88件中 31 - 40件表示
  • 2009年イギリスグランプリ

    2009年イギリスグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    スタートでは上位3台に変動は起こらなかったが、トヨタのヤルノ・トゥルーリ、ブラウンGPのジェンソン・バトンがスタートに失敗し順位を落としてしまう。その隙をついて中嶋一貴が5番手から4番手に、キミ・ライコネンが9番手から5番手に順位を上げる。5番手スタートのトゥルーリはハンガーストレートでニコ・ロズベルグにも抜かれ、7番手まで順位を下げる。オープニングラップで4位以下の順位が大きく入れ替わることになる。先頭のベッテルは上位10台の中で最も燃料を積んでいるにもかかわらず、2位以下との差を広げていく。後方ではBMWザウバーのニック・ハイドフェルド・アロンソ・ロバート・クビサ・ハミルトンの順番となり、BMW勢が元ワールドチャンピオンを抑える形になる。2009年イギリスグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年オーストラリアグランプリ

    2001年オーストラリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ザウバーのニック・ハイドフェルドが4位でフィニッシュし、F1における初のポイントを獲得、彼の新たなチームメイトのキミ・ライコネンはデビュー戦を6位で終えた。ライコネンにとってこのレースは24回目のレースであった。オリビエ・パニスとヨス・フェルスタッペンはイエローフラッグの間に追い越しを行ったとして25秒のペナルティが加算された(パニスは4位、フェルスタッペンは9位でのフィニッシュであった)。2001年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年イタリアグランプリ

    2005年イタリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    このレースではリタイヤした車両が無かった。これは1961年オランダグランプリ以来の椿事であり、このグランプリ以降で全車完走となったレースは2011年ヨーロッパグランプリとなる。2005年アメリカグランプリもリタイヤした車両が無かったレースであるが、ミシュランタイヤ装着車が出走を取りやめ6台で争われたレースであった。アントニオ・ピッツォニアがニック・ハイドフェルドに代わってシーズンの残りを走ることとなった。2005年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年オーストラリアグランプリ

    2004年オーストラリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ザウバーのジャンカルロ・フィジケラはジョーダンのニック・ハイドフェルドと共に中段グループで長時間争った。フィジケラがハイドフェルドをパスし、ハイドフェルドは後にトランスミッションの不具合でリタイアした。2004年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ドイツグランプリ

    2009年ドイツグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    残り4分を切ったところでブラウンGPのルーベンス・バリチェロ、ルノーのネルソン・ピケ、フォース・インディアのエイドリアン・スーティルがソフトタイヤでトップ3を占める。それを見て各チームがソフトタイヤに履き替えるが、2分を切ったところで再び雨が強くなり、タイムが伸びない。結局そのままQ2が終了し、BMWのニック・ハイドフェルド、ルノーのフェルナンド・アロンソ、トヨタのヤルノ・トゥルーリ、ウィリアムズの2台がQ2敗退。アロンソとニコ・ロズベルグは今期初めてQ3に進むことができなかった。一方ピケが今期初のQ3進出、スーティルがチーム初、自身にとっても初のQ3進出を果たす。2009年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ピッツォニア

    アントニオ・ピッツォニアから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2005年シーズンを迎えるにあたり、ウィリアムズは、ジャガーから移籍してきたマーク・ウェバーのチームメイトに、当初はB・A・Rのジェンソン・バトンを据えることを目論んでいたが、契約承認委員会の決定でそれを断念せざるを得なくなると、ピッツォニアとジョーダンのニック・ハイドフェルドの間のオーディションで決定することとした。ハイドフェルドにレギュラーシートを奪われた。アントニオ・ピッツォニア フレッシュアイペディアより)

  • アレックス=ディアス・リベイロ

    アレックス=ディアス・リベイロから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    1999年から2002年にかけてはFIAに雇われF1やF3000でメディカルカーのドライバーを務めた。2002年のブラジルGPでは、決勝日朝のウォームアップ走行でクラッシュしたエンリケ・ベルノルディのため、シド・ワトキンスらを乗せインテルラゴス・サーキット第2コーナーに赴いたが、車から出ようとドアを開けた瞬間、後ろから来たニック・ハイドフェルドに運転席のドアをもぎ取られるというハプニングがあった。幸い、リベイロ、ハイドフェルトともに怪我はなかった。アレックス=ディアス・リベイロ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年アメリカグランプリ

    2006年アメリカグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    レースは第1コーナーでの2つの大きなクラッシュから始まった。このアクシデントで7台がリタイアする。ターン1でマーク・ウェバーがクリスチャン・クリエンと接触、クリエンはスピンしフランク・モンタニーと接触、コースアウトした。ターン2でファン・パブロ・モントーヤがチームメイトのキミ・ライコネンと接触する。モントーヤは次にジェンソン・バトンと衝突、右フロントタイヤがBMWザウバーのニック・ハイドフェルドに接触した。モントーヤはまたトロロッソのスコット・スピードにもぶつかった。これらのアクシデントでも負傷した者はいなかった。アクシデント後も順位は変わらなかったが、唯一のバトルがデヴィッド・クルサード、ニコ・ロズベルグ、ヴィタントニオ・リウッツィの間で行われた。ロズベルグが争いに敗れ、完走したドライバーの中で唯一無得点となった。また、リウッツィはトロロッソに初のポイントをもたらした。モントーヤはレース後にチームを離れ、2007年シーズンはアーンハート・ガナッシ・レーシングからNASCARに参戦することを発表した。2006年アメリカグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ラルフ・シューマッハ

    ラルフ・シューマッハから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    マクラーレンとフェラーリが他チームを圧倒し、その後にBMWザウバーがつけるという構図がシーズンを通して一貫していた。その中でトヨタは、入賞枠をルノー、ウィリアムズ、レッドブル、あたりと激しく奪い合うことになる。チームメイトのトゥルーリは、予選では常にその集団から抜けだしQ3に進出する一方で、シューマッハはシーズンを通して予選で中団から後方に沈むことが多かった。ハンガリーGPではこの年最高の6位入賞を果たし復調の兆しを見せたが、結局入賞はこれを含めて僅か3回に留まり、日本GP終了後の10月1日、2007年シーズン限りでのトヨタチーム離脱を発表。トヨタでは思うような結果を残せず、「今が新しい挑戦を探すべきときだと思った」と言い残し、3年間在籍していたトヨタを離れ、ほかのチームに移籍することを決めた。結局、自身は現役続行を公言していたものの移籍先チームがなく、2007年シーズンをもってF1から事実上の引退となった。12月6日ヘレスで行われたテストにフォース・インディアから参加しテストを行った。このテストでフォース・インディアのドライバーとしての起用のアピールしたと見られていたが、シューマッハは「テストを行ったのは友人であるビジェイ・マリヤに頼まれていたからであって、私はフォース・インディアでレースをする気はない」としている。また、2006年から契約をしていたマネージャーのハンス・マールとも袂を分かち、自身の兄であるミハエルからも引退を勧められたと言われている。2008年からはDTMへの参戦が有力視されていた際にはミハエルから「自分たち兄弟は、DTMを速く乗ることは難しい」と言われている。なお、トヨタの後任がドイツ人のティモ・グロック、ウィリアムズの後任がドイツ人のニック・ハイドフェルド、ジョーダンの後任がドイツ人のハインツ=ハラルド・フレンツェンと、彼の後任は同じドイツ人が多い。ラルフ・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F2004

    フェラーリ・F2004から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    開幕戦は雨の影響で予選が混乱。後方からのスタートとなったシューマッハは順位を上げて行くも中盤にニック・ハイドフェルドと接触してレースを終えた。バリチェロが2位表彰台を獲得。この時点ではチームもシーズンを楽観視していた。しかし、第2戦のマレーシアGPではドライコンディションで行われたが両ドライバーとも予選で10位以内につくことができなかった。決勝でも上位でクラッシュがあったためシューマッハは7位入賞できたがバリチェロがリタイヤ、と散々な結果を突きつけられた。これはフェラーリ陣営を慌てさせるには十分で、当初の予定よりも2戦・1ヶ月早めてF2005が投入されることとなった。F2004Mは第2戦で役目を終えた。フェラーリ・F2004 フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード