1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示
  • ニック・プライス

    ニック・プライスから見たダーバン

    プライスの出身地は南アフリカ・ダーバンであるが、8歳の時にジンバブエ(当時の国名はローデシア)に引っ越した。彼がゴルフを始めたのはその後だったという。17歳の時にアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴにある「トーリー・パインズ・ゴルフクラブ」(Torrey Pines)で行われる「世界ジュニアゴルフ選手権」で優勝し、1977年に20歳でプロ入り。1978年からヨーロッパツアーに参戦を開始し、1980年の「キヤノン・ヨーロピアン・マスターズ」で優勝した。1983年に「NECワールドシリーズ・オブ・ゴルフ」(現在のブリヂストン招待選手権)でアメリカPGAツアー初優勝。しかし、その後に数年間の低迷期が訪れ、プライスのゴルフ経歴が開花したのは1990年代に入ってからであった。ニック・プライス フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プライス

    ニック・プライスから見たハサン2世ゴルフ・トロフィー

    1995 ハサン2世ゴルフ・トロフィー (モロッコ), ジンバブエ・オープンニック・プライス フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プライス

    ニック・プライスから見たサンディエゴ

    プライスの出身地は南アフリカ・ダーバンであるが、8歳の時にジンバブエ(当時の国名はローデシア)に引っ越した。彼がゴルフを始めたのはその後だったという。17歳の時にアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴにある「トーリー・パインズ・ゴルフクラブ」(Torrey Pines)で行われる「世界ジュニアゴルフ選手権」で優勝し、1977年に20歳でプロ入り。1978年からヨーロッパツアーに参戦を開始し、1980年の「キヤノン・ヨーロピアン・マスターズ」で優勝した。1983年に「NECワールドシリーズ・オブ・ゴルフ」(現在のブリヂストン招待選手権)でアメリカPGAツアー初優勝。しかし、その後に数年間の低迷期が訪れ、プライスのゴルフ経歴が開花したのは1990年代に入ってからであった。ニック・プライス フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プライス

    ニック・プライスから見た南アフリカ共和国

    プライスの出身地は南アフリカ・ダーバンであるが、8歳の時にジンバブエ(当時の国名はローデシア)に引っ越した。彼がゴルフを始めたのはその後だったという。17歳の時にアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴにある「トーリー・パインズ・ゴルフクラブ」(Torrey Pines)で行われる「世界ジュニアゴルフ選手権」で優勝し、1977年に20歳でプロ入り。1978年からヨーロッパツアーに参戦を開始し、1980年の「キヤノン・ヨーロピアン・マスターズ」で優勝した。1983年に「NECワールドシリーズ・オブ・ゴルフ」(現在のブリヂストン招待選手権)でアメリカPGAツアー初優勝。しかし、その後に数年間の低迷期が訪れ、プライスのゴルフ経歴が開花したのは1990年代に入ってからであった。ニック・プライス フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プライス

    ニック・プライスから見たアイゼンハワートロフィー

    1976年:アイゼンハワートロフィー(ジンバブエ代表として)ニック・プライス フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プライス

    ニック・プライスから見たターンベリー

    1991年にPGAツアーの「バイロン・ネルソン・クラシック」と「カナディアン・オープン」に優勝してから、プライスは全盛期を迎える。1992年の第74回全米プロゴルフ選手権では4日間アンダーパーで廻り、メジャー大会初優勝を達成。1993年はPGAツアーで年間4勝を挙げたが、その中にはメジャー大会に次ぐ規模を誇る「プレーヤーズ選手権」(3月最終週)の優勝も含まれている。1994年、ニック・プライスは全英オープンと全米プロゴルフ選手権でメジャー大会2連勝を成し遂げ、メジャー通算「3勝」を飾った。全英オープンはターンベリー開催で、最終日に16番ホールでバーディ、17番ホールで約20mのイーグルパットを決めて、12アンダーパーで2位に1打差での優勝であった。全米プロゴルフ選手権は2年ぶり2度目の優勝となる。これでプライスは1993年と1994年の2年連続でPGAツアーの賞金王となり、「年間最優秀選手」にも選出された。1994年はメジャー大会2連勝もあり、世界ランキングでも年間最終ランキング1位になっている。なお、3勝を挙げたメジャー大会では、1997年6月に白血病で亡くなった"スクイーキー(Squeeky)"ジェフ・メドレンがキャディを務めた。ニック・プライス フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プライス

    ニック・プライスから見たサントリーオープンゴルフトーナメント

    その後の成績は、1999年に日本の「サントリーオープン」で優勝がある。最近は2002年5月にPGAツアーの「マスターカード・コロニアル」で優勝した。2002年に、プライスは「ペイン・スチュワート賞」(1999年に飛行機事故死したペイン・スチュワートの功績を讃えて設けられた)を受賞し、2003年に世界ゴルフ殿堂入りを果たした。プライスはまた、南アフリカや南米などを中心にゴルフコースの設計にも携わっている。2007年からは、50歳以上の選手を対象とする「チャンピオンズツアー」に転戦を開始した。ニック・プライス フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プライス

    ニック・プライスから見たチャンピオンズツアー

    その後の成績は、1999年に日本の「サントリーオープン」で優勝がある。最近は2002年5月にPGAツアーの「マスターカード・コロニアル」で優勝した。2002年に、プライスは「ペイン・スチュワート賞」(1999年に飛行機事故死したペイン・スチュワートの功績を讃えて設けられた)を受賞し、2003年に世界ゴルフ殿堂入りを果たした。プライスはまた、南アフリカや南米などを中心にゴルフコースの設計にも携わっている。2007年からは、50歳以上の選手を対象とする「チャンピオンズツアー」に転戦を開始した。ニック・プライス フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プライス

    ニック・プライスから見た世界ジュニアゴルフ選手権

    プライスの出身地は南アフリカ・ダーバンであるが、8歳の時にジンバブエ(当時の国名はローデシア)に引っ越した。彼がゴルフを始めたのはその後だったという。17歳の時にアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴにある「トーリー・パインズ・ゴルフクラブ」(Torrey Pines)で行われる「世界ジュニアゴルフ選手権」で優勝し、1977年に20歳でプロ入り。1978年からヨーロッパツアーに参戦を開始し、1980年の「キヤノン・ヨーロピアン・マスターズ」で優勝した。1983年に「NECワールドシリーズ・オブ・ゴルフ」(現在のブリヂストン招待選手権)でアメリカPGAツアー初優勝。しかし、その後に数年間の低迷期が訪れ、プライスのゴルフ経歴が開花したのは1990年代に入ってからであった。ニック・プライス フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プライス

    ニック・プライスから見たヨーロッパ

    プロゴルファーの国際化にともなって、1994年からヨーロッパ出身者以外の国際選手たちがアメリカ選抜チームと戦う新しい団体戦「プレジデンツカップ」が創設された。ライダーカップはアメリカ選抜チームとヨーロッパ出身者のみに限定されているため、同じ方式の団体戦としてプレジデンツカップを新設し、ライダーカップと交互に開催することになったのである。ニック・プライスはジンバブエのゴルファーとして、第1回大会の1994年大会からずっと「国際選抜チーム」に参加し、2003年大会まで5回連続で出場した。ニック・プライス フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示

「ニック・プライス」のニューストピックワード