88件中 11 - 20件表示
  • 2009年トルコグランプリ

    2009年トルコグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ウィリアムズの中嶋一貴を先頭に各マシンアタックに入るが、ソフトタイヤを履くマシンとハードタイヤを履くマシンに分かれる。ベッテルがQ1に続きトップタイムをマークする。最後にルノーのフェルナンド・アロンソが10番手に飛び込みQ2が終了。トヨタはヤルノ・トゥルーリが4番手に入るが、ティモ・グロックは13番手と明暗が分かれる。トップのベッテルから10番手のアロンソまでの差が0.457秒という大混戦となった。BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、中嶋、グロック、コバライネン、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルがQ2で敗退。2009年トルコグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バーレーングランプリ

    2009年バーレーングランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2番手スタートのグロックがチームメイトのトゥルーリをかわしてトップに立つ。5番手スタートのハミルトンは3番手まで順位を上げ、更にKERSにより一時2番手まで上がるが、4コーナーで膨らんでしまいトゥルーリにインからかわされる。2周目の1コーナーでバトンがハミルトンをオーバーテイク。燃料の軽いトヨタの2台はワンツー体勢のまま3番手以下との差を広げていく。後方では接触の影響によりBMWのロバート・クビサと中嶋がピットイン。更に次の周回でBMWのニック・ハイドフェルドとフェラーリのフェリペ・マッサがピットイン。予選で19番手に沈んだウェバーは11番手まで順位を上げてくる。トヨタの2台はファステストラップを更新しながら3番手バトンとの差を広げていく。そして11周目にトップのグロックがピットイン。次の周回でチームメイトのトゥルーリがピットイン。トヨタは2台ともハード側のタイヤに履き替え、燃料を多く積み、変則2ストップ作戦をとる。2009年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • コリン・コレス

    コリン・コレスから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2008年からコレスはユーロF3を戦うチームを立ち上げた。チーム名はコレス・アンド・ハインツ・ユニオンと呼ばれ、ニック・ハイドフェルドマネジャーを務めていたベルナー・ハインツとの共同経営である。コリン・コレス フレッシュアイペディアより)

  • ザウバー・C21

    ザウバー・C21から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    チームメイトは前年からの継続起用であるニック・ハイドフェルド、再びルーキーとタッグを組むこととなったハイドフェルドは、獲得ポイントでマッサを上回ったが、最高位は4位にとどまり、表彰台獲得はならなかった。また、前年自分の方が好成績を残したにも関わらずライコネンがマクラーレンに移籍したことにハイドフェルドはかなりの不満を抱いていたと言われる。(ハイドフェルドはメルセデスとの契約下にあるドライバーだった。)ザウバー・C21 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・TF109

    トヨタ・TF109から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2011年からブリヂストンに代わってF1の公式タイヤサプライヤーとなるピレリは、2010年8月17日-8月18日にムジェロ・サーキットで行われたテストを皮切りに、タイヤテストのためにTF109を使用している。ドライバーはニック・ハイドフェルド。これは、現在参戦中・来季からの参戦予定のどのチームにもできるだけ早期情報入手のアドバンテージを与えないために、撤退し且つ競争力・信頼性がある程度あったTF109に白羽の矢が立った。トヨタ・TF109 フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・R31

    ルノー・R31から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    開幕前のバレンシア合同テストではロバート・クビサがトップタイムを記録して注目を集めた。しかし、クビサはラリー参戦中に重傷を負って全戦欠場することになり、代役としてニック・ハイドフェルドが起用された。ルノー・R31 フレッシュアイペディアより)

  • BMWザウバー・F1.08

    BMWザウバー・F1.08から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2007年シーズンはフェラーリ、マクラーレンに次ぐポジションを維持していたが、2008年シーズンも開幕から速さは衰えることがなかった。第2戦マレーシアGPでニック・ハイドフェルドがチームにとって初ファステストラップを、第3戦バーレーンGPではロバート・クビサが初ポールポジションを獲得。第7戦カナダGPではクビサ・ハイドフェルドの順でチームにとっての初優勝を1-2フィニッシュで飾った。この時点でクビサはポイントリーダーとなった。BMWザウバー・F1.08 フレッシュアイペディアより)

  • プロスト・グランプリ

    プロスト・グランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーはジャン・アレジがザウバーから移籍、さらに1999年国際F3000チャンピオンのニック・ハイドフェルドのラインナップで迎えたが、アラン・ジェンキンスとフランス人エンジニアが不仲で開発どころの騒ぎではなく、ジェンキンスは中盤で離脱。2人のドライバーもノーポイントに終わり、同じくノーポイントに終わったミナルディより完走率などの成績を下回り、全11チーム中最下位の成績に終わった。ついにプジョーとも決裂。プジョーはアジアテックにエンジン開発部門を売却しF1を撤退。アジアテックエンジンはアロウズに移籍。ゴロワーズなどのスポンサーも次々に撤退。ニック・ハイドフェルドはザウバーに移籍するが、アレジは残留する。プロスト・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW28

    ウィリアムズ・FW28から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーはマーク・ウェバーが残留。ニック・ハイドフェルドはBMWザウバーへ移籍し、GP2チャンピオンのニコ・ロズベルグが加入した。ウィリアムズ・FW28 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ブラジルグランプリ

    2010年ブラジルグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    Q2では雨量は少なくなり、各車インターミディエイトタイヤを履いてコースに出て行く。開始4分ほど経過した時点でウェバーが1'19.694でトップに。その後ろから全くの同タイムでシューマッハが通過。しかし開始10分ほどが経過するとベッテルがトップに立ち、またもレッドブルが1-2体制を築く。残り2分でウェバーがトップに立ちレッドブルが1-2のままセッションは終了。マクラーレンのバトンは最後10番手に入ったが、そのあとから来たマッサが10番手に入り、バトンはノックアウト。又、日本人の小林も12番手となりノックアウト。結果、バトン、小林、ロズベルグ、アルグエルスアリ、ブエミ、ハイドフェルド、リウッツィがQ2敗退となった。2010年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード