1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示
  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2003年のF1世界選手権

    ライコネン移籍に伴い、2002年には新人のフェリペ・マッサと組む。4回の入賞を果たしマッサよりも戦績では上回るものの、得たポイントは7ポイントと前年より下回った。2003年もザウバーに残留した。ベテランのハインツ=ハラルト・フレンツェンと組んだ。レギュレーションでポイント制が8位までと広がった為、辛うじて3回の入賞を果たすも、フレンツェンの戦績には及ばなかった。又、ポテンシャルの低いマシンに手を焼いた。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2011年のF1世界選手権

    その後、10年近いF1でのキャリアを買われ2011年のF1世界選手権よりタイヤサプライヤーとなるピレリのテストドライバーに就任することとなった。尚、メルセデスとの契約は2010年8月に解除された。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たドイツ

    ニック・ラース・ハイドフェルド(Nick Lars Heidfeld、1977年5月10日 - )はドイツ、メンヒェングラートバッハ生まれのレーシングドライバー。日本では「ハイドフェルド」と表記されることが多いが、ドイツ語の発音では「(ラルス・)ハイドフェルト」に近い音となる。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2002年のF1世界選手権

    ライコネン移籍に伴い、2002年には新人のフェリペ・マッサと組む。4回の入賞を果たしマッサよりも戦績では上回るものの、得たポイントは7ポイントと前年より下回った。2003年もザウバーに残留した。ベテランのハインツ=ハラルト・フレンツェンと組んだ。レギュレーションでポイント制が8位までと広がった為、辛うじて3回の入賞を果たすも、フレンツェンの戦績には及ばなかった。又、ポテンシャルの低いマシンに手を焼いた。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たウィリアムズF1

    2005年、アントニオ・ピッツォニアとのレギュラーシート争いを経て、ウィリアムズへ移籍した。チームメイトにはラルフ・シューマッハの後任として加入したマーク・ウェバーとコンビを組むこととなった。第2戦マレーシアGPで自身2度目の表彰台(3位)、第6戦モナコGPで自己最高位の2位、第7戦ヨーロッパGPでも初のポールポジション獲得からの2位と活躍を見せ、開幕前はセカンドドライバー的な見方が多かったが、ウェバーに対して互角以上の成績を残した。イタリアGP前のモンツァ・テストでのクラッシュの影響により、イタリアGP・ベルギーGPを欠場し、復帰を目指したトレーニング中に再度負傷してしまい、結局ブラジルGP以降の残り3戦全てを欠場することとなり、ウィリアムズの戦闘力低下と相俟って「尻すぼみ」の印象を与えることとなった(しかし、この負傷についてはウィリアムズからBMWの新チームへ移籍するためにBMWと謀ったのではと噂が絶えなかった)。余談だが、ウィリアムズ離脱後のハイドフェルドの後任には開幕前にシート争いを演じたピッツォニアが収まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たフォーミュラ3000

    ドイツ国内のカート選手権でチャンピオンを獲得するなど活躍した後、1994年にドイツFF1600フォーミュラにステップアップ、1996年にドイツF3に参戦を果たし2年目となる1997年にタイトルを獲得した。1998年国際F3000へ。初年度ながらファン・パブロ・モントーヤとタイトル争いを演じる。が、最終戦で燃料規定違反が発覚し、ペナルティを受け最後尾スタートとなる。これでチャンピオンを逃しシリーズ2位で終わる。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2009年イタリアグランプリ

    2009年もBMWザウバーから参戦。KERSを搭載したマシンで臨んだ開幕戦オーストラリアGPだったが、決勝レースのスタート直後に他車と接触、終始後方でのレースとなり完走こそ果たしたものの無得点に終わった。足掛け3年にわたり更新し続けた連続完走記録は第13戦イタリアGPまで続き、第14戦シンガポールGPでスピンしたエイドリアン・スーティルに接触されてリタイアを余儀なくされ、連続完走記録は41で止まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2011年マレーシアグランプリ

    第2戦マレーシアGPでは3位表彰台を獲得するが、その後はチームメイトのヴィタリー・ペトロフと大差ない成績に終始し、第12戦ベルギーGPにはリザーブドライバーであるブルーノ・セナにシートを奪われた。チーム代表のエリック・ブーリエは、ハイドフェルドが期待したほどの速さを発揮せず、クビサに代わってチームをリードする能力を持っていなかったためにドライバーを変更した、と述べている。なお、このドライバー交代に関して、資金面で苦しいチームが、それを打開するために新たなスポンサーが期待できるセナを起用したとの見方もある。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見た2004年モナコグランプリ

    2004年ジョーダンへ移籍。チームは末期的な状況で極端に戦闘力の低いマシンであったが、モナコGPで入賞。又、カナダGPでも入賞を果たした。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ハイドフェルド

    ニック・ハイドフェルドから見たモンツァ・サーキット

    2005年、アントニオ・ピッツォニアとのレギュラーシート争いを経て、ウィリアムズへ移籍した。チームメイトにはラルフ・シューマッハの後任として加入したマーク・ウェバーとコンビを組むこととなった。第2戦マレーシアGPで自身2度目の表彰台(3位)、第6戦モナコGPで自己最高位の2位、第7戦ヨーロッパGPでも初のポールポジション獲得からの2位と活躍を見せ、開幕前はセカンドドライバー的な見方が多かったが、ウェバーに対して互角以上の成績を残した。イタリアGP前のモンツァ・テストでのクラッシュの影響により、イタリアGP・ベルギーGPを欠場し、復帰を目指したトレーニング中に再度負傷してしまい、結局ブラジルGP以降の残り3戦全てを欠場することとなり、ウィリアムズの戦闘力低下と相俟って「尻すぼみ」の印象を与えることとなった(しかし、この負傷についてはウィリアムズからBMWの新チームへ移籍するためにBMWと謀ったのではと噂が絶えなかった)。余談だが、ウィリアムズ離脱後のハイドフェルドの後任には開幕前にシート争いを演じたピッツォニアが収まった。ニック・ハイドフェルド フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示

「ニック・ハイドフェルド」のニューストピックワード