115件中 61 - 70件表示
  • ニジマス

    ニジマスから見たカワマス

    現在は特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律において要注意外来生物に指定されている。また、世界の侵略的外来種ワースト100、日本の侵略的外来種ワースト100の双方に選定されている。こうした外来種としての問題を重要視する釣り団体の中には放流を自粛する動きもみられる。さらに、外来種のニジマスではなく在来種のサケ・マス類の利用に転換し、地域の自然を見直すべきとの意見もある。しかし、現状では多くの地域でニジマスの水産資源としての価値を優先し、活発に放流され続けている。このような問題は、ブラウントラウト、カワマス、レイクトラウト、シナノユキマスといった他の外来サケ・マス類でも同様に存在する。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たブラックバス

    本州以南の多くの河川では放流しても定着しにくい魚という評価があり、同じ外来種のブラックバスと比べて導入について寛容的な自治体が多い。定着しない理由として、放流してもすぐに釣られること、さらに梅雨時の増水で繁殖ができなくなることが挙げられる。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た安曇野市

    1926年(大正15年)、長野県明科町(現在の安曇野市)で日本国内の養殖が開始された。1943年(昭和18年)には500トンの生産が記録されている。戦後は山形県、長野県、静岡県などで多く養殖され、1953年以降本格的にアメリカやカナダにも輸出され1971年に3,084トンまで増加した。しかし、1973年の為替変動により輸出主導から国内向けに転換し1982年に過去最高の18,200トン余りを記録したが、2004年8,800トン余りまで減少している。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たサクラマス

    北海道では1920年に支笏湖に放流されたのにはじまり、今では72の水系に定着している。在来魚種への影響として知床半島の幾つかの河川では、ニジマスの侵入によりニッチを奪われた在来種のオショロコマの生息が確認できなくなっているほか、良留石川では残留型サクラマス(ヤマメ)を駆逐し優占種となっている。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た遺伝子汚染

    日本以外にも世界中へ移入されており、生態系に深刻な影響を与えている。アメリカでは、競争や遺伝子汚染によりサケ類を駆逐している。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たカナダ

    ニジマスの基種とその亜種の天然分布域は、カムチャツカ半島から北アメリカ大陸西岸(太平洋岸)のアラスカ、カナダ、アメリカ、およびメキシコ北西部の一部である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たフライフィッシング

    野生化すると小魚や、水生昆虫、落下した昆虫などへの反応もよくなり、格段に激しいファイトをするのでフライフィッシングやルアーフィッシングで盛んに狙われるゲームフィッシュとなっている。なお、一般にゲームフィッシングで、基本的に魚を釣り上げても持ち帰らずに逃がすキャッチ&リリースが理念・思想のひとつとなっている。フライパターンなどを探るため、ストマックポンプという専用器具を利用し、魚を殺す事なく腹の内容物を採取し観察することもある。ただしゲームフィッシングにおいても、明らかに魚が生存不能であると判断した場合(デッドリリース)のみ、供養の意味もこめて食すことがある。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た要注意外来生物

    現在は特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律において要注意外来生物に指定されている。また、世界の侵略的外来種ワースト100、日本の侵略的外来種ワースト100の双方に選定されている。こうした外来種としての問題を重要視する釣り団体の中には放流を自粛する動きもみられる。さらに、外来種のニジマスではなく在来種のサケ・マス類の利用に転換し、地域の自然を見直すべきとの意見もある。しかし、現状では多くの地域でニジマスの水産資源としての価値を優先し、活発に放流され続けている。このような問題は、ブラウントラウト、カワマス、レイクトラウト、シナノユキマスといった他の外来サケ・マス類でも同様に存在する。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た氷河期

    カルフォルニア・ゴールデントラウトやリトル・カーン・ゴールデントラウトは、滝などの地質構造の変化や氷河などによって氷河期末期に河川の下流域から隔離され、高山地帯の河川の最上流域(源流域)に陸封された完全な淡水型のマスである。これらゴールデントラウトの自然分布域上流は、現在ゴールデントラウト自然保護区(Golden Trout Wilderness)として合衆国森林局(United States Forest Service)により管理、および保護されている。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た宿主

    また、サナダムシがいる為に、生食が出来ないというのは国内の養殖ニジマスに関しては誤りである。過去20年間に渡り、養殖ニジマス6,306個体を検査した結果、サナダムシは発見されていない。サケ科魚類に寄生しているアニサキスやサナダムシ(日本海裂頭条虫)は鯨を終宿主とし、オキアミやイカ類を中間宿主としている。サケ科魚類にこれらの寄生虫が寄生するのは、寄生虫が宿るアミやイカ類が生息する北極圏付近の遠洋を回遊中のことであるから、国内で養殖する際には寄生されない。(図式はこうである:アミやイカ → 魚 → 鯨)ニジマス フレッシュアイペディアより)

115件中 61 - 70件表示

「ニジマス」のニューストピックワード