88件中 21 - 30件表示
  • 2009年マレーシアグランプリ

    2009年マレーシアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    BMWのニック・ハイドフェルド、中嶋、マクラーレンの2台、セバスチャン・ブルデーがQ2で脱落した。2009年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    この雨の中、タイトル争いにわずかな希望を残すレッドブルのセバスチャン・ベッテル、マクラーレンの2台、BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、フィジケラがQ1敗退となった。今期全戦でQ3に進出し、逆転チャンピオンの望みをつなぐためには2位以内に入ることが絶対条件のベッテルにとって苦しい予選結果となった。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・ロドリゲス (レーサー)

    ゴンサロ・ロドリゲス (レーサー)から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    1997年からは国際F3000に参戦。レッドマン&ブライトから参戦した初年度は、事故によりハーフレースとなった第4戦ニュルブルクリンクでの6位入賞1回・ランキング22位に留まった。しかし翌1998年よりアストロメガに移籍、第10戦スパ・フランコルシャン・最終戦ニュルブルクリンクで勝利を挙げるなど活躍し、ファン・パブロ・モントーヤ、ニック・ハイドフェルドに次いでランキングで3位となり、チームメイトのガストン・マッツァカーネ(入賞が6位2回でランキング19位)を圧倒した。ゴンサロ・ロドリゲス (レーサー) フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・デビッドソン

    アンソニー・デビッドソンから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    11月には翌年のレギュラードライバーを探していたウィリアムズ(マクラーレンとルノーからもあった)がデビッドソン獲得に向けた交渉を望んだが、これはデビッドソンとの長期契約を結んでいたB.A.Rによって拒絶されたため実現しなかった。(結果としてウィリアムズはBMWの推したニック・ハイドフェルドを起用)アンソニー・デビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年日本グランプリ (4輪)

    2009年日本グランプリ (4輪)から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    タイヤはほとんどのマシンがハードタイヤを選択。上位陣では2番手スタートのハミルトン、4番手スタートのニック・ハイドフェルド、8番手スタートのスティルがソフトタイヤを選択。2009年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード

    グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    コースは全長1.16マイル(約1.867km)で、高低差は57mある。コース脇にはガードレールではなく、藁で作った昔ながらのストローバリアが並べられている。レコードタイムは1999年にニック・ハイドフェルドがマクラーレン・MP4-13で記録した41.6秒。なお、現在は安全面の配慮からF1マシンの公式計時は行われていない。グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ハンガリーグランプリ

    2006年ハンガリーグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    デビュー戦のクビサはチームメイトのニック・ハイドフェルドをしのいでQ3に進出。バトンの降格により9番グリッドからスタートする。2006年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    スタートで、3番グリッドからスタートしたニック・ハイドフェルド、4番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンが、1コーナーでフェルナンド・アロンソを交わして一つずつポジションアップ。一方、後方ではアンソニー・デビッドソンがスタートに失敗、コースに立ち往生し、21番手にまで順位を下げてしまう。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イギリスグランプリ

    2008年イギリスグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    決勝では、スタートから大混乱。雨に足をすくわれ、スピン・コースアウトをしてしまうドライバーも終始見られた。そんな中で冷静に60周を走破したハミルトンが2位に1分以上の大差をつけて優勝。2年目で母国優勝を成し遂げた。2位にはBMWザウバーのニック・ハイドフェルド、3位にはタイヤ作戦が的中したホンダ・レーシング・F1チームのルーベンス・バリチェロが入った。完走は13台だった。2008年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年オーストラリアグランプリ

    2009年オーストラリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    また、今季から導入された運動エネルギー回収システム(KERS)は、マクラーレンの2台、フェラーリの2台、BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、ルノーの2台の計7台だった。2009年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード