - 20件表示

「ニジマス」のニューストピックワード