150件中 91 - 100件表示
  • 2000-2001シーズンのNBA

    2000-2001シーズンのNBAから見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    マイアミ・ヒートのアロンゾ・モーニングは腎臓の疾患でシーズン前から全休が決定。そのヒートはシャーロット・ホーネッツとのトレードでエディー・ジョーンズ、アンソニー・メイスンらを獲得し、代わりにジャマール・マッシュバーン、P・J・ブラウンらを放出した。2000-2001シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1988-1989シーズンのNBA

    1988-1989シーズンのNBAから見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    新たにマイアミ・ヒートとシャーロット・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ホーネッツ)が加盟し、チーム数は25チームにまで増加。このため、サクラメント・キングスはパシフィック・デビジョンに編入された。ファッションデザイナーのアレクサンダー・ジュリアンの手により制作されたホーネッツのユニフォームは、当時のスポーツ界に衝撃を与えた。ホーネッツのチームカラーとなった暗緑色がかった青色(鴨の羽色)は1980年代後半から90年代前半のスポーツ界の流行色となり、サンノゼ・シャークスやジャクソンビル・ジャガーズ、フロリダ・マーリンズなど、多くのプロスポーツチームが鴨の羽色をチームカラーに採用した。NBAでも90年代中頃のデトロイト・ピストンズや初期のバンクーバー・グリズリーズが採用している。1988-1989シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1989-1990シーズンのNBA

    1989-1990シーズンのNBAから見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    新たにミネソタ・ティンバーウルブズとオーランド・マジックの2チームが加盟し、チーム数は27に増加。これに伴いシャーロット・ホーネッツはミッドウエスト・デビジョンに編入された。1989-1990シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1990-1991シーズンのNBA

    1990-1991シーズンのNBAから見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ケリー・トリプッカ (1981-91) 80年代のデトロイト・ピストンズ躍進の立役者の一人だが、1986年にエイドリアン・ダントリーとのトレードのためユタ・ジャズに移籍し、ラスト3シーズンはシャーロット・ホーネッツで過ごした。引退後は解説者、スカウト職を務めた。1990-1991シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1991-1992シーズンのNBA

    1991-1992シーズンのNBAから見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ドラフトではラリー・ジョンソンがシャーロット・ホーネッツから全体1位指名を受けた。またディケンベ・ムトンボが全体4位指名でデンバー・ナゲッツに、ほか、ケニー・アンダーソン、スティーヴ・スミス、テレル・ブランドン、デイル・デイヴィス、クリス・ガトリング、リック・フォックスらが指名を受けている。1991-1992シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1994-1995シーズンのNBA

    1994-1995シーズンのNBAから見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    シャーロット・ホーネッツは当時のフランチャイズ記録となる50勝を記録するが、オフにはアロンゾ・モーニングがチームを去ってしまう。1994-1995シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1998-1999シーズンのNBA

    1998-1999シーズンのNBAから見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    グレン・ライス、ブラディー・ディバッツらを失ったシャーロット・ホーネッツは開幕から不振に陥り、シーズン途中でデイブ・コーウェンスがヘッドコーチを解任された。ポール・サイラス新HC就任後は持ち直し、勝率も5割を越えたが、惜しくもプレーオフには届かなかった。1998-1999シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1999-2000シーズンのNBA

    1999-2000シーズンのNBAから見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    前季戦力の流出でプレーオフ出場を逃したシャーロット・ホーネッツは、前季途中からヘッドコーチに就いたポール・サイラス采配のもと、新戦力のエディー・ジョーンズやデリック・コールマンが中心となるチームに生まれ変わり、49勝を記録してプレーオフにも復帰した。1999-2000シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • プレドラグ・ストヤコヴィッチ

    プレドラグ・ストヤコヴィッチから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2005-06シーズンは開幕から不調が続き、波に乗れない状態が続いていた。キングスは彼の放出を決断し、ロン・アーテストとのトレードで、シーズン途中にインディアナ・ペイサーズに移籍した。移籍後、ペイサーズのチーム平均得点は上昇。自身も輝きを取り戻し、チームもプレーオフに進出した。しかしニュージャージー・ネッツ相手に1回戦敗退を喫し、ストヤコビッチはそのままフリーエージェントとなって去就が注目されることになった。当初は残留(再契約)を望んでいたものの、結局、長期契約でニューオーリンズ・ホーネッツへの移籍が決定した。プレドラグ・ストヤコヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ムーチー・ノリス

    ムーチー・ノリスから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2003-04シーズン途中に、クラレンス・ウェザースプーンと交換でニューヨーク・ニックスへトレードされ、2004-05シーズン途中には、モーリス・テイラーとのトレードでロケッツに復帰し、プレイオフに初めて出場した。翌2005-06シーズンは、シーズン途中でマチェイ・ランペと交換でニューオーリンズ・ホーネッツへトレードされ、16試合に出場して出場時間は増えたが、2006年6月に解雇された。ムーチー・ノリス フレッシュアイペディアより)

150件中 91 - 100件表示

「ニューオーリンズ・ホーネッツ」のニューストピックワード