107件中 61 - 70件表示
  • フェリペ・マッサ

    フェリペ・マッサから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    なお、ザウバーは2003年のラインナップとしてマッサのチームメイトのニック・ハイドフェルド、自身の代役のフレンツェンの2名に決定したことで、マッサはフェラーリに移籍。テストドライバーを務めた。フェリペ・マッサ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ドイツグランプリ

    2006年ドイツグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    また、このグランプリは1997年のワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴのF1における最後のレースとなった。ヴィルヌーヴはチームメイトのニック・ハイドフェルドと接触してコースアウト、クラッシュしレースをリタイアした。レース後にクラッシュの後遺症による次戦の欠場が発表され、チームはロバート・クビサを代役としてドライブさせたが、ヴィルヌーヴは結局8月にチームを離脱した。ヴィルヌーヴはチームからの離脱を「BMWザウバーによる彼の短期的な未来の保証の不足」の所為とした。2006年ドイツグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年アゼルバイジャングランプリ

    2017年アゼルバイジャングランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    デブリの清掃が終わった18時15分にレースは再開されるが、赤旗中断中にライコネンとペレスはマシンを修復して序列に戻ったが、ピットレーン停車中以外の作業は禁止されているため、両者ともドライブスルーペナルティを科せられ、ペレスはそのペナルティを消化した直後にリタイアし、連続完走記録は37(歴代2位。1位はニック・ハイドフェルドの41)でストップした。マッサはレース再開直後からマシンの調子が悪くそのままリタイア、ヒュルケンベルグはターン7でクラッシュしリタイアとなった。2017年アゼルバイジャングランプリ フレッシュアイペディアより)

  • オリバー・ローランド

    オリバー・ローランドから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2015-16年シーズンの途中、負傷により欠場することが決まったのニック・ハイドフェルドに代わり第3戦プンタ・デル・エステeプリ(2015 Punta del Este ePrix)へ1レース限りでデビューする。13位でフィニッシュし、ポイント獲得とはならなかった。オリバー・ローランド フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・グランプリ

    ジョーダン・グランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    エディ・ジョーダンは資金難に喘ぐチームの売却を検討しながら参戦。前年同様フォード名義のエンジンをコスワースから供給を受ける。ドライバーは一新し、フィジケラと入れ替わる形でザウバーからニック・ハイドフェルドが加入。セカンドドライバーはジョルジオ・パンターノ(1〜7,9〜15戦)とティモ・グロック(8,16〜18戦)を起用した。ジョーダン・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・デビッドソン

    アンソニー・デビッドソンから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    11月には翌年のレギュラードライバーを探していたウィリアムズ(マクラーレンとルノーからもあった)がデビッドソン獲得に向けた交渉を望んだが、これはデビッドソンとの長期契約を結んでいたB.A.Rによって拒絶されたため実現しなかった。(結果としてウィリアムズはBMWの推したニック・ハイドフェルドを起用)アンソニー・デビッドソン フレッシュアイペディアより)

  • 2005年イタリアグランプリ

    2005年イタリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    アントニオ・ピッツォニアがニック・ハイドフェルドに代わってシーズンの残りを走ることとなった。2005年イタリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ベルギーグランプリ

    2009年ベルギーグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    まず、フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラがトップタイムをマークする。その後、ルノーのロマン・グロージャンがトップタイムを更新する。直後にウィリアムズのニコ・ロズベルグがトップタイムを更新するが、グロージャンが次の周回で再びトップに立つ。7分が経過し、トヨタのヤルノ・トゥルーリが最初に1分45秒台のタイムをマーク。直後にトロ・ロッソのセバスチャン・ブエミ、フォース・インディアのエイドリアン・スーティル、BMWザウバーのニック・ハイドフェルドがトゥルーリのタイムを更新する。2009年ベルギーグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ハインツ=ハラルド・フレンツェン

    ハインツ=ハラルド・フレンツェンから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    大変に人の良い性格で知られており、2003年のF1引退時にはペーター・ザウバーに対し、「ニック(・ハイドフェルド)は何とかしてチームに残してほしい」とお願いした。結局その願いはかなうことなく、2004年のザウバーはジャンカルロ・フィジケラとフェリペ・マッサの布陣となった。2010年の引退時には「(自らにはすでに競争力が無いことを悟ったうえで)誰かのハンディキャップにはなりたくない」と語るなど、最後まで「ナイスガイ」であり続けた。ハインツ=ハラルド・フレンツェン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW29

    ウィリアムズ・FW29から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ファイル:Nico Rosberg overtaking Heidfeld 2007 Brazil.jpg|2007年ブラジルGPでニック・ハイドフェルドをオーバーテイクするニコ・ロズベルグウィリアムズ・FW29 フレッシュアイペディアより)

107件中 61 - 70件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード