132件中 51 - 60件表示
  • ニジマス

    ニジマスから見た雑種

    なお、上記の天然生息域以外のシエラネバダ山脈の河川や山上湖、および他州の高山地帯の一部河川や山上湖には、ゴールデントラウトに良く似た姿や色合いの個体が棲息している。これらは、過去の受精卵(発眼卵)や稚魚の移植によるゴールデントラウトの個体群の子孫であるが、移植時の個体群が既にニジマスとの雑種であった事が後に判明している。また、現時点でのこれら個体群のほぼ全てが、同様な方法で過去に移植、又は放流されたニジマスとの交雑化が更に進行した個体群と考えられている。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た鉗子

    管理釣り場では初心者や子供も手軽に釣りを楽しめる。管理釣り場のニジマスは肥満した個体や30センチ以上の大型のものも多いので竿も引きに負けない強度がある万能竿などが適する。浮子(ウキ)を使い、糸も太めでよい。エサ(イクラやブドウ虫(ブドウスカシバやハチノスツヅリガ等の蛾の幼虫)など)をつけ、ニジマスの数メートル前に落とす。アタリは明確なことが多い。アタリが来たら竿をあげる。ただし、ハリを飲み込まれることが多いので注意すべきであり、できれば針を外すために針外し(Disgorger)か鉗子(フォーセップ)を用意したい。ニジマスは食いつきもよく、引きもなかなかで、味もよい。管理釣り場の場合、アユのヤナと同様に食堂が併設されている事が多いので家族そろってのレジャーに最適である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た上川町

    滋賀県(米原市にある県立醒井養鱒場が中心)、北海道(中心となる生産地は、上川支庁管内の大雪山系の山麓にある上川町)などでニジマスの養殖がさかんである。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たロッキー山脈

    ニジマスの天然分布域の北には、近縁種のカットスロートトラウト (Cutthroat Trout, Oncorhynchus clarki) が概ねロッキー山脈までの内陸部の河川上流部、ならびに湖沼に生息する。ニジマス同様、河川・湖沼残留型(陸封型)と降海型があるが分類上別種である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た三倍体

    系統選別育種は、一定の特徴を持った個体を選別し系代飼育することで系統固定する手法である。現在の異種交配は、不妊化により養殖魚が場外流出し在来魚種に与える影響を軽減する目的で、ホルモン処理による全メス化と後述の倍数体個体との交配を併用する方法がとられている。ニジマスにおける染色体操作とは、受精初期の未分化卵を通常の自然界ではあり得ない圧力や温度環境下(例:26℃20分間)に受精卵を置くことで、減数分裂を抑制し倍数体個体を作出する方法である。これらの技法により不妊化魚(生殖能力がない事から生殖の為のエネルギー消費がなく短期間で大きく成長する)三倍体個体の作出や採卵後の性転換技術がニジマスだけでなく、ヤマメ、イワナ等でも確立されている。三倍体雄魚は性成熟するが三倍体雌魚は性成熟しないとされるため、成長が早く年間を通じ食味の変化が少ない。また、作出された種や系統は登録商標として登録されている場合が多い。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た放流

    ニジマスが産卵床を形成する際にイワナ類の産卵床を掘り返す(ニジマスは日本の渓流魚の代表であるイワナ、オショロコマより産卵時期が遅い)事や餌の競合により在来種の生息に悪影響をあたえるため、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律において要注意外来生物に指定されている。しかし、現在も公的機関の主導のもと養殖事業として日本各地に導入されており、ときには一部の釣り団体が私的に放流するケースもある。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た脳下垂体

    脳下垂体中葉の異常により体色がコバルトブルーに変化。この形質は劣性遺伝する。またコバルトマスは繁殖せず病気にかかりやすい。したがって美しい体色であるが大量生産は困難である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た標準和名

    繁殖期のオスに現れる婚姻色として、非常に見事な虹色の光沢が発色し、それが英名及びその直訳である標準和名の由来となっている。仏語でも虹のマッスを意味するトリュイッ・タルカンシエル (truite arc-en-ciel)。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た肥満

    管理釣り場では初心者や子供も手軽に釣りを楽しめる。管理釣り場のニジマスは肥満した個体や30センチ以上の大型のものも多いので竿も引きに負けない強度がある万能竿などが適する。浮子(ウキ)を使い、糸も太めでよい。エサ(イクラやブドウ虫(ブドウスカシバやハチノスツヅリガ等の蛾の幼虫)など)をつけ、ニジマスの数メートル前に落とす。アタリは明確なことが多い。アタリが来たら竿をあげる。ただし、ハリを飲み込まれることが多いので注意すべきであり、できれば針を外すために針外し(Disgorger)か鉗子(フォーセップ)を用意したい。ニジマスは食いつきもよく、引きもなかなかで、味もよい。管理釣り場の場合、アユのヤナと同様に食堂が併設されている事が多いので家族そろってのレジャーに最適である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たカワゲラ

    河川での釣りは渓流釣りとなる。ウキ釣り (float fishing) ではなく、浮子の代わりに毛糸などの目印をつけたミャク釣りで行う。糸も細くし、エサもトビケラ、カワゲラ、ミミズなど河川に生息する虫を使うと良い。釣法はヤマメ・イワナなどに準ずるが、釣り上げるのがやや容易である。そのため、渓流釣り師の間では入門魚として見られ、ヤマメ・イワナなどの前座のような扱いにされることが多い。ただし河川でもやや大型が多いことを考慮したい。ニジマス フレッシュアイペディアより)

132件中 51 - 60件表示

「ニジマス」のニューストピックワード