前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たブルーノ・セナ

    ハイドフェルドの去就に関して先行き不透明であったが、2011年2月6日にロータス・ルノーGPのクビサがラリー事故により骨折する重傷となった為、クビサの容態が開幕戦バーレーンGPまでに完治して復帰できなかった場合を踏まえ、ロータス・ルノーGPは2月9日に同チームのテスト兼リザーブドライバーを務めるブルーノ・セナらと共にハイドフェルドもスペインのヘレスで行われる合同テストに参加することを発表した。2月12日、この日初めて駆るルノー・R31を86周走行し、全ドライバーの中で最速タイムを記録し、テスト後の16日にはクビサの復帰までロータス・ルノーGPに加入することが発表された。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たロバート・クビサ

    2006年のF1世界選手権よりドイツの自動車でありF1に精力的にエンジン供給などを行ってきたBMWが中堅コンストラクターであるザウバーを買収し、BMWザウバーとして参戦する。この参戦に伴いBMWがウィリアムズからオプション権を買い取り、ドイツ人でありBMWのサポートを受けているハイドフェルドはBMWザウバーのエースドライバーとしてレギュラー参戦することとなった。初めの12戦を元チャンピオンジャック・ヴィルヌーヴ、終盤の6戦を期待のルーキーロバート・クビサとともに戦い、2人を上回る戦績とパフォーマンスを示した。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たセルジオ・ペレス

    ハイドフェルドはピレリにおいてのタイヤテストを8月から9月16日にかけて数回行ったが、2010年9月14日、古巣BMWザウバーのレギュラードライバーにペドロ・デ・ラ・ロサの後任として9月17日より就任し、第15戦シンガポールGPからレース復帰することが発表された。それに伴いピレリのテストドライバーの座をロマン・グロージャンに譲り降板することとなった。日本GPでは、復帰後初の8位入賞を果たした。その後の韓国GPでも入賞したが、ザウバーは来シーズンハイドフェルドに代わり、多額のスポンサー料を持ち込んだとされるメキシコ人のセルジオ・ペレスを起用したため、再びレースシートを失うこととなった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たミカ・ハッキネン

    2001年にハイドフェルドはザウバーへ移籍した。移籍直度の開幕戦オーストラリアGPから入賞を果たし、第3戦ブラジルGPには初の表彰台を獲得するなど、チームメイトである新人のキミ・ライコネンより多いポイントを獲得する。ミカ・ハッキネン離脱により空席となったマクラーレンのシートにメルセデス契約下にあったハイドフェルドも候補として上がっていた。しかし、最終的にはマクラーレンのシートをライコネンが獲得することとなり、ハイドフェルド本人は大きな失望を味わうことになった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たラルフ・シューマッハ

    2005年、アントニオ・ピッツォニアとのレギュラーシート争いを経て、ウィリアムズへ移籍した。チームメイトにはラルフ・シューマッハの後任として加入したマーク・ウェバーとコンビを組むこととなった。第2戦マレーシアGPで自身2度目の表彰台(3位)、第6戦モナコGPで自己最高位の2位、第7戦ヨーロッパGPでも初のポールポジション獲得からの2位と活躍を見せ、開幕前はセカンドドライバー的な見方が多かったが、ウェバーに対して互角以上の成績を残した。イタリアGP前のモンツァ・テストでのクラッシュの影響により、イタリアGP・ベルギーGPを欠場し、復帰を目指したトレーニング中に再度負傷してしまい、結局ブラジルGP以降の残り3戦全てを欠場することとなり、ウィリアムズの戦闘力低下と相俟って「尻すぼみ」の印象を与えることとなった(しかし、この負傷についてはウィリアムズからBMWの新チームへ移籍するためにBMWと謀ったのではと噂が絶えなかった)。余談だが、ウィリアムズ離脱後のハイドフェルドの後任には開幕前にシート争いを演じたピッツォニアが収まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たヴィタリー・ペトロフ

    第2戦マレーシアGPでは3位表彰台を獲得するが、その後はチームメイトのヴィタリー・ペトロフと大差ない成績に終始し、第12戦ベルギーGPにはリザーブドライバーであるブルーノ・セナにシートを奪われた。チーム代表のエリック・ブーリエは、ハイドフェルドが期待したほどの速さを発揮せず、クビサに代わってチームをリードする能力を持っていなかったためにドライバーを変更した、と述べている。なお、このドライバー交代に関して、資金面で苦しいチームが、それを打開するために新たなスポンサーが期待できるセナを起用したとの見方もある。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たルーベンス・バリチェロ

    2010年のオーストラリアグランプリからグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)の会長を務めていたが、ピレリタイヤの開発ドライバー就任(またそれに伴うメルセデス・グランプリからの離脱)の影響から、同年8月に会長を辞任。後任にはルーベンス・バリチェロが就いた。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たジャック・ヴィルヌーヴ

    2006年のF1世界選手権よりドイツの自動車でありF1に精力的にエンジン供給などを行ってきたBMWが中堅コンストラクターであるザウバーを買収し、BMWザウバーとして参戦する。この参戦に伴いBMWがウィリアムズからオプション権を買い取り、ドイツ人でありBMWのサポートを受けているハイドフェルドはBMWザウバーのエースドライバーとしてレギュラー参戦することとなった。初めの12戦を元チャンピオンジャック・ヴィルヌーヴ、終盤の6戦を期待のルーキーロバート・クビサとともに戦い、2人を上回る戦績とパフォーマンスを示した。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たマーク・ウェバー

    2005年、アントニオ・ピッツォニアとのレギュラーシート争いを経て、ウィリアムズへ移籍した。チームメイトにはラルフ・シューマッハの後任として加入したマーク・ウェバーとコンビを組むこととなった。第2戦マレーシアGPで自身2度目の表彰台(3位)、第6戦モナコGPで自己最高位の2位、第7戦ヨーロッパGPでも初のポールポジション獲得からの2位と活躍を見せ、開幕前はセカンドドライバー的な見方が多かったが、ウェバーに対して互角以上の成績を残した。イタリアGP前のモンツァ・テストでのクラッシュの影響により、イタリアGP・ベルギーGPを欠場し、復帰を目指したトレーニング中に再度負傷してしまい、結局ブラジルGP以降の残り3戦全てを欠場することとなり、ウィリアムズの戦闘力低下と相俟って「尻すぼみ」の印象を与えることとなった(しかし、この負傷についてはウィリアムズからBMWの新チームへ移籍するためにBMWと謀ったのではと噂が絶えなかった)。余談だが、ウィリアムズ離脱後のハイドフェルドの後任には開幕前にシート争いを演じたピッツォニアが収まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たミハエル・シューマッハ

    BMWザウバーの撤退に伴い、ハイドフェルドはマクラーレンなどのいくつかのチームと交渉するも、どのチームも合意には至らなかった。このシーズンより参戦したメルセデスがドイツ人ドライバーを欲していた為にハイドフェルドが移籍することが濃厚でもあったが、ミハエル・シューマッハのF1復帰という不測の事態もあってシーズン開幕直前の2010年2月4日にメルセデスのテスト・リザーブドライバーとしての契約を結び、レギュラードライバーから退く事になってしまった。しかし、メルセデスはレギュラードライバーの経験向上を念頭とした為に、結局はメルセデスに在籍中に一度もハイドフェルドに対してテスト走行の機会を与えられる事はなかった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード