88件中 51 - 60件表示
  • ペーター・ザウバー

    ペーター・ザウバーから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ザウバーチームは、ニック・ハイドフェルドとキミ・ライコネンを擁した2001年にランキング4位を記録した以外は、常にランキングの中団を維持し、F1で特に代わり映えのしない年を送り続けた。とはいえ、自動車メーカーのワークスチームを相手にしながら、資金的に不利なプライベートチームで一定以上の成績を残し続けたことについては、大いに賞賛に値する事実でもある。ペーター・ザウバー フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・ヒル

    デイモン・ヒルから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    1999年は新規定のタイヤの扱いに苦戦し、成績もチームメイトのハインツ=ハラルド・フレンツェンに圧倒された(予選2勝14敗、ポイント7対54)。カナダGP後に今季限りでの引退を表明したが、チームオーナーのエディ・ジョーダンは「シーズン途中での引退の可能性」を示唆。地元のイギリスGPが最後のレースとなると報道され、チームも後釜としてニック・ハイドフェルドを検討していたが、イギリスGP後に最終戦までの現役続行を表明した。引退レースとなった日本GPは戦意喪失による「レース棄権」で終えることになった。デイモン・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • ティモ・グロック

    ティモ・グロックから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2004年にジョーダンのサードドライバーに選ばれた。そして同年、急遽F1参戦の機会を得る。第8戦カナダGPにジョルジオ・パンターノの代役として出走することになり、僅か4年のフォーミュラカーの経験でF1参戦を果たした。初めての予選でチームメイトのニック・ハイドフェルドに次ぐ16番手を獲得すると、決勝レースでは11位で完走を果たした。その後上位の4台が失格となったため繰り上がりで7位入賞となり、2ポイントを獲得した。続く第9戦アメリカGPからはパンターノが復帰したためサードドライバーに戻ったが、第16戦中国GPから最終戦ブラジルGPまでの3戦で再び出走する機会を得た。しかし翌年のオプションが制限されていたため、ジョーダンのシートを失い、F1を離れることになった。ティモ・グロック フレッシュアイペディアより)

  • ファン・パブロ・モントーヤ

    ファン・パブロ・モントーヤから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    翌年ニック・ハイドフェルドを退けてF3000シリーズチャンピオンとなり、ウィリアムズでのレギュラー昇格が噂されたが、CART王者アレックス・ザナルディの加入により実現せず。しかし、ザナルディとシートを交換する形でCARTのトップチーム、チップ・ガナッシと契約し、ヨーロッパから北米へ渡った。ファン・パブロ・モントーヤ フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・セナ

    ブルーノ・セナから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    1月31日、ロータス・ルノーGPのリザーブドドライバーとして就任する事を発表された。ハンガリーGPでは金曜フリー走行を行った。続くベルギーGPでは、同GPとイタリアGPにてニック・ハイドフェルドに変わって出走することが決定し、後にハイドフェルドがチームを離れることに合意したため、残りも全戦で出走することが決まった。ブルーノ・セナ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    しかし予選では小林以上の結果を残すも、決勝のスタートで遅れたりマシントラブルやクラッシュなどでポイントを逃したレースも多く、6ポイントに留まり小林可夢偉(21P)に大きく離される形となった。9月14日、ザウバーはシンガポールGPより正ドライバーをニック・ハイドフェルドに交代して残り5レースを出場させる事を発表した為、デ・ラ・ロサはレースシートを失った。ペドロ・デ・ラ・ロサ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    連続完走:2008年シンガポールGPにてニック・ハイドフェルドが更新。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW08

    ウィリアムズ・FW08から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    1994年、FW08Bはグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードのヒルクライムに登場し、ジョナサン・パーマーのドライブで最速ラップを記録した。このタイムは1999年にニック・ハイドフェルドのマクラーレン・MP4-13が更新するまで破られなかった。ウィリアムズ・FW08 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年シンガポールグランプリ

    2008年シンガポールグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドは予選Q1中にルーベンス・バリチェロの走行を妨害したとして3グリッド降格ペナルティ。ジャンカルロ・フィジケラはピットレーンスタートとなった。2008年シンガポールグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年カナダグランプリ

    2005年カナダグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ミハエル・シューマッハが予定されたピットストップを行う最初のドライバーであった。12ラップ目に給油を行い、6位から12位へ後退する。3ラップ後にバトンとラルフ・シューマッハが手を挙げ、給油のためピットインした。バトンは3位から7位へ後退した。21ラップ目にフェリペ・マッサ、ニック・ハイドフェルド、クリエンがピットインし、続くラップで佐藤がガレージに入り、ギアボックスのトラブルでそのままリタイヤした。24ラップ目にチャンピオンシップを争うアロンソとライコネンが給油に入る。給油のためピットインしモントーヤがピットから出る際、冷えすぎたタイヤのためコースを外れ、アロンソに2位維持を許してしまう。カーティケヤンはサーキットエンドで壁に接触、リタイヤを強いられた。マーク・ウェバーは非常に長い第1スティントで7位に浮上し、28ラップ目にピットイン、マッサ、ハイドフェルド、ラルフ・シューマッハの直前に9位でレース復帰した。続くラップにウェバーはヘアピンでブレーキが遅れ大きく膨らみ、順位を3つ落とす。最後のドライバーとしてバリチェロが31ラップ目にピットインし、8位から12位へ後退した。2005年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード