81件中 11 - 20件表示
  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たミカ・ハッキネン

    2001年ザウバーへ移籍。開幕戦オーストラリアGPで初入賞を果たし、第3戦ブラジルGPでは3位初表彰台を獲得するなど、チームメイトの新人キミ・ライコネンと共にザウバーのコンストラクターランキング4位獲得に貢献した。しかしながらミカ・ハッキネン離脱により空席となったマクラーレンのシートは、メルセデス契約下にあったハイドフェルドではなく、新人ながら印象的な速さをみせたライコネンが獲得することとなり、ハイドフェルドは大きな失望を味わうことになった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た小林可夢偉

    ハイドフェルドはピレリにおいてのタイヤテストを8月から9月16日にかけて数回行ったが、2010年9月14日、古巣ザウバーのレギュラードライバーにペドロ・デ・ラ・ロサの後任として9月17日より就任し、第15戦シンガポールGPからレース復帰することが発表された。チームメイトは小林可夢偉。それに伴いピレリのテストドライバーの座をロマン・グロージャンに譲り降板することとなった。日本GPでは、復帰後初の8位入賞を果たした。その後の韓国GPでも入賞したが、ザウバーは来シーズンハイドフェルドに代わり、メキシコ人のセルジオ・ペレスを起用したため、再びレースシートを失うこととなった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たジャン・アレジ

    2000年よりメルセデスの契約下、国際F3000選手権のタイトルを引っさげてプロスト・グランプリからF1デビュー。メルセデスの秘蔵っ子として期待されたがチームは混迷期にあり、ハイドフェルドはチームメイトのジャン・アレジとの接触など精彩を欠き、全く目立つことなく無得点に終わった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たペドロ・デ・ラ・ロサ

    ハイドフェルドはピレリにおいてのタイヤテストを8月から9月16日にかけて数回行ったが、2010年9月14日、古巣ザウバーのレギュラードライバーにペドロ・デ・ラ・ロサの後任として9月17日より就任し、第15戦シンガポールGPからレース復帰することが発表された。チームメイトは小林可夢偉。それに伴いピレリのテストドライバーの座をロマン・グロージャンに譲り降板することとなった。日本GPでは、復帰後初の8位入賞を果たした。その後の韓国GPでも入賞したが、ザウバーは来シーズンハイドフェルドに代わり、メキシコ人のセルジオ・ペレスを起用したため、再びレースシートを失うこととなった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たジェンソン・バトン

    イギリスF3選手権から飛び級でグランプリデビューした同じく新人のジェンソン・バトンに完全に話題をさらわれた形となってしまった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たメルセデスAMG F1

    この年にはメルセデスのワークスドライバーとしてル・マン24時間レースにも参戦したが、メルセデス・ベンツ・CLRが宙を飛ぶ事故を三度も起こしたことによりチームの判断で全車リタイアとなった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たブラジルグランプリ

    2001年ザウバーへ移籍。開幕戦オーストラリアGPで初入賞を果たし、第3戦ブラジルGPでは3位初表彰台を獲得するなど、チームメイトの新人キミ・ライコネンと共にザウバーのコンストラクターランキング4位獲得に貢献した。しかしながらミカ・ハッキネン離脱により空席となったマクラーレンのシートは、メルセデス契約下にあったハイドフェルドではなく、新人ながら印象的な速さをみせたライコネンが獲得することとなり、ハイドフェルドは大きな失望を味わうことになった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たマクラーレン

    1999年マクラーレンのテストドライバーを務める傍ら、引き続き国際F3000に参戦。4勝を挙げチャンピオン獲得、冷静なレース運びから「コンピューター・キッド」、「クイック・ニック」と称される。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たメルセデス・ベンツ

    2000年よりメルセデスの契約下、国際F3000選手権のタイトルを引っさげてプロスト・グランプリからF1デビュー。メルセデスの秘蔵っ子として期待されたがチームは混迷期にあり、ハイドフェルドはチームメイトのジャン・アレジとの接触など精彩を欠き、全く目立つことなく無得点に終わった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション

    2010年のオーストラリアグランプリからグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)の会長を務めていたが、ピレリタイヤの開発ドライバー就任(またそれに伴うメルセデスAMG F1からの離脱)の影響から、同年8月に会長を辞任。後任にはルーベンス・バリチェロが就いた。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

81件中 11 - 20件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード