115件中 71 - 80件表示
  • ニジマス

    ニジマスから見た大雪山

    滋賀県(米原市にある県立醒井養鱒場が中心)、北海道(中心となる生産地は、上川支庁管内の大雪山系の山麓にある上川町)などでニジマスの養殖がさかんである。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た太平洋

    ニジマスの基種とその亜種の天然分布域は、カムチャツカ半島から北アメリカ大陸西岸(太平洋岸)のアラスカ、カナダ、アメリカ、およびメキシコ北西部の一部である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たトラウト

    店頭にてサーモントラウト、トラウトサーモン、トラウト等と表示される切身は、ノルウェー、チリ産の海面養殖されたニジマスである。これらの名前は商品名であり、魚種を示す名前ではない。国産の養殖の大型ニジマスはこれらに比べて、生産量や人件費の関係で比較的高価であり、輸入物のサーモントラウトと比較すると2–3倍の価格であることが多いようである。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た世界の侵略的外来種ワースト100

    現在は特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律において要注意外来生物に指定されている。また、世界の侵略的外来種ワースト100、日本の侵略的外来種ワースト100の双方に選定されている。こうした外来種としての問題を重要視する釣り団体の中には放流を自粛する動きもみられる。さらに、外来種のニジマスではなく在来種のサケ・マス類の利用に転換し、地域の自然を見直すべきとの意見もある。しかし、現状では多くの地域でニジマスの水産資源としての価値を優先し、活発に放流され続けている。このような問題は、ブラウントラウト、カワマス、レイクトラウト、シナノユキマスといった他の外来サケ・マス類でも同様に存在する。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たアメマス

    ニジマス♀とアメマス偽♂を交配した全雌三倍体 流通名:ロックトラウト・ロックサーモン・魚沼美雪マス【商標登録】ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た競争 (生物)

    日本以外にも世界中へ移入されており、生態系に深刻な影響を与えている。アメリカでは、競争や遺伝子汚染によりサケ類を駆逐している。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見たメキシコ

    ニジマスの基種とその亜種の天然分布域は、カムチャツカ半島から北アメリカ大陸西岸(太平洋岸)のアラスカ、カナダ、アメリカ、およびメキシコ北西部の一部である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た飛騨山脈

    2006年現在では静岡県が生産量として最も多く、続いて長野県、山梨県の順に生産量が多い。静岡県では富士宮市が、市町村単位では日本一のニジマス生産量を誇っている。富士山の麓に位置し、養殖に必要な湧水が非常に豊富なことが養殖を可能にしている。また、長野県では安曇野市(前述の明科町)などで、山梨県では富士吉田市などで生産量が多いが、これらも北アルプスや富士山からの湧水が豊富な地域である。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た摩周湖

    日本での歴史は関沢明清により1877年(明治10年)にアメリカ合衆国カリフォルニア州から移入されたのが最初とされている。これ以後、各地の渓流や湧水地帯で養殖、放流が盛んに行なわれた。その個体の一部が、北海道の知床半島や摩周湖などのような一部の地域で自然状態で定着した外来種となっている。カリフォルニアからの複数回の移入により原産地の遺伝的多様性を受け継いでいる。ニジマス フレッシュアイペディアより)

  • ニジマス

    ニジマスから見た明科町

    1926年(大正15年)、長野県明科町(現在の安曇野市)で日本国内の養殖が開始された。1943年(昭和18年)には500トンの生産が記録されている。戦後は山形県、長野県、静岡県などで多く養殖され、1953年以降本格的にアメリカやカナダにも輸出され1971年に3,084トンまで増加した。しかし、1973年の為替変動により輸出主導から国内向けに転換し1982年に過去最高の18,200トン余りを記録したが、2004年8,800トン余りまで減少している。ニジマス フレッシュアイペディアより)

115件中 71 - 80件表示

「ニジマス」のニューストピックワード