前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示
  • 世界ジュニアゴルフ選手権

    世界ジュニアゴルフ選手権から見たニック・プライスニック・プライス

    過去にはタイガー・ウッズ、ロレーナ・オチョア、アーニー・エルス、フィル・ミケルソン、コーリー・ペイビン、ニック・プライスらが優勝している。世界ジュニアゴルフ選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・デーリー

    ジョン・デーリーから見たニック・プライスニック・プライス

    4歳からゴルフを始め、テレビに映るジャック・ニクラスを手本にスイングを習得して、1987年にプロ入り。デーリーは1991年からPGAツアーに本格参戦を開始したが、その年いきなりクルックドスティックゴルフクラブ(7289ヤード、パー72)開催の第73回全米プロゴルフ選手権で優勝した。ニック・プライスが妻の初産に立ち会うため大会直前に出場辞退して、巡り巡って補欠9番目のデーリーが出場することになり、デーリーは急遽アーカンソー州から会場まで車を走らせ、到着したのは大会初日の朝で、練習ラウンドはおろか、ドライビングレンジで一球も打たずにぶっつけ本番で臨んだが、プライスのキャディの"スクイーキー"ジェフ・メドレンが臨時キャディとして援護して、初日69の好発進、2日目は67、予選通算8アンダーで首位に立つと、3日目69で首位キープ、4日目は71、4日間通算 12 アンダーパー(-12, 276ストローク)で回り、2位のブルース・リツキー(アメリカ)に3打差をつけ、ツアー初優勝をメジャー大会で挙げた選手のひとりになった。この大会ではグレグ・ノーマンも愛用したことのあるコブラ社製作の白色セラミックヘッドのドライバーを使用した。それから、デーリーは1992年9月の「BCオープン」と1994年5月の「ベルサウス・クラシック」で優勝する。デーリーの選手経歴のハイライトは、29歳の時に1995年の第124回全英オープンで訪れた。この大会は名門のセント・アンドルーズにあるR&Aゴルフクラブのオールドコースで開催され、トム・キッドによるセント・アンドルーズ開催の全英オープン初制覇から122年後であり、アーノルド・パーマーの全英オープン引退試合でもあった。デーリーは72ホール終了時点で通算 6 アンダーパー(-6, 282ストローク)で並んだコスタンティノ・ロッカ(イタリア)とのプレーオフを制した。最終日最終組のロッカは72ホール目(最終18番ホール)で、セント・アンドルーズ・オールドコースでの全英オープン史上最も難しいパットと評される「罪の谷」越えの約20mのバーディパットを決めて、土壇場でデーリーに並んだが、4ホール(1-2-17-18番ホール)によるプレーオフでデーリーの前に力尽きた。プレーオフはデーリー1アンダー、ロッカ3オーバーでの決着。1番ホールでロッカが3パット、2番ホールでデーリーが約30フィートのバーディパットを沈めて2打差、17番ホールでロッカがロードバンカーから脱出するのに3打を要しトリプルボギーで勝負あり。“ゴルフの聖地”で栄冠を獲得したデーリーは、30歳の誕生日を迎える前にメジャー2冠(以上)を獲得した4人目の選手になった(デーリーの前にはジャック・ニクラス、トム・ワトソン、ジョニー・ミラーがいた)。この全英オープンでは、ウィルソン社製作のINVEXという名の異形の流線形コンパクトヘッドを持つドライバーを使用した。ジョン・デーリー フレッシュアイペディアより)

  • 1957年のスポーツ

    1957年のスポーツから見たニック・プライスニック・プライス

    1月28日 - ニック・プライス(ジンバブエ、ゴルフ)1957年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たニック・プライスニック・プライス

    44歳で臨んだ1994年の同コース開催の第123回全英オープンには、ファイルズが病気でキャディを引退していたので、ブルース・エドワーズがターンベリーに初めてキャディで随行した。スイング改造して臨んだワトソンは、初日68で4位タイ、2日目は65で首位、3日目は69で首位と1打差の3位タイ。最終日は7番ホールでバーディをとり単独首位に立ったが、8、9番ホールで連続ダブルボギーを叩いて優勝争いから後退、最終日のスコアは74、通算4アンダーで11位タイ。この年ワトソンはメジャーの4大会すべてでトップ15位入りを果たしたが、マスターズ(13位)、全米オープン(6位、オークモント)、全英オープンの3大会で最終日のスコアは74であった。この年2月6日ペブルビーチ・ナショナルプロアマの大会最終日にワトソンは74打を叩き、ともにこの日74のジョニー・ミラーに1打差で優勝を攫われて以来、呪われた1年であった。1994年のターンベリーの勝者はニック・プライスであり、最終日16番ホールでバーディ、17番ホールでイーグルを奪取して、2位に1打差で勝利した。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • セベ・バレステロス

