96件中 11 - 20件表示
  • ワールドレディスチャンピオンシップ

    ワールドレディスチャンピオンシップから見たニチレイニチレイ

    2000年:ニチレイが冠協賛でニチレイカップに変更。ワールドレディスチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 武相荘

    武相荘から見たニチレイニチレイ

    武相荘の歴史は1942年10月、白洲夫妻が当時の東京府南多摩郡鶴川村(現在の東京都町田市能ヶ谷)に農家を購入した事に始まる。その数年前から白洲夫妻は、戦況の悪化による空襲や食糧難を予測して農地の付いた郊外の家を探しており、当時の使用人の親戚が鶴川村で駐在をしていた縁で購入した。当時の次郎は日本水産・帝国水産統制株式会社(後のニチレイ)役員であったが、職を全て投げ打ち、退職金を注ぎ込んで購入した。内部は荒れていたため当初は東京市新宿区水道町(現在の東京都新宿区)にあった自宅から通い、ゆっくり修理すればよいと考えていたが、戦況の悪化に伴い1943年5月に正式に転居。自給自足の農民生活を始める。次郎41歳、正子33歳だった。以後の次郎は終戦まで専ら農作業に勤しんだ。武相荘 フレッシュアイペディアより)

  • アールワイフードサービス

    アールワイフードサービスから見たニチレイニチレイ

    主要株主は菱食(54.9%)、ニチレイ(37.2%→14.7%)のほか大手食品メーカーなど。年間売上高は約3,000億円と冷凍食品卸のトップ企業。アールワイフードサービス フレッシュアイペディアより)

  • 和洋女子大学短期大学部

    和洋女子大学短期大学部から見たニチレイニチレイ

    日本文学科:旭化成ホームズ・三菱レイヨン・ニチレイ・不二サッシ・日立化成工業・三菱倉庫・ロンシャン・マックスファクター・東京電力・NBSリコー・明光商会・東急百貨店・千葉銀行・千葉興業銀行・岡三証券・新光証券・明治安田生命保険・千葉信用金庫・三越ほか一般企業への就職者が多いものとなっていた。和洋女子大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 板倉香

    板倉香から見たニチレイニチレイ

    ニチレイ「アセロラドリンク」板倉香 フレッシュアイペディアより)

  • 鮎川弥一

    鮎川弥一から見たニチレイニチレイ

    山口県出身。旧制成蹊高等学校、東京帝国大学農芸学科を卒業。日本冷蔵(現・ニチレイ)に入社後、食品化学研究のため渡米。マサチューセッツ工科大学(MIT)において大学院博士課程修了。日本人として戦後初の博士の称号を受ける。鮎川弥一 フレッシュアイペディアより)

  • 高島拓也

    高島拓也から見たニチレイニチレイ

    ニチレイ(2008・冷凍揚げたこ焼き)高島拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 小俣絵里佳

    小俣絵里佳から見たニチレイニチレイ

    ニチレイ お弁当にgood エビフライ篇、さいころステーキ篇(2005年)小俣絵里佳 フレッシュアイペディアより)

  • ニチレイアセロラドリンク

    ニチレイアセロラドリンクから見たニチレイニチレイ

    ニチレイはかつてブラジルにおいて捕鯨事業を行っていたが、1982年に国際捕鯨委員会により商業捕鯨モラトリアムが決議され、捕鯨事業の継続が事実上困難となった。この後継事業として、1984年に南米原産のアセロラを使った商品を発売、1986年にはアセロラドリンクの発売を開始した。派生商品として日本ミルクコミュニティ(現・雪印メグミルク)と共同開発したアセロラヨーグルトや江崎グリコと共同開発したアセロラのど飴などが発売されていたが現在は発売されておらず、飲料が中心のラインナップとなっている。ニチレイアセロラドリンク フレッシュアイペディアより)

  • 昭和炭酸

    昭和炭酸から見たニチレイニチレイ

    1944年(昭和19年)3月 ‐ 帝国水産統制(現・ニチレイ)と昭和電工の折半出資により設立。昭和炭酸 フレッシュアイペディアより)

96件中 11 - 20件表示

「ニチレイ」のニューストピックワード