107件中 71 - 80件表示
  • F1歴代記録

    F1歴代記録から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    最多連続完走:ニック・ハイドフェルド - 41回(2007年フランスグランプリ - 2009年イタリアグランプリ)F1歴代記録 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ヨーロッパグランプリ

    2008年ヨーロッパグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    若干の小雨が降る中、セバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録。中嶋一貴は10番手タイムを記録していたが、最後のアタックを行ったニック・ハイドフェルドにタイムを越され、11番手で予選を終えた。ここで、中嶋、フェルナンド・アロンソ、ティモ・グロック、マーク・ウェバー、ネルソン・ピケJr.が脱落。2008年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ヨーロッパグランプリ

    2009年ヨーロッパグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    残り時間がなくなり、アロンソは最終アタック第2セクターまでタイムが伸びないが、第3セクターで挽回し、なんとか8番手に滑り込む。この結果、BMWザウバーのニック・ハイドフェルド、フォース・インディアのエイドリアン・スーティル、トヨタのティモ・グロック、ルノーのロマン・グロージャン、トロ・ロッソのブエミがQ2敗退となった。2009年ヨーロッパグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・セナ

    ブルーノ・セナから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    1月31日、ロータス・ルノーGPのリザーブドドライバーとして就任する事を発表された。ハンガリーGPでは金曜フリー走行を行った。続くベルギーGPでは、同GPとイタリアGPにてニック・ハイドフェルドに変わって出走することが決定し、後にハイドフェルドがチームを離れることに合意したため、残りも全戦で出走することが決まった。ブルーノ・セナ フレッシュアイペディアより)

  • 2001年オーストラリアグランプリ

    2001年オーストラリアグランプリから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ザウバーのニック・ハイドフェルドが4位でフィニッシュし、F1における初のポイントを獲得、彼の新たなチームメイトのキミ・ライコネンはデビュー戦を6位で終えた。ライコネンにとってこのレースは24回目のレースであった。オリビエ・パニスとヨス・フェルスタッペンはイエローフラッグの間に追い越しを行ったとして25秒のペナルティが加算された(パニスは4位、フェルスタッペンは9位でのフィニッシュであった)。2001年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 5月10日

    5月10日から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    1977年 - ニック・ハイドフェルド、F1レーサー5月10日 フレッシュアイペディアより)

  • ルーベンス・バリチェロ

    ルーベンス・バリチェロから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2010年のベルギーグランプリで、F1ドライバーとして初となる通算300戦参戦を達成したとされ、同グランプリで関係者から祝福を受けた。また同グランプリで行われたグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)の会合において、前任者のニック・ハイドフェルドの辞任に伴い、GPDAの会長に就任した。ルーベンス・バリチェロ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年日本グランプリ (4輪)

    2008年日本グランプリ (4輪)から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ホームグランプリに沸くトヨタが、Q1からその意気込みを見せた。トヨタのティモ・グロックがQ1でのトップタイムでをたたき出す。またこのときのタイム、1'17.945はQ1では唯一の1分17秒台で、続くマクラーレンのルイス・ハミルトンに0.126秒差でのトップタイムであった。初の母国GPに期待が集まるウイリアムズの中嶋一貴はなかなかタイムが出ず、チェッカーフラグ時にノックアウトゾーンに居たが、ラストラップで13番手の1'18.640のタイムでQ2に進出した。驚くべきことに、好調BMWザウバーのニック・ハイドフェルドがノックアウトされるなど波乱の展開となった。また、このラウンドではトップのグロックから、惜しくもノックアウトされたホンダのルーベンス・バリチェロまでの17台が1秒以内に収まるという接戦を演じた。2008年日本グランプリ (4輪) フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・シューマッハ

    ミハエル・シューマッハから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    連続完走:2008年シンガポールGPにてニック・ハイドフェルドが更新。ミハエル・シューマッハ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・EJ11

    ジョーダン・EJ11から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    続くブラジルも悪天候のレースとなったが、予選の好調さは継続した。チームはウェットコンディションの中、両車を同ラップでタイヤ交換を行い、表彰台のチャンスを逃すこととなった。フレンツェンは3位を走行したが8ラップ目に電気系のトラブルでリタイアし、トゥルーリが代わって3位を走行した。しかしながらタイヤ選択を誤ったため、ザウバーのニック・ハイドフェルド、BARのパニスに抜かれ4位でレースを終えた。ジョーダン・EJ11 フレッシュアイペディアより)

107件中 71 - 80件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード