88件中 61 - 70件表示
  • 2004年カナダグランプリ

    2004年カナダグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ウィリアムズとトヨタが失格となったことで、ニック・ハイドフェルドとティモ・グロックがポイントを得、ジョーダンが一番の受益者となった。2004年カナダグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスAMG

    メルセデスAMGから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    なおテストドライバー兼リザーブドライバーとしてニック・ハイドフェルドが起用されていたが、彼は2011年からF1のタイヤサプライヤーとなるピレリのテストドライバーに指名され、これに専念するため、8月にチームを離れた。以後、シーズン終了までこの役職は空席のままだった。メルセデスAMG フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ベルギーグランプリ

    2009年ベルギーグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    まず、フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラがトップタイムをマークする。その後、ルノーのロマン・グロージャンがトップタイムを更新する。直後にウィリアムズのニコ・ロズベルグがトップタイムを更新するが、グロージャンが次の周回で再びトップに立つ。7分が経過し、トヨタのヤルノ・トゥルーリが最初に1分45秒台のタイムをマーク。直後にトロ・ロッソのセバスチャン・ブエミ、フォース・インディアのエイドリアン・スーティル、BMWザウバーのニック・ハイドフェルドがトゥルーリのタイムを更新する。2009年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ニュルブルクリンク

    ニュルブルクリンクから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    なお北コースにおける近代F1マシンの走行は長らく行われていなかったが、2007年4月28日に開催されたイベントのデモンストレーションにおいて、ニック・ハイドフェルドの運転するBMWザウバー「F1.06」が、31年ぶりに北コースを走行した。過酷な北コースの路面を近代F1マシンで走行するのは非常に危険性が伴うため、車高を最大に上げ、タイヤもバースト回避のため非常にハードなものを使用することでマシンを適応させ、コースを3周した。デモンストレーションのための安全重視の走行で、ギア比もショートレシオに設定していたこともあって、ファステスト・ラップは8分34秒、トップスピードは275km/hにとどまっている。ニュルブルクリンク フレッシュアイペディアより)

  • メンヒェングラートバッハ

    メンヒェングラートバッハから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルド - レーシングドライバーメンヒェングラートバッハ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタF1

    トヨタF1から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2010年8月からは、ブリヂストンに代わって2011年よりF1のワンメイクタイヤ供給を担当するピレリと契約し、2009年型のTF109を2010年のレギュレーションに適合させる改造を行った上で、タイヤテストの為にマシンやスタッフを提供した。テストドライバーは当初ニック・ハイドフェルドが起用されたが、後にロマン・グロージャンやペドロ・デ・ラ・ロサなどが交代で務めた。なおテストに2010年型のTF110ではなく1年落ちのTF109を使用しているのは、ピレリによれば「TF110は走行データが不足しているのに対し、TF109は実戦でのデータが豊富にある」ためとしている。TF109は2011年までテストプログラムに使用された。トヨタF1 フレッシュアイペディアより)

  • ピレリ

    ピレリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ピレリは本格復帰に先立ちニック・ハイドフェルドとテストドライバー契約を結び、2010年8月17日よりトヨタのTF109を使ったタイヤテストを開始した。しかし、ハイドフェルドが急遽ザウバーの正ドライバーになることが決定、ピレリはタイヤテストの後任を迎える必要があったため、9月16日にF1でドライブ経験のあるロマン・グロージャンを後任にする事を発表。ピレリ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年日本グランプリ (4輪)

    2008年日本グランプリ (4輪)から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ホームグランプリに沸くトヨタが、Q1からその意気込みを見せた。トヨタのティモ・グロックがQ1でのトップタイムでをたたき出す。またこのときのタイム、1'17.945はQ1では唯一の1分17秒台で、続くマクラーレンのルイス・ハミルトンに0.126秒差でのトップタイムであった。初の母国GPに期待が集まるウイリアムズの中嶋一貴はなかなかタイムが出ず、チェッカーフラグ時にノックアウトゾーンに居たが、ラストラップで13番手の1'18.640のタイムでQ2に進出した。驚くべきことに、好調BMWザウバーのニック・ハイドフェルドがノックアウトされるなど波乱の展開となった。また、このラウンドではトップのグロックから、惜しくもノックアウトされたホンダのルーベンス・バリチェロまでの17台が1秒以内に収まるという接戦を演じた。2008年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ルノーF1

    ルノーF1から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ドライバーは2010年シーズンと同じくクビサとペトロフ、テストドライバーはタン、ファイルーズ・ファウジー、ブルーノ・セナと2009年シーズン以来の復帰となるグロージャンが務めると発表された。しかし、2011年2月6日に、イタリアでラリーに参戦していたクビサがクラッシュにより負傷、長期離脱を余儀なくされた。そこで、2010年シーズンいっぱいでレースシートを失っていたニック・ハイドフェルドがクビサの代役として参戦することになった。しかしハイドフェルドのシートはベルギーGPからはブルーノ・セナに取って代わられ、次戦イタリアGP前に正式にハイドフェルドはチームを離脱した。ルノーF1 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィタリー・ペトロフ

    ヴィタリー・ペトロフから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2010年12月22日、ルノーはペトロフの残留を発表した。開幕戦オーストラリアGPの予選では、チームメイトのニック・ハイドフェルドがトラフィックにつかまりQ1で敗退する中でQ3に進出し、自己ベストとなる6位グリッドを獲得した。更に決勝ではスタートでジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソをパスし4番手に浮上すると、更に2ストップ作戦が成功しマーク・ウェバーもかわして3番手に浮上。そのまま最後までポジションを落とすことなく粘りある走りを見せ、見事3位でフィニッシュ。自身初の表彰台を獲得した。その後は堅実な走りを見せたものの、車が他チームの戦闘力アップに対抗できなかったこともあり、ポイント圏内外をさまよう成績となる。最終的にはポイントランキング10位でシーズンを終えた。ヴィタリー・ペトロフ フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード