88件中 41 - 50件表示
  • BMWザウバー・F1.09

    BMWザウバー・F1.09から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    第2戦マレーシアGPではスコールのためレースが打ち切られ、ニック・ハイドフェルドがタイヤ交換を上手くこなして2位表彰台を獲得した。しかし、序盤戦はマシンのパフォーマンスが低く、ポイント獲得もままならなかった。KERSはハイドフェルドが第1 - 4戦で使用したが、ハイドフェルドに比べて長身なロバート・クビサは第3戦で使用したのみであった。BMWザウバー・F1.09 フレッシュアイペディアより)

  • ザウバー・C22

    ザウバー・C22から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーはニック・ハイドフェルドと前年フェリペ・マッサの代役として1戦のみスポット参戦したハインツ=ハラルド・フレンツェンのドイツコンビとなった(ハイドフェルドとフレンツェンは同じメンヒェングラートバッハ生まれである)。フレンツェンは1996年以来実に7年ぶりにレギュラードライバーとしてステアリングを握ることとなった。ザウバー・C22 フレッシュアイペディアより)

  • プロスト・AP03

    プロスト・AP03から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    プロスト・AP03は、プロスト・グランプリが2000年のF1世界選手権参戦用に開発し投入したフォーミュラカー。ジャン・アレジとニック・ハイドフェルドがドライブした。プロスト・AP03 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・EJ11

    ジョーダン・EJ11から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    続くブラジルも悪天候のレースとなったが、予選の好調さは継続した。チームはウェットコンディションの中、両車を同ラップでタイヤ交換を行い、表彰台のチャンスを逃すこととなった。フレンツェンは3位を走行したが8ラップ目に電気系のトラブルでリタイアし、トゥルーリが代わって3位を走行した。しかしながらタイヤ選択を誤ったため、ザウバーのニック・ハイドフェルド、BARのパニスに抜かれ4位でレースを終えた。ジョーダン・EJ11 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW27

    ウィリアムズ・FW27から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーは2名とも交代し、新たにマーク・ウェバーとニック・ハイドフェルドが加入した。ウィリアムズ・FW27 フレッシュアイペディアより)

  • ハインツ=ハラルド・フレンツェン

    ハインツ=ハラルド・フレンツェンから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    大変に人の良い性格で知られており、2003年のF1引退時にはペーター・ザウバーに対し、「ニック(・ハイドフェルド)は何とかしてチームに残してほしい」とお願いした。結局その願いはかなうことなく、2004年のザウバーはジャンカルロ・フィジケラとフェリペ・マッサの布陣となった。2010年の引退時には「(自らにはすでに競争力が無いことを悟ったうえで)誰かのハンディキャップにはなりたくない」と語るなど、最後まで「ナイスガイ」であり続けた。ハインツ=ハラルド・フレンツェン フレッシュアイペディアより)

  • 2003年イタリアグランプリ

    2003年イタリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    このレースには以前もしくはその後ウィリアムズをドライブしたドライバーが9名出場した。:ファン・パブロ・モントーヤ、ルーベンス・バリチェロ、マルク・ジェネ、ジャック・ヴィルヌーヴ、マーク・ウェバー、ニック・ハイドフェルド、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、デビッド・クルサード、ジェンソン・バトン2003年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ドイツグランプリ

    2006年ドイツグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    また、このグランプリは1997年のワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴのF1における最後のレースとなった。ヴィルヌーヴはチームメイトのニック・ハイドフェルドと接触してコースアウト、クラッシュしレースをリタイアした。レース後にクラッシュの後遺症による次戦の欠場が発表され、チームはロバート・クビサを代役としてドライブさせたが、ヴィルヌーヴは結局8月にチームを離脱した。ヴィルヌーヴはチームからの離脱を「BMWザウバーによる彼の短期的な未来の保証の不足」の所為とした。2006年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ディニス

    ペドロ・ディニスから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ディニスの突然のF1引退は後のF1の歴史にも若干の影響を与えている。当時有力候補だったディニスが引退し、ザウバーチームのシートのひとつが完全に空いたため、このシートは当時ザウバーの有力スポンサーだったレッドブルが推すエンリケ・ベルノルディと、チーム代表のペーター・ザウバーがかねて目をつけてこの頃チームのテストにも参加させていたキミ・ライコネンによって争われることとなった(もうひとつのシートは2000年9月の時点でニック・ハイドフェルドに決定していた)。ペドロ・ディニス フレッシュアイペディアより)

  • 2006年日本グランプリ (4輪)

    2006年日本グランプリ (4輪)から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ポールポジションはフェリペ・マッサが獲得し、以下ミハエル・シューマッハ、ラルフ・シューマッハ、ヤルノ・トゥルーリ、フェルナンド・アロンソ、ジャンカルロ・フィジケラ、ジェンソン・バトン、ルーベンス・バリチェロ、ニック・ハイドフェルド、ニコ・ロズベルグの順でグリッドが確定した。上位4列目まではフェラーリ(ブリヂストン)、トヨタ(ブリヂストン)、ルノー(ミシュラン)、ホンダ(ミシュラン)という並びになり、鈴鹿における力関係をあらわす結果となった。トヨタは母国グランプリでフェラーリに次いでセカンドローを独占し、好位置につけた。2006年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード