81件中 51 - 60件表示
  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たフォーミュラ3

    ドイツ国内のカート選手権でチャンピオンを獲得するなど活躍した後、1994年にドイツFF1600フォーミュラにステップアップ、1996年にドイツF3に参戦を果たし2年目となる1997年にタイトルを獲得した。1998年国際F3000へ。初年度ながらファン・パブロ・モントーヤとタイトル争いを演じる。が、最終戦で燃料規定違反が発覚し、ペナルティを受け最後尾スタートとなる。これでチャンピオンを逃しシリーズ2位で終わる。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2011年ベルギーグランプリ

    第2戦マレーシアGPでは3位表彰台を獲得するが、その後は予選でチームメイトのヴィタリー・ペトロフの後塵を拝す事が多く、また決勝においても上位に食い込めなくなるなど精彩を欠く。7月下旬には更迭は時間の問題であるとの憶測も流れていたが、8月24日に第12戦ベルギーGPにはリザーブドライバーのセナがハイドフェルドに代わって出走することが発表された。チーム代表のエリック・ブーリエや関係者によると、ハイドフェルドは期待したほどの速さやパフォーマンスがなく、クビサに代わってチームをリードする能力を持っていなかったと述べている。なお、このドライバー交代に関して、資金面で苦しいチームが、それを打開するために新たなスポンサーが期待できるセナを起用したとの見方も一部あるが、ブーリエは否定している。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2000年のF1世界選手権

    2000年よりメルセデスの契約下、国際F3000選手権のタイトルを引っさげてプロスト・グランプリからF1デビュー。メルセデスの秘蔵っ子として期待されたがチームは混迷期にあり、ハイドフェルドはチームメイトのジャン・アレジとの接触など精彩を欠き、全く目立つことなく無得点に終わった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たフォーミュラ3000

    ドイツ国内のカート選手権でチャンピオンを獲得するなど活躍した後、1994年にドイツFF1600フォーミュラにステップアップ、1996年にドイツF3に参戦を果たし2年目となる1997年にタイトルを獲得した。1998年国際F3000へ。初年度ながらファン・パブロ・モントーヤとタイトル争いを演じる。が、最終戦で燃料規定違反が発覚し、ペナルティを受け最後尾スタートとなる。これでチャンピオンを逃しシリーズ2位で終わる。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2011年マレーシアグランプリ

    第2戦マレーシアGPでは3位表彰台を獲得するが、その後は予選でチームメイトのヴィタリー・ペトロフの後塵を拝す事が多く、また決勝においても上位に食い込めなくなるなど精彩を欠く。7月下旬には更迭は時間の問題であるとの憶測も流れていたが、8月24日に第12戦ベルギーGPにはリザーブドライバーのセナがハイドフェルドに代わって出走することが発表された。チーム代表のエリック・ブーリエや関係者によると、ハイドフェルドは期待したほどの速さやパフォーマンスがなく、クビサに代わってチームをリードする能力を持っていなかったと述べている。なお、このドライバー交代に関して、資金面で苦しいチームが、それを打開するために新たなスポンサーが期待できるセナを起用したとの見方も一部あるが、ブーリエは否定している。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たニュルブルクリンク

    2007年4月28日にはイベントでニュルブルクリンクの北コースをBMWザウバー・F1.06で3周走った。F1の車が北コースを走るのは実に31年ぶりであった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たドイツ語

    ニック・ラース・ハイドフェルド(Nick Lars Heidfeld, 1977年5月10日 - )は、西ドイツ・メンヒェングラートバッハ出身のレーシングドライバー。日本では「ハイドフェルド」と表記されることが多いが、ドイツ語の発音では「(ラルス・)ハイトフェルト」に近い音となる。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たプロスト・グランプリ

    2000年よりメルセデスの契約下、国際F3000選手権のタイトルを引っさげてプロスト・グランプリからF1デビュー。メルセデスの秘蔵っ子として期待されたがチームは混迷期にあり、ハイドフェルドはチームメイトのジャン・アレジとの接触など精彩を欠き、全く目立つことなく無得点に終わった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たKERS

    2009年もBMWザウバーから参戦。KERSを搭載したマシンで臨んだ開幕戦オーストラリアGPだったが、決勝レースのスタート直後に他車と接触、終始後方でのレースとなり完走こそ果たしたものの無得点に終わった。足掛け3年にわたり更新し続けた連続完走記録は第13戦イタリアGPまで続き、第14戦シンガポールGPでスピンしたエイドリアン・スーティルに接触されてリタイアを余儀なくされ、連続完走記録は41で止まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2004年のF1世界選手権

    2004年ジョーダンへ移籍。チームは末期的な状況で戦闘力の低いマシンであったが、モナコGPで入賞。又、カナダGPでも入賞を果たした。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード