81件中 41 - 50件表示
  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たファステストラップ

    太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。(key)ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たルノー・R31

    ハイドフェルドの去就に関して先行き不透明であったが、2011年2月6日にロータス・ルノーGPのクビサがラリー事故により骨折する重傷となった為、クビサの容態が開幕戦バーレーンGPまでに完治して復帰できなかった場合を踏まえ、ロータス・ルノーGPは2月9日に同チームのテスト兼リザーブドライバーを務めるブルーノ・セナらと共にハイドフェルドもスペインのヘレスで行われる合同テストに参加することを発表した。2月12日、ルノー・R31を86周走行し、最速タイムを記録し、テスト後の16日にはクビサの復帰までロータス・ルノーGPに加入することが発表された。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た自動車競技

    ニック・ラース・ハイドフェルド(Nick Lars Heidfeld, 1977年5月10日 - )は、西ドイツ・メンヒェングラートバッハ出身のレーシングドライバー。日本では「ハイドフェルド」と表記されることが多いが、ドイツ語の発音では「(ラルス・)ハイトフェルト」に近い音となる。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2009年のF1世界選手権

    2009年もBMWザウバーから参戦。KERSを搭載したマシンで臨んだ開幕戦オーストラリアGPだったが、決勝レースのスタート直後に他車と接触、終始後方でのレースとなり完走こそ果たしたものの無得点に終わった。足掛け3年にわたり更新し続けた連続完走記録は第13戦イタリアGPまで続き、第14戦シンガポールGPでスピンしたエイドリアン・スーティルに接触されてリタイアを余儀なくされ、連続完走記録は41で止まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たBMWザウバー・F1.06

    2007年4月28日にはイベントでニュルブルクリンクの北コースをBMWザウバー・F1\.06で3周走った。F1の車が北コースを走るのは実に31年ぶりであった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たメルセデス・ベンツ・CLR

    この年にはメルセデスのワークスドライバーとしてル・マン24時間レースにも参戦したが、メルセデス・ベンツ・CLRが宙を飛ぶ事故を三度も起こしたことによりチームの判断で全車リタイアとなった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たF1レギュレーション

    2002年には新人のフェリペ・マッサと組む。4回の入賞を果たしたが、得たポイントは7ポイントと前年より下回った。2003年もザウバーに残留した。ベテランのハインツ=ハラルト・フレンツェンと組んだ。レギュレーションでポイント制が8位までと広がった為、辛うじて3回の入賞を果たすも、フレンツェンには及ばなかった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2009年オーストラリアグランプリ

    2009年もBMWザウバーから参戦。KERSを搭載したマシンで臨んだ開幕戦オーストラリアGPだったが、決勝レースのスタート直後に他車と接触、終始後方でのレースとなり完走こそ果たしたものの無得点に終わった。足掛け3年にわたり更新し続けた連続完走記録は第13戦イタリアGPまで続き、第14戦シンガポールGPでスピンしたエイドリアン・スーティルに接触されてリタイアを余儀なくされ、連続完走記録は41で止まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たジョーダン・グランプリ

    2004年ジョーダンへ移籍。チームは末期的な状況で戦闘力の低いマシンであったが、モナコGPで入賞。又、カナダGPでも入賞を果たした。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2001年のF1世界選手権

    2001年ザウバーへ移籍。開幕戦オーストラリアGPで初入賞を果たし、第3戦ブラジルGPでは3位初表彰台を獲得するなど、チームメイトの新人キミ・ライコネンと共にザウバーのコンストラクターランキング4位獲得に貢献した。しかしながらミカ・ハッキネン離脱により空席となったマクラーレンのシートは、メルセデス契約下にあったハイドフェルドではなく、新人ながら印象的な速さをみせたライコネンが獲得することとなり、ハイドフェルドは大きな失望を味わうことになった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード