107件中 11 - 20件表示
  • セルジオ・ペレス

    セルジオ・ペレスから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    カナダGP終了時点まで37戦連続完走を果たしニック・ハイドフェルドの持つ連続完走記録まであと4とせまっていたが、オコンとの同士討ちが原因でアゼルバイジャンGPでリタイアを喫し、連続完走記録が途切れた。さらにベルギーGPでも再び同士討ちでリタイア(17位完走扱い)となり、チームが「今後はチームオーダーでコントロールする」と発言する事態となった1。最終的に表彰台はなかったが、この年もトップ3チームのドライバー6名に次ぐランキング7位で、この6人を除いたドライバーではただ1人、100ポイントを獲得。前年よりも1ポイント減っているがレース自体も1戦減っているため成績自体はわずかながらに向上したといえるシーズンとなった。セルジオ・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • ザウバー・C21

    ザウバー・C21から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    チームメイトは前年からの継続起用であるニック・ハイドフェルド、再びルーキーとタッグを組むこととなったハイドフェルドは、獲得ポイントでマッサを上回ったが、最高位は4位にとどまり、表彰台獲得はならなかった。また、前年自分の方が好成績を残したにも関わらずライコネンがマクラーレンに移籍したことにハイドフェルドはかなりの不満を抱いていたと言われる。(ハイドフェルドはメルセデスとの契約下にあるドライバーだった。)ザウバー・C21 フレッシュアイペディアより)

  • BMWザウバー・F1.08

    BMWザウバー・F1.08から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2007年シーズンはフェラーリ、マクラーレンに次ぐポジションを維持していたが、2008年シーズンも開幕から速さは衰えることがなかった。第2戦マレーシアGPでニック・ハイドフェルドがチームにとって初ファステストラップを、第3戦バーレーンGPではロバート・クビサが初ポールポジションを獲得。第7戦カナダGPではクビサ・ハイドフェルドの順でチームにとっての初優勝を1-2フィニッシュで飾った。この時点でクビサはポイントリーダーとなった。BMWザウバー・F1.08 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW27

    ウィリアムズ・FW27から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーは2名とも交代し、新たにマーク・ウェバーとニック・ハイドフェルドが加入した。ウィリアムズ・FW27 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・EJ14

    ジョーダン・EJ14から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーはザウバーから加入したニック・ハイドフェルドと新人のジョルジオ・パンターノ。パンターノがチームを離脱すると、テストドライバーのティモ・グロックが代役を務めた。ジョーダン・EJ14 フレッシュアイペディアより)

  • ザウバー・C22

    ザウバー・C22から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーはニック・ハイドフェルドと前年フェリペ・マッサの代役として1戦のみスポット参戦したハインツ=ハラルド・フレンツェンのドイツコンビとなった(ハイドフェルドとフレンツェンは同じメンヒェングラートバッハ生まれである)。フレンツェンは1996年以来実に7年ぶりにレギュラードライバーとしてステアリングを握ることとなった。ザウバー・C22 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW28

    ウィリアムズ・FW28から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーはマーク・ウェバーが残留。ニック・ハイドフェルドはBMWザウバーへ移籍し、GP2チャンピオンのニコ・ロズベルグが加入した。ウィリアムズ・FW28 フレッシュアイペディアより)

  • プロスト・AP03

    プロスト・AP03から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    プロスト・AP03は、プロスト・グランプリが2000年のF1世界選手権参戦用に開発し投入したフォーミュラカー。ジャン・アレジとニック・ハイドフェルドがドライブした。プロスト・AP03 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年トルコグランプリ

    2009年トルコグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ウィリアムズの中嶋一貴を先頭に各マシンアタックに入るが、ソフトタイヤを履くマシンとハードタイヤを履くマシンに分かれる。ベッテルがQ1に続きトップタイムをマークする。最後にルノーのフェルナンド・アロンソが10番手に飛び込みQ2が終了。トヨタはヤルノ・トゥルーリが4番手に入るが、ティモ・グロックは13番手と明暗が分かれる。トップのベッテルから10番手のアロンソまでの差が0.457秒という大混戦となった。BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、中嶋、グロック、コバライネン、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルがQ2で敗退。2009年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年フランスグランプリ

    2005年フランスグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ミナルディのパトリック・フリーザッハーが13ラップ目に最初のピットストップを行い、佐藤琢磨、フェリペ・マッサ、ラルフ・シューマッハ、ティアゴ・モンテイロがこれに続いて15ラップ目にピットインした。ナレイン・カーティケヤンとクリスチャン・アルバースが16ラップ目にピットインし、17ラップ目には先頭集団の中から4位のルーベンス・バリチェロがピットインした。次の周にはトゥルーリとミハエル・シューマッハがピットインし、シューマッハがトゥルーリの前に出る最初のチャンスとなった。シューマッハは燃料を僅かしか補給せず、トゥルーリは予想以上に時間がかかり、シューマッハが先にコース復帰した。13位で苦闘するニック・ハイドフェルドも最初のピットストップを行った。アロンソが最後、30秒近いリードを築いて20ラップ目にピットインし、首位でコース復帰した。この一連のピットストップで、マクラーレンの2台はファン・パブロ・モントーヤが2位、ライコネンが3位で走行することとなった。21ラップ目にデビッド・クルサードがピットインし、コース復帰する際にハイドフェルドと接触寸前となる。ハイドフェルドは自身の順位を維持した。その間、佐藤はアデレードヘアピンでバリチェロをパス、6位に浮上した。2005年フランスグランプリ フレッシュアイペディアより)

107件中 11 - 20件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード