25件中 11 - 20件表示
  • 竹田車庫

    竹田車庫から見た日本輸送機日本輸送機

    他に、構内専用(機械扱いで無車籍)として日本輸送機製の車両移動機が配置されている。竹田車庫 フレッシュアイペディアより)

  • アント工業

    アント工業から見た日本輸送機日本輸送機

    アントに類する車両移動機としては、他にも中善工業製「タッグローダー」や、日本輸送機・トモエ電機工業(現・新トモエ電機工業)等の製作による各種移動機、UNILOK(アイルランド)製軌陸式移動機等が古くから存在している。鉄道ファンの一部には、このようなアント工業とは関係のない製品をも含む車両移動機の総称として「アント」の語を用い、他社の製品を「アント」と表記する例が存在するが、このような用語法は誤用である。アント工業 フレッシュアイペディアより)

  • 北丹鉄道

    北丹鉄道から見た日本輸送機日本輸送機

    1956年(昭和31年)日本輸送機製造。B凸形。国鉄の入換機の設計を一部変更したものと言われている。このため本線で使用するには無理があり、オーバーヒートなどのトラブルが多発した。このためエンジンの磨耗が激しくなり、DLC1のものに置き換えられた。北丹鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡京市立長岡第九小学校

    長岡京市立長岡第九小学校から見た日本輸送機日本輸送機

    日本輸送機本社・京都工場長岡京市立長岡第九小学校 フレッシュアイペディアより)

  • ターレットトラック

    ターレットトラックから見た日本輸送機日本輸送機

    日本輸送機「エレトラック」ターレットトラック フレッシュアイペディアより)

  • 入換 (鉄道)

    入換 (鉄道)から見た日本輸送機日本輸送機

    貨車移動機程度の小型の入換機関車でも使用が困難な小規模な貨物側線や検修建屋内での車両の移動は、人力や据置ウィンチ牽引で行われ、多くの労力と危険を伴っていたが、1950年代頃からこのような用途に適した自重1t - 7t程度の小型の車両牽引車も開発され、普及している。大きさや構造・外観が一般の機関車と異なるものが多く、文献で紹介される際も「入換機械」「牽引車」「車両移動機」等の表現が用いられ、機関車とは区別して扱われる場合が多い。おもなメーカーは、日本では日本輸送機・アント工業・新トモエ電機工業等があり、日本国外でもUNILOK(アイルランド)等が知られている入換 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • ホイールローダー

    ホイールローダーから見た日本輸送機日本輸送機

    日本輸送機 - ニチユブランドで知られるホイールローダー フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海鉄道

    名古屋臨海鉄道から見た日本輸送機日本輸送機

    1960年に日本輸送機が製造した20トン機である。150psのエンジンを1基搭載。1983年(昭和58年)5月廃車。名古屋臨海鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • モノレール

    モノレールから見た日本輸送機日本輸送機

    この方式はかつて、松尾國三の肝いりで奈良ドリームランドモノレール(1961年開業 - 廃止)として採用後、横浜ドリームランドへのアクセスとしてドリーム交通モノレール大船線(1966年開業 - 1967年休止)で採用されていたが、急勾配のコースが多く、それによって連結器や台車などの駆動系部品などの改造に伴い車両の重量オーバーによる設計上の不備による欠陥で当局から運行休止勧告を下され休止となり、1967年11月6日設計した東芝との訴訟に至り、運行再開されずに2003年に廃止されている。このことから奈良ドリームランドでは、車両更新の際は日本輸送機にて新車両が製作された。モノレール フレッシュアイペディアより)

  • 長岡京駅

    長岡京駅から見た日本輸送機日本輸送機

    三菱電機・松下電器・村田製作所・日本輸送機などの企業オフィスへ向かう人によって階段、周辺歩道は通勤時間帯に非常に込み合う。長岡京駅 フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示

「ニチユ三菱フォークリフト」のニューストピックワード