132件中 41 - 50件表示
  • ニジマス

    ニジマスから見たテンカラ釣り

    毛鉤を使った日本の伝統的なテンカラ釣りも行われており、こちらもヤマメ・イワナなどへの入門魚のような感覚で釣られている。テンカラ釣りは、もともと、漁師が、手返しよく釣るために行われた釣りである。フライフィッシングほどゲームフィッシングというイメージが定着しておらず、日本古来からの伝統芸のような雰囲気を持つが、簡単な服装で行うことができることなどから徐々に注目されてきており、テンカラ釣りの専門誌も多数発行され、普及ぶりはフライフィッシングを凌ぐ勢いである。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た溶存酸素

    受精卵は10℃で30日程度で孵化し、孵化から60日程度を経過したら餌付けを開始する。孵化から4ヶ月を経過すると3g程度まで成長する。食用魚の養殖は食味や生産性を考慮したものが必要で養殖適水温は13 - 18℃が望ましく、溶存酸素量は生育に大きな影響を与えるため、曝気用に水車を設置する場合が多い。水温が高いほど成長は早くなるが感染症の危険も高くなる。日本で最も多く需要のある大きさの23cm程度まで育てるには、孵化後1 - 2年が必要。冷凍輸出用や採卵用、遊漁用として、30 - 60cm以上まで育てられる場合もある。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た毛鉤

    毛鉤を使った日本の伝統的なテンカラ釣りも行われており、こちらもヤマメ・イワナなどへの入門魚のような感覚で釣られている。テンカラ釣りは、もともと、漁師が、手返しよく釣るために行われた釣りである。フライフィッシングほどゲームフィッシングというイメージが定着しておらず、日本古来からの伝統芸のような雰囲気を持つが、簡単な服装で行うことができることなどから徐々に注目されてきており、テンカラ釣りの専門誌も多数発行され、普及ぶりはフライフィッシングを凌ぐ勢いである。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た

    管理釣り場では初心者や子供も手軽に釣りを楽しめる。管理釣り場のニジマスは肥満した個体や30センチ以上の大型のものも多いので竿も引きに負けない強度がある万能竿などが適する。浮子(ウキ)を使い、糸も太めでよい。エサ(イクラやブドウ虫(ブドウスカシバやハチノスツヅリガ等のの幼虫)など)をつけ、ニジマスの数メートル前に落とす。アタリは明確なことが多い。アタリが来たら竿をあげる。ただし、ハリを飲み込まれることが多いので注意すべきであり、できれば針を外すために針外し(Disgorger)か鉗子(フォーセップ)を用意したい。ニジマスは食いつきもよく、引きもなかなかで、味もよい。管理釣り場の場合、アユのヤナと同様に食堂が併設されている事が多いので家族そろってのレジャーに最適である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たカワマス

    また、世界の侵略的外来種ワースト100、日本の侵略的外来種ワースト100の双方に選定されている。天然および養殖のニジマスは南極大陸を除くすべての大陸の少なくとも45カ国に食用あるいは遊漁用として移植され、米国、南ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、南アメリカでも、天然分布域外の在来のマス類や亜種を侵略している。こうした外来種としての問題を重要視する釣り団体の中には放流を自粛する動きもみられる。さらに、外来種のニジマスではなく在来種のサケ・マス類の利用に転換し、地域の自然を見直すべきとの意見もある。しかし、現状では多くの地域でニジマスの水産資源としての価値を優先し、活発に放流され続けている。米国で五大湖のように移植されスポーツフィッシングが盛んになっている水域もある。このような問題は、ブラウントラウト、カワマス、レイクトラウト、シナノユキマスといった他の外来サケ・マス類でも同様に存在する。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た遺伝子汚染

    日本以外にも世界中へ移入されており、生態系に深刻な影響を与えている。アメリカでは、競争や遺伝子汚染によりサケ類を駆逐している。なお、日本国内の水域で自力繁殖を繰り返すという意味での定着はしにくいニジマスであるが、釣魚、食用魚としてのニジマスは国民の間に文化的定着が完了している。ザリガニにおけるアメリカザリガニと同様、20世紀末の時点で既に単に「マス」といえばニジマスを指し、「マス釣り場」=「ニジマス釣り場」を意味するようになっている。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たシエラネバダ山脈 (アメリカ合衆国)

    天然種は、シエラネバダ山脈の水系の最上流域のみに棲息する。以前はボルケーノクリーク・ゴールデントラウトとも呼ばれ、独立した別種と見なされていたが、近年になってニジマスの亜種と考えられる様になった。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た要注意外来生物

    ニジマスが産卵床を形成する際にイワナ類の産卵床を掘り返す(ニジマスは日本の渓流魚の代表であるイワナ、オショロコマより産卵時期が遅い)事や餌の競合により在来種の生息に悪影響をあたえるため、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律において要注意外来生物に指定されている。しかし、現在も公的機関の主導のもと養殖事業として日本各地に導入されており、ときには一部の釣り団体が私的に放流するケースもある。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たイクラ

    管理釣り場では初心者や子供も手軽に釣りを楽しめる。管理釣り場のニジマスは肥満した個体や30センチ以上の大型のものも多いので竿も引きに負けない強度がある万能竿などが適する。浮子(ウキ)を使い、糸も太めでよい。エサ(イクラやブドウ虫(ブドウスカシバやハチノスツヅリガ等の蛾の幼虫)など)をつけ、ニジマスの数メートル前に落とす。アタリは明確なことが多い。アタリが来たら竿をあげる。ただし、ハリを飲み込まれることが多いので注意すべきであり、できれば針を外すために針外し(Disgorger)か鉗子(フォーセップ)を用意したい。ニジマスは食いつきもよく、引きもなかなかで、味もよい。管理釣り場の場合、アユのヤナと同様に食堂が併設されている事が多いので家族そろってのレジャーに最適である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た飼料

    年間を通じ入手することが出来るが、春先から夏に店頭に出回ることが多い。100–140グラム程(20 - 23cm程度)のサイズは、白身で塩焼きやムニエル、甘露煮として食べる。カロチノイドの一種である赤系色素のアスタキサンチンと蛋白質が結合したカロテノプロテインを主として構成される外殻を持つエビやカニ等の甲殻類を配合した、魚粉が主体の飼料で2 - 3年程かけて2 - 3キログラムほどに育てたものは、薄紅色のサーモンピンクの身になり、刺身や寿司などの生食がメインとなる。飼料にもよるが、輸入物の鮭鱒に比べて脂ののりが薄く、さっぱりとして癖が無いのが特徴となる。通常の輸入鮭鱒と比べても高価な部類に入る上に、生産量が少ない為、一般的に消費者の口に入る機会は少ない。ニジマス フレッシュアイペディアより)

132件中 41 - 50件表示

「ニジマス」のニューストピックワード