107件中 21 - 30件表示
  • 2004年オーストラリアグランプリ

    2004年オーストラリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ザウバーのジャンカルロ・フィジケラはジョーダンのニック・ハイドフェルドと共に中段グループで長時間争った。フィジケラがハイドフェルドをパスし、ハイドフェルドは後にトランスミッションの不具合でリタイアした。2004年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年イタリアグランプリ

    2003年イタリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    このレースには以前もしくはその後ウィリアムズをドライブしたドライバーが9名出場した。:ファン・パブロ・モントーヤ、ルーベンス・バリチェロ、マルク・ジェネ、ジャック・ヴィルヌーヴ、マーク・ウェバー、ニック・ハイドフェルド、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、デビッド・クルサード、ジェンソン・バトン2003年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • コリン・コレス

    コリン・コレスから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2008年からコレスはユーロF3を戦うチームを立ち上げた。チーム名はコレス・アンド・ハインツ・ユニオンと呼ばれ、ニック・ハイドフェルドのマネジャーを務めていたベルナー・ハインツとの共同経営である。コリン・コレス フレッシュアイペディアより)

  • 2009年マレーシアグランプリ

    2009年マレーシアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    BMWのニック・ハイドフェルド、中嶋、マクラーレンの2台、セバスチャン・ブルデーがQ2で脱落した。2009年マレーシアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バーレーングランプリ

    2009年バーレーングランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2番手スタートのグロックがチームメイトのトゥルーリをかわしてトップに立つ。5番手スタートのハミルトンは3番手まで順位を上げ、更にKERSにより一時2番手まで上がるが、4コーナーで膨らんでしまいトゥルーリにインからかわされる。2周目の1コーナーでバトンがハミルトンをオーバーテイク。燃料の軽いトヨタの2台はワンツー体勢のまま3番手以下との差を広げていく。後方では接触の影響によりBMWのロバート・クビサと中嶋がピットイン。更に次の周回でBMWのニック・ハイドフェルドとフェラーリのフェリペ・マッサがピットイン。予選で19番手に沈んだウェバーは11番手まで順位を上げてくる。トヨタの2台はファステストラップを更新しながら3番手バトンとの差を広げていく。そして11周目にトップのグロックがピットイン。次の周回でチームメイトのトゥルーリがピットイン。トヨタは2台ともハード側のタイヤに履き替え、燃料を多く積み、変則2ストップ作戦をとる。2009年バーレーングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イギリスグランプリ

    2008年イギリスグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    決勝では、スタートから大混乱。雨に足をすくわれ、スピン・コースアウトをしてしまうドライバーも終始見られた。そんな中で冷静に60周を走破したハミルトンが2位に1分以上の大差をつけて優勝。2年目で母国優勝を成し遂げた。2位にはBMWザウバーのニック・ハイドフェルド、3位にはタイヤ作戦が的中したホンダ・レーシング・F1チームのルーベンス・バリチェロが入った。完走は13台だった。2008年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年シンガポールグランプリ

    2008年シンガポールグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドは予選Q1中にルーベンス・バリチェロの走行を妨害したとして3グリッド降格ペナルティ。ジャンカルロ・フィジケラはピットレーンスタートとなった。2008年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ブラジルグランプリ

    2009年ブラジルグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    この雨の中、タイトル争いにわずかな希望を残すレッドブルのセバスチャン・ベッテル、マクラーレンの2台、BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、フィジケラがQ1敗退となった。今期全戦でQ3に進出し、逆転チャンピオンの望みをつなぐためには2位以内に入ることが絶対条件のベッテルにとって苦しい予選結果となった。2009年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • BMWザウバー・F1.09

    BMWザウバー・F1.09から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    第2戦マレーシアGPではスコールのためレースが打ち切られ、ニック・ハイドフェルドがタイヤ交換を上手くこなして2位表彰台を獲得した。しかし、序盤戦はマシンのパフォーマンスが低く、ポイント獲得もままならなかった。KERSはハイドフェルドが第1 - 4戦で使用したが、ハイドフェルドに比べて長身なロバート・クビサは第3戦で使用したのみであった。BMWザウバー・F1.09 フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・R31

    ルノー・R31から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    開幕前のバレンシア合同テストではロバート・クビサがトップタイムを記録して注目を集めた。しかし、クビサはラリー参戦中に重傷を負って全戦欠場することになり、代役としてニック・ハイドフェルドが起用された。ルノー・R31 フレッシュアイペディアより)

107件中 21 - 30件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード