132件中 31 - 40件表示
  • ニジマス

    ニジマスから見た水生昆虫

    肉食性で、水生昆虫や貝類、甲殻類、水中を流下、水面に落下してくる小昆虫、他の魚の卵や小魚などを捕食する。自然界ではトガリネズミなども捕食する。尚、飼育された個体は配合飼料、トウモロコシ、カステラ、マグロの赤身、イカの切り身等も食べる。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た米原市

    滋賀県(米原市にある県立醒井養鱒場が中心)、北海道(中心となる生産地は、上川支庁管内の大雪山系の山麓にある上川町)などでニジマスの養殖がさかんである。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た滋賀県

    滋賀県(米原市にある県立醒井養鱒場が中心)、北海道(中心となる生産地は、上川支庁管内の大雪山系の山麓にある上川町)などでニジマスの養殖がさかんである。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た北海道

    日本での歴史は関沢明清により1877年(明治10年)にアメリカ合衆国カリフォルニア州から移入されたのが最初とされている。これ以後、各地の渓流や湧水地帯で養殖、放流が盛んに行なわれた。その個体の一部が、北海道知床半島、摩周湖、幌内川などのような一部の地域で自然状態で定着した外来種となっている。カリフォルニアからの複数回の移入により原産地の遺伝的多様性を受け継いでいる。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た青森県

    ワシントン大学名誉教授のドナルドソン(Lauren Donaldson)博士が、降海型のスチールヘッドと大型のニジマス選抜個体を交配し、30年以上をかけた品種改良の結果得られた系統。1m以上に育つ。「ドナルドソントラウト」、「ドナルドソンニジマス」とも呼ばれる。管理釣り場での人気が高い。スーパーで見かける「サーモントラウト」「トラウトサーモン」「トラウト」などは、「ドナルドソン」が、カナダ・チリ・ノルウェーなどで生産されたものを指すことが多い。青森県むつ市大畑町では2年間淡水飼育し成長がよい本種のメスを海水で8カ月飼育したものを出荷している(流通名:海峡サーモン)。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た上川支庁

    滋賀県(米原市にある県立醒井養鱒場が中心)、北海道(中心となる生産地は、上川支庁管内の大雪山系の山麓にある上川町)などでニジマスの養殖がさかんである。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た河川

    河川での釣りは渓流釣りとなる。ウキ釣り (float fishing) ではなく、浮子の代わりに毛糸などの目印をつけたミャク釣りで行う。糸も細くし、エサもトビケラ、カワゲラ、ミミズなど河川に生息する虫を使うと良い。釣法はヤマメ・イワナなどに準ずるが、釣り上げるのがやや容易である。そのため、渓流釣り師の間では入門魚として見られ、ヤマメ・イワナなどの前座のような扱いにされることが多い。ただし河川でもやや大型が多いことを考慮したい。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た優性遺伝

    1956年、長野県水産試験場で初めて発見され、交雑試験により遺伝的に優性であることがわかった。子孫である純系マスが各地で生産されている。またニジマス養殖でアルビノが出現することはほとんど無く珍しい。チロシナーゼ合成酵素が欠損しメラニン色素が作られないため、残りの色素などにより体色が黄色近似に変化。優性遺伝の為、一方の親がアルビノならば、アルビノの子が育つ。観賞用としてペットショップや観賞魚店(熱帯魚店)などでも販売されている。また、養殖場では成長度合いを簡単に調べるための標識魚として利用される。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たトビケラ

    河川での釣りは渓流釣りとなる。ウキ釣り (float fishing) ではなく、浮子の代わりに毛糸などの目印をつけたミャク釣りで行う。糸も細くし、エサもトビケラ、カワゲラ、ミミズなど河川に生息する虫を使うと良い。釣法はヤマメ・イワナなどに準ずるが、釣り上げるのがやや容易である。そのため、渓流釣り師の間では入門魚として見られ、ヤマメ・イワナなどの前座のような扱いにされることが多い。ただし河川でもやや大型が多いことを考慮したい。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た減数分裂

    系統選別育種は、一定の特徴を持った個体を選別し系代飼育することで系統固定する手法である。現在の異種交配は、不妊化により養殖魚が場外流出し在来魚種に与える影響を軽減する目的で、ホルモン処理による全メス化と後述の倍数体個体との交配を併用する方法がとられている。ニジマスにおける染色体操作とは、受精初期の未分化卵を通常の自然界ではあり得ない圧力や温度環境下(例:26℃20分間)に受精卵を置くことで、減数分裂を抑制し倍数体個体を作出する方法である。これらの技法により不妊化魚(生殖能力がない事から生殖の為のエネルギー消費がなく短期間で大きく成長する)三倍体個体の作出や採卵後の性転換技術がニジマスだけでなく、ヤマメ、イワナ等でも確立されている。三倍体雄魚は性成熟するが三倍体雌魚は性成熟しないとされるため、成長が早く年間を通じ食味の変化が少ない。また、作出された種や系統は登録商標として登録されている場合が多い。ニジマス フレッシュアイペディアより)

132件中 31 - 40件表示

「ニジマス」のニューストピックワード