    セベ・バレステロスから見たニック・プライスニック・プライス

    彼の訃報に接して、タイガー・ウッズは独創性を評価、ジャック・ニクラスは「情熱を持ち、偉大なエンターテイナーであった」、ニック・プライスは「ほとんどの選手は30から40種類の技術しか持っていないところ、1万通りの技術を持っていた」と語り、「欧州PGAツアーはバレステロスの存在なくしてなかった」と述べた。日本においても、中嶋常幸は1986年のマスターズでの思い出を語りながらライバルの死に涙を流し、青木功はフロリダ州の家に招待されたこと、尾崎将司はトラブルからの神懸り的な脱出ショットについての思い出を語った。石川遼も「隣のホールや林の中からのリカバリーショットなどの伝説に憧れていた」と語った。セベ・バレステロス フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ニクラス

    ジャック・ニクラスから見たニック・プライスニック・プライス

    1986年の第50回マスターズでは長男のジャック・ジュニアをキャディに従えて戦った。最終日4月13日は首位と4打差のスタートだったが、アウト35イン30の驚異的追い上げで「46歳2ヶ月23日」の最年長優勝記録を樹立した時には、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブに"Jack is Back" (ジャック・イズ・バック=ジャックが戻ってきた) の声が響き渡った。最終日のニクラスの詳細は以下の通り。2番ホールでバーディ。4番ホールでボギー。9、10、11番ホールでバーディ。12番ショートホールはボギー。13番ホールで2オン2パットのバーディ。15番ロングホールの第1打は、ドライバーでピンまで214ヤード地点に運び、第2打は4番アイアンでピン左3.5mに2オンして、1パットで沈めてイーグル。池越えの16番ホール (179ヤード、パー3) での5番アイアンでのティーショットはカップを嘗め、あわやホールインワンというスーパーショットでバーディ。17番ホールは、復活のメジャー優勝が目前で感極まり、涙でエイミングが定まらず「試合はまだ終わっていないのだぞ」と自分に言い聞かせてティーショットを打ち、ピン左4mからのバーディパットは、ほぼストレートの下りのスライスラインを読んで成功させた。9番ホールからの10ホールで、1イーグル、6バーディ、1ボギーの怒濤のフィニッシュであった。この大会でニクラスはレスポンスZTという名のアンサー型パターを使用した。1打差の2位には、18番ホールでセカンドショットをミスしてボギーとしたグレグ・ノーマンと18番のバーディーパットを惜しくも外して追いつけなかったトム・カイト。大会3日目には、2回目出場のニック・プライスがコースレコード63で廻った。ジャック・ニクラス フレッシュアイペディアより)

  • 1月28日

    1月28日から見たニック・プライスニック・プライス

    1957年 - ニック・プライス、ゴルファー1月28日 フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たニック・プライスニック・プライス

    18ホール最少スコア:63、ニック・プライス(1986年3日目、10バーディー・1ボギー)、グレグ・ノーマン(1996年1日目、9バーディー)マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • ジンバブエ

    ジンバブエから見たニック・プライスニック・プライス

    団体競技では過去2回ワールドカップに出場経験のあるラグビー、2003年にケニア・南アフリカとワールドカップ共催したクリケット、サッカー、テニス等が国際大会で実績を残してきた分野である。またゴルフではワールドゴルフランキング1位にもなった1990年代を代表するプロゴルフ選手の一人であるニック・プライスが、競泳ではオリンピックや世界水泳選手権で多くのメダル獲得や世界記録を打ち立てたカースティ・コベントリーが活躍している。しかし2000年以降のムガベによる独裁政治の加速とそれに伴う国内政治・経済の混乱により、スポーツ分野も大きなダメージを受けている。ジンバブエ フレッシュアイペディアより)

  • PGAツアー

    PGAツアーから見たニック・プライスニック・プライス

    Players with 2 wins in 1991: ビリー・アンドレード, マーク・ブルックス, フレッド・カプルス, アンドリュー・マギー, コリー・ペイビン, ニック・プライス, トム・パーツァー, イアン・ウーズナムPGAツアー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示

「ニック・プライス」のニューストピックワード