107件中 41 - 50件表示
  • 2004年カナダグランプリ

    2004年カナダグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ウィリアムズとトヨタが失格となったことで、ニック・ハイドフェルドとティモ・グロックがポイントを得、ジョーダンが一番の受益者となった。2004年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    しかし予選では小林以上の結果を残すも、決勝のスタートで遅れたりマシントラブルやクラッシュなどでポイントを逃したレースも多く、6ポイントに留まり小林可夢偉の21ポイントに大きく離される形となった。9月14日、ザウバーはシンガポールGPより正ドライバーをニック・ハイドフェルドに交代して残り5レースを出場させる事を発表した為、デ・ラ・ロサはレースシートを失った。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年オーストラリアグランプリ

    2009年オーストラリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    また、今季から導入された運動エネルギー回収システム(KERS)は、マクラーレンの2台、フェラーリの2台、BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、ルノーの2台の計7台だった。2009年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年オーストラリアグランプリ

    2007年オーストラリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    スタートで、3番グリッドからスタートしたニック・ハイドフェルド、4番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンが、1コーナーでフェルナンド・アロンソを交わして一つずつポジションアップ。一方、後方ではアンソニー・デビッドソンがスタートに失敗、コースに立ち往生し、21番手にまで順位を下げてしまう。2007年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW08

    ウィリアムズ・FW08から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    1994年、FW08Bはグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのヒルクライムに登場し、ジョナサン・パーマーの運転で最速ラップを記録した。このタイムは1999年にニック・ハイドフェルドのマクラーレン・MP4-13が更新するまで破られなかった。ウィリアムズ・FW08 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のル・マン24時間レース

    2014年のル・マン24時間レースから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    レースは、LMP1-Hクラスのアウディ・スポーツチーム・ヨーストのアウディ・R18 e-tron クアトロ2号車に乗るスイス人ドライバーのマルセル・フェスラー、ドイツ人ドライバーのアンドレ・ロッテラー、フランス人ドライバーのブノワ・トレルイエら2011年・2012年の優勝メンバー3人組が3度目の総合優勝を果たした。アウディは1999年のル・マン参戦以来15年間で通算13度目となる優勝の栄冠を手にした。レース開始後の14時間まで全レース走行距離の半分ものリードし前半のレースを支配していたトヨタ・レーシングのトヨタ・TS040 HYBRID7号車がリタイアを喫してからは、アウディ勢がトップに立つ。その後アウディ車2台ともターボ・エンジンの交換作業を強いられる事態に追い込まれ、その間のポルシェ14号車の激しい追撃も受けた。アウディ2号車に3ラップ遅れてアウディ1号車が2位に入り、更に2周遅れた3位には、レース開始1時間後のアクシデントで後方に落ちた展開をリカバリーしたトヨタ8号車が入っている。LMP-1Lクラスでは、クラス唯一の完走を果たしたレベリオン・レーシングの12号車(シャシー-エンジン = レベリオン・R-One-トヨタ)に乗るニック・ハイドフェルド/マティアス・ベシェ/ニコラ・プロスト組が勝利した。LMP2クラスでは、JOTAスポーツのザイテック-ニッサンに乗るサイモン・ドゥーラン/オリヴァー・ターヴェイ/ハリー・ティンクネル組がクラス優勝した。LMGTE Proクラスでは、AFコルセのフェラーリ・458イタリア・GT2に乗るジャンマリア・ブルーニ/ジャンカルロ・フィジケラ/トニ・ヴィランデル組がクラス優勝した。LMGTE Amクラスでは、アストンマーティン・レーシングのアストンマーティン・ヴァンテージ・GT2に乗るデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン/クリスティアン・ポウルセン/ニッキー・トゥヒーム組がクラス優勝した。1989年以来最多の観客動員数となるおよそ26万3千人の観客が観戦したとされる。2014年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • ヴィタリー・ペトロフ

    ヴィタリー・ペトロフから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2010年12月22日、ルノーはペトロフの残留を発表した。開幕戦オーストラリアGPの予選では、チームメイトのニック・ハイドフェルドがトラフィックにつかまりQ1で敗退する中でQ3に進出し、自己ベストとなる6位グリッドを獲得した。更に決勝ではスタートでジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソをパスし4番手に浮上すると、更に2ストップ作戦が成功しマーク・ウェバーもかわして3番手に浮上。そのまま最後までポジションを落とすことなく粘りある走りを見せ、見事3位でフィニッシュ。自身初の表彰台を獲得した。その後は堅実な走りを見せたものの、車が他チームの戦闘力アップに対抗できなかったこともあり、ポイント圏内外をさまよう成績となる。最終的にはポイントランキング10位でシーズンを終えた。ポイントランキングではハイドフェルドを上回ったが、レース数に差があるため平均獲得ポイントはハイドフェルドより低い。ヴィタリー・ペトロフ フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・スーティル

    エイドリアン・スーティルから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    イタリアGP予選では自己最高位更新となる予選2位の速さを見せ、フロントロウを獲得。更に決勝ではマシンの特性を活かして初ファステストラップを記録し、自己最高位の4位でゴール。レースや予選で速さを見せた一方で、シンガポールGPではスピンした直後のリカバーでニック・ハイドフェルドに衝突し、次戦の日本GPではシケインに並走状態で進入したヘイキ・コバライネンのラインを強引にふさぎ接触など、他車を巻き込む荒いドライビングも見参するシーズンとなった。エイドリアン・スーティル フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ディアス・リベイロ

    アレックス・ディアス・リベイロから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    1999年から2002年にかけてはFIAに雇われF1やF3000でメディカルカーのドライバーを務めた。2002年のブラジルGPでは、決勝日朝のウォームアップ走行でクラッシュしたエンリケ・ベルノルディのため、シド・ワトキンスらを乗せインテルラゴス・サーキット第2コーナーに赴いたが、車から出ようとドアを開けた瞬間、後ろから来たニック・ハイドフェルドに運転席のドアをもぎ取られるというハプニングがあった。幸い、リベイロ、ハイドフェルトともに怪我はなかった。アレックス・ディアス・リベイロ フレッシュアイペディアより)

  • プロスト・グランプリ

    プロスト・グランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーラインナップを一新し、プロストのフェラーリ時代のチームメイトだったジャン・アレジがザウバーから移籍。さらにマクラーレンの秘蔵っ子であり、1999年に国際F3000チャンピオンを獲得したニック・ハイドフェルドを迎え入れた。プロスト・グランプリ フレッシュアイペディアより)

107件中 41 - 50件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード