107件中 81 - 90件表示
  • レベリオン・レーシング

    レベリオン・レーシングから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2012年2月1日にニック・ハイドフェルドがドライバーラインナップに加わり、同年開幕のFIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦することが発表された。またロータスがスポンサーにつくことが発表され、エントリー名はロータス・レベリオン・レーシングとなった。セブリング12時間レースで12号車のニコラス・プロスト/ニック・ハイドフェルド/ニール・ジャニが3位表彰台を獲得した。また同年プチ・ル・マンにも参戦、総合優勝を収めている。レベリオン・レーシング フレッシュアイペディアより)

  • ザウバー・C20

    ザウバー・C20から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ミカ・サロとペドロ・ディニスがチームを離脱し、ドライバー陣はデビュー2年目となるニック・ハイドフェルドと、ルーキーのキミ・ライコネンという若い組み合わせとなった。ザウバー・C20 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・アレジ

    ジャン・アレジから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2000年プロストに移籍。新天地で復活をかけるが、チーム状態は最悪。チームメイトのニック・ハイドフェルドとの同士撃ちをするなど成績は低迷。アレジの実力を持ってしても走らないマシンに手を焼きデビュー以来初のシーズンノーポイントに終わる。それでもアレジはチーム批判をすることなく残留を決意する。ジャン・アレジ フレッシュアイペディアより)

  • ティモ・グロック

    ティモ・グロックから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2004年にジョーダンのサードドライバーに選ばれた。そして同年、急遽F1参戦の機会を得る。第8戦カナダGPにジョルジオ・パンターノの代役として出走することになり、僅か4年のフォーミュラカーの経験でF1参戦を果たした。初めての予選でチームメイトのニック・ハイドフェルドに次ぐ16番手を獲得すると、決勝レースでは11位で完走を果たした。その後上位の4台が失格となったため繰り上がりで7位入賞となり、2ポイントを獲得した。続く第9戦アメリカGPからはパンターノが復帰したためサードドライバーに戻ったが、第16戦中国GPから最終戦ブラジルGPまでの3戦で再び出走する機会を得た。しかし翌年のオプションが制限されていたため、ジョーダンのシートを失い、F1を離れることになった。ティモ・グロック フレッシュアイペディアより)

  • ファン・パブロ・モントーヤ

    ファン・パブロ・モントーヤから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    翌年ニック・ハイドフェルドを退けてF3000シリーズチャンピオンとなり、ウィリアムズでのレギュラー昇格が噂されたが、CART王者アレックス・ザナルディの加入により実現せず。しかし、ザナルディとシートを交換する形でCARTのトップチーム、チップ・ガナッシと契約し、ヨーロッパから北米へ渡った。ファン・パブロ・モントーヤ フレッシュアイペディアより)

  • コデワ

    コデワから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2009年、コレス・チームはニック・ハイドフェルドのマネジャーを務めていたベルナー・ハインツとの共同経営で コレス・アンド・ハインツ・ユニオン(Kolles & Heinz Union)というチームで、再びユーロF3に参戦している。コデワ フレッシュアイペディアより)

  • レッドブル・リンク

    レッドブル・リンクから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    コントロールラインを越え、エステルライヒリンク名物である急勾配の上り坂の途中が1コーナーとなっている。右の90度ターンであるが、外側の縁石を大きく使う事ができるため、スタート時は外側のダートに大きく膨らむマシンが多かった。旧コースのインフィールドを利用したショートカットストレートを過ぎると、旧コースとの合流地点となる2コーナーへ入る。右へ大きく切り込む高難度のブラインドコーナーであり、2002年オーストリアGPでのニック・ハイドフェルドと佐藤琢磨の交錯事故など、様々なレースで事故が頻発した。レッドブル・リンク フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ウェバー

    マーク・ウェバーから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ジャガーを離れ、名門ウィリアムズに移籍、モナコGPでF1では初めての3位表彰台を獲得した。予選では相変わらずの速さを見せたが、決勝ではスタートで順位を落とすことが多く、レースペースにおいてもチームメイトであるニック・ハイドフェルドの後塵を拝することが多かったことから、関係者の間でもこれまでの高評価に疑問が呈された。マーク・ウェバー フレッシュアイペディアより)

  • ルノーF1

    ルノーF1から見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    ロータス・ルノーGPのドライバーは2010年シーズンと同じくクビサとペトロフ、テストドライバーはタン、ファイルーズ・ファウジー、ブルーノ・セナ、そして2009年シーズン以来の復帰となるグロージャンが務めると発表された。しかし、2011年2月6日に、イタリアでラリーに参戦していたクビサがクラッシュにより負傷、長期離脱を余儀なくされた。そこで、2010年シーズンいっぱいでレースシートを失っていたニック・ハイドフェルドがクビサの代役として参戦することになった。クビサの代役として見込まれたハイドフェルドだったが、結果的にチームの期待に応えることはできず、シーズン中盤のベルギーGPからはブルーノ・セナがレースシートに座ることとなる。次戦イタリアGP前にハイドフェルドはチームを正式に離脱することとなった。ルノーF1 フレッシュアイペディアより)

  • ジェンソン・バトン

    ジェンソン・バトンから見たニック・ハイドフェルドニック・ハイドフェルド

    2012年インドGPから2014年イタリアGPまで2年弱、36レース連続完走記録を持つ(そのうち2レースは完走扱い)。これはニック・ハイドフェルドの持つ41レース、セルジオ・ペレスの37レースに次ぐ記録である。ジェンソン・バトン フレッシュアイペディアより)

107件中 81 - 90件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード