107件中 31 - 40件表示
  • 2009年日本グランプリ (4輪)

    2009年日本グランプリ (4輪)から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    タイヤはほとんどのマシンがハードタイヤを選択。上位陣では2番手スタートのハミルトン、4番手スタートのニック・ハイドフェルド、8番手スタートのスティルがソフトタイヤを選択。2009年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・EJ12

    ジョーダン・EJ12から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーはジョーダンへ復帰したジャンカルロ・フィジケラと、テストドライバーからF1デビューを果たした佐藤琢磨。2002年シーズンの関心は、同じホンダエンジンを搭載するB・A・Rとのランキング争いになった。フィジケラは粘りの走りで4度のポイント獲得。佐藤はマレーシアGPでフィジケラに追突、モナコGPでフィジケラに順位を譲ろうとしてクラッシュ、オーストリアGPではスピンしたニック・ハイドフェルドに突っ込まれてマシンが大破するなどアクシデントが続いたが、最終戦日本GPで5位初入賞し、チームのランキング6位浮上に貢献した。しかし、この年限りでホンダエンジンを失うことになった。ジョーダン・EJ12 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・TF109

    トヨタ・TF109から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2011年からブリヂストンに代わってF1の公式タイヤサプライヤーとなるピレリは、2010年8月17日-8月18日にムジェロ・サーキットで行われたテストを皮切りに、タイヤテストのためにTF109を使用している。ドライバーには当初ニック・ハイドフェルドが就任していたが、第15戦シンガポールGP以降ハイドフェルドがBMWザウバーのドライバーとして復帰した為後任としてロマン・グロージャンが起用された。現在参戦中・来季からの参戦予定のどのチームにもできるだけ早期情報入手のアドバンテージを与えないために、撤退し且つ競争力・信頼性がある程度あったTF109に白羽の矢が立った。トヨタ・TF109 フレッシュアイペディアより)

  • ペーター・ザウバー

    ペーター・ザウバーから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ザウバーチームは、ニック・ハイドフェルドとキミ・ライコネンを擁した2001年にランキング4位を記録した以外は、常にランキングの中団を維持し、F1で特に代わり映えのしない年を送り続けた。とはいえ、自動車メーカーのワークスチームを相手にしながら、資金的に不利なプライベートチームで一定以上の成績を残し続けたことについては、大いに賞賛に値する事実でもある。ペーター・ザウバー フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ハンガリーグランプリ

    2006年ハンガリーグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    デビュー戦のクビサはチームメイトのニック・ハイドフェルドをしのいでQ3に進出。バトンの降格により9番グリッドからスタートする。2006年ハンガリーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・ロドリゲス (レーサー)

    ゴンサロ・ロドリゲス (レーサー)から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    1997年からは国際F3000に参戦。レッドマン&ブライトから参戦した初年度は、事故によりハーフレースとなった第4戦ニュルブルクリンクでの6位入賞1回・ランキング22位に留まった。しかし翌1998年よりアストロメガに移籍、第10戦スパ・フランコルシャン・最終戦ニュルブルクリンクで勝利を挙げるなど活躍し、ファン・パブロ・モントーヤ、ニック・ハイドフェルドに次いでランキングで3位となり、チームメイトのガストン・マッツァカーネ(入賞が6位2回でランキング19位)を圧倒した。ゴンサロ・ロドリゲス (レーサー) フレッシュアイペディアより)

  • メンヒェングラートバッハ

    メンヒェングラートバッハから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルド - レーシングドライバーメンヒェングラートバッハ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F2004

    フェラーリ・F2004から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    開幕戦は雨の影響で予選が混乱。後方からのスタートとなったシューマッハは順位を上げて行くも中盤にニック・ハイドフェルドと接触してレースを終えた。バリチェロが2位表彰台を獲得。この時点ではチームもシーズンを楽観視していた。しかし、第2戦のマレーシアGPではドライコンディションで行われたが両ドライバーとも予選で10位以内につくことができなかった。決勝でも上位でクラッシュがあったためシューマッハは7位入賞できたがバリチェロがリタイヤ、と散々な結果を突きつけられた。これはフェラーリ陣営を慌てさせるには十分で、当初の予定よりも2戦・1ヶ月早めてF2005が投入されることとなった。F2004Mは第2戦で役目を終えた。フェラーリ・F2004 フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    マクラーレンとフェラーリが他チームを圧倒し、その後にBMWザウバーがつけるという構図がシーズンを通して一貫していた。その中でトヨタは、入賞枠をルノー、ウィリアムズ、レッドブル、あたりと激しく奪い合うことになる。チームメイトのトゥルーリは、予選では常にその集団から抜けだしQ3に進出する一方で、シューマッハはシーズンを通して予選で中団から後方に沈むことが多かった。ハンガリーGPではこの年最高の6位入賞を果たし復調の兆しを見せたが、結局入賞はこれを含めて僅か3回に留まり、日本GP終了後の10月1日、2007年シーズン限りでのトヨタチーム離脱を発表。トヨタでは思うような結果を残せず、「今が新しい挑戦を探すべきときだと思った」と言い残し、3年間在籍していたトヨタを離れ、ほかのチームに移籍することを決めた。結局、自身は現役続行を公言していたものの移籍先チームがなく、2007年シーズンをもってF1から事実上の引退となった。12月6日ヘレスで行われたテストにフォース・インディアから参加しテストを行った。このテストでフォース・インディアのドライバーとしての起用のアピールしたと見られていたが、シューマッハは「テストを行ったのは友人であるビジェイ・マリヤに頼まれていたからであって、私はフォース・インディアでレースをする気はない」としている。また、2006年から契約をしていたマネージャーのハンス・マールとも袂を分かち、自身の兄であるミハエルからも引退を勧められたと言われている。2008年からはDTMへの参戦が有力視されていた際にはミハエルから「自分たち兄弟は、DTMを速く乗ることは難しい」と言われている。なお、トヨタの後任がドイツ人のティモ・グロック、ウィリアムズの後任がドイツ人のニック・ハイドフェルド、ジョーダンの後任がドイツ人のハインツ=ハラルド・フレンツェンと、彼の後任は同じドイツ人が多い。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年カナダグランプリ

    2005年カナダグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ミハエル・シューマッハが予定されたピットストップを行う最初のドライバーであった。12ラップ目に給油を行い、6位から12位へ後退する。3ラップ後にバトンとラルフ・シューマッハが手を挙げ、給油のためピットインした。バトンは3位から7位へ後退した。21ラップ目にフェリペ・マッサ、ニック・ハイドフェルド、クリエンがピットインし、続くラップで佐藤がガレージに入り、ギアボックスのトラブルでそのままリタイヤした。24ラップ目にチャンピオンシップを争うアロンソとライコネンが給油に入る。給油のためピットインしモントーヤがピットから出る際、冷えすぎたタイヤのためコースを外れ、アロンソに2位維持を許してしまう。カーティケヤンはサーキットエンドで壁に接触、リタイヤを強いられた。マーク・ウェバーは非常に長い第1スティントで7位に浮上し、28ラップ目にピットイン、マッサ、ハイドフェルド、ラルフ・シューマッハの直前に9位でレース復帰した。続くラップにウェバーはヘアピンでブレーキが遅れ大きく膨らみ、順位を3つ落とす。最後のドライバーとしてバリチェロが31ラップ目にピットインし、8位から12位へ後退した。2005年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

107件中 31 - 40件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード