前へ 1 次へ
7件中 1 - 7件表示
  • 全米プロゴルフ選手権

    全米プロゴルフ選手権から見たニック・プライスニック・プライス

    1992年:ニック・プライス(ベルリーブカントリークラブ、ミズーリ州)全米プロゴルフ選手権 フレッシュアイペディアより)

  • セベ・バレステロス

    セベ・バレステロスから見たニック・プライスニック・プライス

    彼の訃報に対してタイガー・ウッズは独創性を評価、ジャック・ニクラスは「情熱を持ち、偉大なエンターテイナーであった」、ニック・プライスは「ほとんどの選手は30から40種類の技術しか持っていないところ、1万通りの技術を持っていた」と語り、欧州PGAツアーはバレステロスの存在なくしてなかったと述べた。また中嶋常幸は1986年のマスターズでの思い出を語りながらライバルの死に涙を流し、青木功はフロリダ州の家に招待されたこと、尾崎将司はトラブルからの神懸り的な脱出ショットについての思い出を語った。石川遼も隣のホールや林の中からのリカバリーショットなどの伝説にあこがれていたと語った。セベ・バレステロス フレッシュアイペディアより)

  • 1957年のスポーツ

    1957年のスポーツから見たニック・プライスニック・プライス

    1月28日 - ニック・プライス(ジンバブエ、ゴルフ)1957年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジンバブエ

    ジンバブエから見たニック・プライスニック・プライス

    団体競技では過去2回ワールドカップに出場経験のあるラグビー、2003年にケニア・南アフリカとワールドカップ共催したクリケット、サッカー、テニス等が国際大会で実績を残してきた分野である。またゴルフではワールドゴルフランキング1位にもなった1990年代を代表するプロゴルフ選手の一人であるニック・プライスが、競泳ではオリンピックや世界水泳選手権で多くのメダル獲得や世界記録を打ち立てたカースティ・コベントリーが活躍している。しかし2000年以降のムガベによる独裁政治の加速とそれに伴う国内政治・経済の混乱により、スポーツ分野も大きなダメージを受けている。ジンバブエ フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たニック・プライスニック・プライス

    18ホール最少スコア:63、ニック・プライス(1986年3日目)、グレグ・ノーマン(1996年1日目)マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見たニック・プライスニック・プライス

    冗談で「野球より好きだ」と公言するほどのゴルフ好き。50歳の誕生日を迎えた際、「49歳でアメリカへ渡り、50歳のときにゴルフのシニアツアーに参戦。全米シニアで同世代のグレグ・ノーマンやニック・プライスと戦う。37歳で現役引退したとき、そう思ったんだ」と発言したほど。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

  • 世界ジュニアゴルフ選手権

    世界ジュニアゴルフ選手権から見たニック・プライスニック・プライス

    過去にはタイガー・ウッズ、ロレーナ・オチョア、アーニー・エルス、フィル・ミケルソン、コーリー・ペイビン、ニック・プライスらが優勝している。世界ジュニアゴルフ選手権 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
7件中 1 - 7件表示

「ニック・プライス」のニューストピックワード