150件中 11 - 20件表示
  • 2005-2006シーズンのNBA

    2005-2006シーズンのNBAから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツは8月に発生したハリケーン・カトリーナの被害を受け、一時的に本拠地をニューオーリンズからオクラホマシティに移した。この間、「ニューオリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツ」と呼称した。2005-2006シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ジョーダン

    マイケル・ジョーダンから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    1995年3月に再びブルズに復帰。メディアは大々的にジョーダンの復帰を報じた。シーズン末の17試合に参加し、チームはプレーオフに臨んだ。プレーオフでは、1回戦でシャーロット・ホーネッツを3勝1敗で下し、続くカンファレンス・セミファイナルではオーランド・マジックと対戦した。オーランドはシャキール・オニールとアンファニー・ハーダウェイという二人の才能ある若手を擁した新進気鋭のチームだった。このシリーズ、ジョーダンは重要な場面で些細なミスを繰り返し、2勝4敗でブルズが敗退する原因の一つとなった。マイケル・ジョーダン フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー・メイソン

    ロジャー・メイソンから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ロジャー・メイソン(Roger Philip Mason, Jr., 1980年9月10日 - )はアメリカ合衆国ワシントンD.C.出身のバスケットボール選手。NBAのニューオーリンズ・ホーネッツに所属している。ポジションはガード。196cm、93cm。ロジャー・メイソン フレッシュアイペディアより)

  • シャーロット・ホーネッツ

    シャーロット・ホーネッツから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    シャーロット・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオリンズ・ホーネッツ

    ニューオリンズ・ホーネッツから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • New Orleans Hornets

    New Orleans Hornetsから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    New Orleans Hornets フレッシュアイペディアより)

  • Charlotte Hornets

    Charlotte Hornetsから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    Charlotte Hornets フレッシュアイペディアより)

  • スチュアート・グレイ (バスケットボール)

    スチュアート・グレイ (バスケットボール)から見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ロサンゼルスのグラナダヒルズ地区にあるジョン・F・ケネディ高校で活躍した後、UCLAを経て、1984年のNBAドラフトのドラフト2巡目全体29位でインディアナ・ペイサーズに指名されて入団した。5シーズンをペイサーズで過ごした後、シャーロット・ホーネッツ(1989/90)、ニューヨーク・ニックス(1989/90-1990/91)でプレイした。NBAでの通算成績は1試合あたり2.3得点、2.6リバウンドスチュアート・グレイ (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • クエンティン・リチャードソン

    クエンティン・リチャードソンから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ルーキーシーズンは76試合に出場(28試合に先発出場)し、1試合平均8.1得点3.4リバウンドの成績を残す。その後3年間クリッパーズでプレー。03-04シーズンにはキャリア最高となる1試合平均17.2得点6.4リバウンド、1.2スティールの活躍を見せた。フリーエージェントとなった彼は04-05シーズンにフェニックス・サンズへ移籍。リーグ最多の631本の3ポイントシュートを放ち226本を成功させダン・マーリーが持っていたサンズのチーム記録199本を塗り替える活躍を見せた。この記録はカイル・コーバーと共にシーズン記録となった。また2004年12月29日に行われたニューオーリンズ・ホーネッツ戦ではチーム新記録となる9本のスリーポイントを決めている。この年彼はオールスターウィークに行われたシュートアウトに出場し優勝した。クエンティン・リチャードソン フレッシュアイペディアより)

  • ボスジャン・ナックバー

    ボスジャン・ナックバーから見たニューオリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2002年のNBAドラフトで1巡目15位でヒューストン・ロケッツに入団。1巡目指名プレイヤーながら1年目の1試合平均出場時間は僅か5.5分だった。2年目も殆ど出場期間を与えられずシーズン後半には完全にローテーションから外されると、3年目となる2004-2005シーズン中にニューオリンズ・ホーネッツに移籍する。ホーネッツではようやくまとまった出場時間を与えられるようになり、それに伴ってスタッツは向上するも、2005-2006シーズンには膝を故障し、再び出場機会は減少。シーズン途中にニュージャージー・ネッツに移籍。2006?2007シーズンは同ポジション不動のスターターであったリチャード・ジェファーソンがシーズン中に手術をしたため、ナックバーは多くの出場時間を与えられ、得点面で活躍、個人スタッツの多くの項目でキャリアハイを更新し、得意の3ポイントシュートは成功率でリーグ11位にランクされた。ボスジャン・ナックバー フレッシュアイペディアより)

150件中 11 - 20件表示