81件中 61 - 70件表示
  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2002年のF1世界選手権

    2002年には新人のフェリペ・マッサと組む。4回の入賞を果たしたが、得たポイントは7ポイントと前年より下回った。2003年もザウバーに残留した。ベテランのハインツ=ハラルト・フレンツェンと組んだ。レギュレーションでポイント制が8位までと広がった為、辛うじて3回の入賞を果たすも、フレンツェンには及ばなかった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たメンヒェングラートバッハ

    ニック・ラース・ハイドフェルド(Nick Lars Heidfeld, 1977年5月10日 - )は、西ドイツ・メンヒェングラートバッハ出身のレーシングドライバー。日本では「ハイドフェルド」と表記されることが多いが、ドイツ語の発音では「(ラルス・)ハイトフェルト」に近い音となる。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2010年シンガポールグランプリ

    ハイドフェルドはピレリにおいてのタイヤテストを8月から9月16日にかけて数回行ったが、2010年9月14日、古巣ザウバーのレギュラードライバーにペドロ・デ・ラ・ロサの後任として9月17日より就任し、第15戦シンガポールGPからレース復帰することが発表された。チームメイトは小林可夢偉。それに伴いピレリのテストドライバーの座をロマン・グロージャンに譲り降板することとなった。日本GPでは、復帰後初の8位入賞を果たした。その後の韓国GPでも入賞したが、ザウバーは来シーズンハイドフェルドに代わり、メキシコ人のセルジオ・ペレスを起用したため、再びレースシートを失うこととなった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2005年のF1世界選手権

    2005年、アントニオ・ピッツォニアとのレギュラーシート争いを経て、まさにテスト入団の形でウィリアムズへ移籍した。チームメイトにはラルフ・シューマッハの後任として加入したマーク・ウェバーとコンビを組むこととなった。第2戦マレーシアGPで自身2度目の3位表彰台、第6戦モナコGPで自己最高位の2位、第7戦ヨーロッパGPでは搭載燃料を軽くした戦略によるものではあったが、初のポールポジション獲得。決勝は3位を走行中、ラスト1周、首位ライコネンが1コーナーでタイヤトラブルによりクラッシュ、リタイヤとなると、労せずして2戦連続2位フィニッシュした。開幕前はセカンドドライバー的な見方が多かったが、ウェバーに対してほぼ互角の成績を残したといえる。イタリアGP前のモンツァ・テストでのクラッシュの影響により、イタリアGP・ベルギーGPを欠場し、復帰を目指したトレーニング中に再度負傷してしまい、結局ブラジルGP以降の残り3戦全てを欠場することとなり、ウィリアムズの戦闘力低下と相俟って「尻すぼみ」の印象を与えることとなった。余談だが、ハイドフェルド離脱によりラスト3戦はアントニオ・ピッツォニアがシートに収まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たフォーミュラE

    2012年以降はF1を離れ、世界耐久選手権(WEC)にレベリオン・レーシングから参戦。その他2013年にはアメリカン・ル・マン・シリーズに、2014年はフォーミュラEにも参戦している。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2006年のF1世界選手権

    2006年のF1世界選手権よりドイツの自動車メーカーでありF1にエンジン供給を行ってきたBMWが中堅コンストラクターであるザウバーの株式を取得し、BMWザウバーとして参戦する。これに伴い、BMWザウバーはウィリアムズからオプション権を買い取り、ハイドフェルドは古巣からレギュラー参戦することとなった。初めの12戦を元ワールドチャンピオンジャック・ヴィルヌーヴ、終盤の6戦をルーキーロバート・クビサとともに戦い、2人を上回るポイントを獲得した。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たルノーF1

    ハイドフェルドの去就に関して先行き不透明であったが、2011年2月6日にロータス・ルノーGPのクビサがラリー事故により骨折する重傷となった為、クビサの容態が開幕戦バーレーンGPまでに完治して復帰できなかった場合を踏まえ、ロータス・ルノーGPは2月9日に同チームのテスト兼リザーブドライバーを務めるブルーノ・セナらと共にハイドフェルドもスペインのヘレスで行われる合同テストに参加することを発表した。2月12日、ルノー・R31を86周走行し、最速タイムを記録し、テスト後の16日にはクビサの復帰までロータス・ルノーGPに加入することが発表された。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2003年のF1世界選手権

    2002年には新人のフェリペ・マッサと組む。4回の入賞を果たしたが、得たポイントは7ポイントと前年より下回った。2003年もザウバーに残留した。ベテランのハインツ=ハラルト・フレンツェンと組んだ。レギュレーションでポイント制が8位までと広がった為、辛うじて3回の入賞を果たすも、フレンツェンには及ばなかった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たウィリアムズF1

    2005年、アントニオ・ピッツォニアとのレギュラーシート争いを経て、まさにテスト入団の形でウィリアムズへ移籍した。チームメイトにはラルフ・シューマッハの後任として加入したマーク・ウェバーとコンビを組むこととなった。第2戦マレーシアGPで自身2度目の3位表彰台、第6戦モナコGPで自己最高位の2位、第7戦ヨーロッパGPでは搭載燃料を軽くした戦略によるものではあったが、初のポールポジション獲得。決勝は3位を走行中、ラスト1周、首位ライコネンが1コーナーでタイヤトラブルによりクラッシュ、リタイヤとなると、労せずして2戦連続2位フィニッシュした。開幕前はセカンドドライバー的な見方が多かったが、ウェバーに対してほぼ互角の成績を残したといえる。イタリアGP前のモンツァ・テストでのクラッシュの影響により、イタリアGP・ベルギーGPを欠場し、復帰を目指したトレーニング中に再度負傷してしまい、結局ブラジルGP以降の残り3戦全てを欠場することとなり、ウィリアムズの戦闘力低下と相俟って「尻すぼみ」の印象を与えることとなった。余談だが、ハイドフェルド離脱によりラスト3戦はアントニオ・ピッツォニアがシートに収まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たアメリカン・ル・マン・シリーズ

    2012年以降はF1を離れ、世界耐久選手権(WEC)にレベリオン・レーシングから参戦。その他2013年にはアメリカン・ル・マン・シリーズに、2014年はフォーミュラEにも参戦している。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

81件中 61 - 70件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード