115件中 11 - 20件表示
  • ニジマス

    ニジマスから見たマグロ

    静岡県漁業協同組合連合会・静岡県 静岡の旬の魚14選(1月から12月までの各月の旬の魚計12種類とは別に、マグロとともに1年中を通して旬の魚として選ばれている)ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た昆虫

    野生化すると小魚や、水生昆虫、落下した昆虫などへの反応もよくなり、格段に激しいファイトをするのでフライフィッシングやルアーフィッシングで盛んに狙われるゲームフィッシュとなっている。なお、一般にゲームフィッシングで、基本的に魚を釣り上げても持ち帰らずに逃がすキャッチ&リリースが理念・思想のひとつとなっている。フライパターンなどを探るため、ストマックポンプという専用器具を利用し、魚を殺す事なく腹の内容物を採取し観察することもある。ただしゲームフィッシングにおいても、明らかに魚が生存不能であると判断した場合(デッドリリース)のみ、供養の意味もこめて食すことがある。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たアルビノ

    1956年、長野県で初めて発見された。体色が黄色近似に変化。優性遺伝の為、アルビノの親からはアルビノの子が育つ。ペットショップや観賞魚店(熱帯魚店)などでも販売されている。養殖場では成長度合いを簡単に調べるための標識魚として利用される。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た富士山

    2006年現在では静岡県が生産量として最も多く、続いて長野県、山梨県の順に生産量が多い。静岡県では富士宮市が、市町村単位では日本一のニジマス生産量を誇っている。富士山の麓に位置し、養殖に必要な湧水が非常に豊富なことが養殖を可能にしている。また、長野県では安曇野市(前述の明科町)などで、山梨県では富士吉田市などで生産量が多いが、これらも北アルプスや富士山からの湧水が豊富な地域である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た寿司

    年間を通じ入手することが出来るが、春先から夏に店頭に出回ることが多い。100–140グラム程(20 - 23cm程度)のサイズは、白身で塩焼きやムニエル、甘露煮として食べる。カロチノイドの一種である赤系色素のアスタキサンチンと蛋白質が結合したカロテノプロテインを主として構成される外殻を持つエビやカニ等の甲殻類を配合した、魚粉が主体の飼料で2 - 3年程かけて2 - 3キログラムほどに育てたものは、薄紅色のサーモンピンクの身になり、刺身や寿司などの生食がメインとなる。飼料にもよるが、輸入物の鮭鱒に比べて脂ののりが薄く、さっぱりとして癖が無いのが特徴となる。通常の輸入鮭鱒と比べても高価な部類に入る上に、生産量が少ない為、一般的に消費者の口に入る機会は少ない。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たJR

    ニジマスを食材として使用した駅弁としては、JR米原駅の「元祖鱒寿し」、JR新山口駅の「ますずし」などがある。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た静岡県

    1926年(大正15年)、長野県明科町(現在の安曇野市)で日本国内の養殖が開始された。1943年(昭和18年)には500トンの生産が記録されている。戦後は山形県、長野県、静岡県などで多く養殖され、1953年以降本格的にアメリカやカナダにも輸出され1971年に3,084トンまで増加した。しかし、1973年の為替変動により輸出主導から国内向けに転換し1982年に過去最高の18,200トン余りを記録したが、2004年8,800トン余りまで減少している。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た富士宮市

    2006年現在では静岡県が生産量として最も多く、続いて長野県、山梨県の順に生産量が多い。静岡県では富士宮市が、市町村単位では日本一のニジマス生産量を誇っている。富士山の麓に位置し、養殖に必要な湧水が非常に豊富なことが養殖を可能にしている。また、長野県では安曇野市(前述の明科町)などで、山梨県では富士吉田市などで生産量が多いが、これらも北アルプスや富士山からの湧水が豊富な地域である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たサナダムシ

    また、サナダムシがいる為に、生食が出来ないというのは国内の養殖ニジマスに関しては誤りである。過去20年間に渡り、養殖ニジマス6,306個体を検査した結果、サナダムシは発見されていない。サケ科魚類に寄生しているアニサキスやサナダムシ(日本海裂頭条虫)は鯨を終宿主とし、オキアミやイカ類を中間宿主としている。サケ科魚類にこれらの寄生虫が寄生するのは、寄生虫が宿るアミやイカ類が生息する北極圏付近の遠洋を回遊中のことであるから、国内で養殖する際には寄生されない。(図式はこうである:アミやイカ → 魚 → 鯨)ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たヤマメ

    北海道では1920年に支笏湖に放流されたのにはじまり、今では72の水系に定着している。在来魚種への影響として知床半島の幾つかの河川では、ニジマスの侵入によりニッチを奪われた在来種のオショロコマの生息が確認できなくなっているほか、良留石川では残留型サクラマス(ヤマメ)を駆逐し優占種となっている。ニジマス フレッシュアイペディアより)

115件中 11 - 20件表示

「ニジマス」のニューストピックワード