前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示
  • 2005年トルコグランプリ

    2005年トルコグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    フェリペ・マッサはニック・ハイドフェルドとの接触でフロントウィングと導風板を失った。修理の後レースに復帰したが、29ラップ目にエンジントラブルでリタイアした。2005年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年オーストラリアグランプリ

    2000年オーストラリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ポールポジションからスタートしたマクラーレンのミカ・ハッキネンと、2番手スタートのチームメイトデビッド・クルサードは共にエアバルブのトラブルでリタイアとなった。3名のドライバー、ウィリアムズのジェンソン・バトン、プロスト・グランプリのニック・ハイドフェルド、ミナルディのガストン・マッツァカーネがF1デビューを果たした。バトンとマッツァカーネはリタイアとなったが、ハイドフェルドは2周遅れの9位で完走となった。2000年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年シンガポールグランプリ

    2009年シンガポールグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドはペナルティーによりピットレーンスタート2009年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • グランプリ天国

    グランプリ天国から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    会長はバリチェロ→フィジケラ(バリチェロのホンダ移籍に際して。後にバリチェロが会長に復帰)→ニック・ハイドフェルド(ホンダ撤退に際して。該当作品発表当時はブラウンGPはまだ設立されていなかった)→マーク・ウェバー(本人は最初拒否したが良いように言いくるめられて就任してしまった)。グランプリ天国 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年ブラジルグランプリ

    2001年ブラジルグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    クルサードは勝利を勝ち取り、シューマッハは2位に入賞するため別の物に苦しんだ。そして、ニック・ハイドフェルドが自身初の、ザウバーにとっては1998年ベルギーグランプリでジャン・アレジが獲得して以来の表彰台をもたらした。2001年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • レベリオン・R-One

    レベリオン・R-Oneから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーは、12号車にニコラ・プロスト/ニック・ハイドフェルド/マティアス・ベシェを、13号車にドミニク・クライハマー/アンドレア・ベリッチ/ファビオ・ライマーをラインナップ。2台のR-OneはプライベーターのLMP1-Lクラスで唯一の参加車両であり、したがってドライバーとチームにクラス優勝の栄誉をもたらすことになった。レベリオン・R-One フレッシュアイペディアより)

  • 2009年中国グランプリ

    2009年中国グランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    運動エネルギー回収システム(KERS)は、当初はマクラーレンの2台、BMWザウバーの2台、ルノーの2台の計6台が搭載して出走するといわれていたが、結局ルノーは最初から、BMWザウバーのロバート・クビサはフリー走行で試した結果、搭載を見送ったため、中国GPでKERSを使用するドライバーはマクラーレン勢の2台とBMWザウバーのニック・ハイドフェルドの計3台のみとなった。開幕戦と第2戦でKERSを搭載したフェラーリ勢は、このレースでは搭載しなかった。2009年中国グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • BMWザウバー

    BMWザウバーから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2005年、ドライバーのラインナップが一新され、マーク・ウェバーとニック・ハイドフェルドという共に若さと一定の経験を兼ね備えたコンビとなる。ドライバーたちは健闘したといえるが、チームは低迷し、トップからは大きく離されたランキング5位でシーズンを終える。BMWザウバー フレッシュアイペディアより)

  • 2009年スペイングランプリ

    2009年スペイングランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    開幕戦以来ニック・ハイドフェルドとバーレーンGPでロバート・クビサのマシンにKERSを搭載していたBMWだが、スペイン・モナコGPでは搭載しないことを明らかにした。このGPで投入される空力のアップデートパーツを搭載するには、KERSが邪魔になるためである。2009年スペイングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ザウバー

    ザウバーから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    この年は、プロストから移籍のニック・ハイドフェルドと、無名の新人キミ・ライコネンが起用された。ライコネンは、下位カテゴリでの経験がほとんどなかったことからスーパーライセンスが発給されず、4戦限定の仮ライセンスという形での参戦となった。当初、チームのタイトルスポンサーであるレッドブルが、配下の育成ドライバーであるエンリケ・ベルノルディを推薦したが、チーム代表のペーター・ザウバーはこれを拒否、前述のラインナップに決定した。なおこの一件によりレッドブルは2001年シーズンを以て保有するチームの株式を売却しタイトルスポンサーからも下り、同時にアロウズとスポンサー契約を締結しベルノルディを起用させている。ザウバー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
107件中 1 - 10件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード