150件中 41 - 50件表示
  • エディー・ジョーンズ (バスケットボール)

    エディー・ジョーンズ (バスケットボール)から見たニューオリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    1994年のNBAドラフトでロサンゼルス・レイカーズから1巡目10位指名を受けてNBA入りを果たす。ルーキーイヤーは14得点2スティールのアベレージを残し、オールルーキーファーストチームに選出される。またオールスターウィークエンドのルーキーチャレンジに参加し、ゲームハイの25得点をあげてMVPに選ばれた。マジック・ジョンソンの引退から負け越しのシーズンが続いていたレイカーズは、ジョーンズが加入したシーズンよりチーム成績が向上し始め、1996年にはシャキール・オニールが移籍し、レイカーズは西の強豪の地位を取り戻すことに成功。ジョーンズはオニールに続くチーム2番目のスコアラーとして活躍し、1996-1997シーズンには通算得点でチームトップとなった。またこのシーズンにオールディフェンスチームに初めて選ばれ、オールスターゲームにも初出場を果たした。1997-1998シーズンにレイカーズは61勝21敗の好成績を残し、カンファレンスファイナルにまで進出するなど、ファイナル制覇も十分に狙えるチームにまで成長したが、ジョーンズは成長著しい若手シューティングガードのコービー・ブライアントとポジションが重なるため、1998-1999シーズン中にシャーロット・ホーネッツにトレードされた(レイカーズは翌シーズンからファイナル3連覇を果たす)。エディー・ジョーンズ (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・デイビス

    リッキー・デイビスから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    アイオワ大学在学中に、NBAドラフトにアーリーエントリーすることを宣言。1998年のNBAドラフトで全体21位でシャーロット・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ホーネッツ)に指名された。リッキー・デイビス フレッシュアイペディアより)

  • ソロモン・ジョーンズ

    ソロモン・ジョーンズから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2012年1月3日、ロサンゼルス・クリッパーズと契約。、10試合に出場した後、ウェーバーされた。2月15日、ニューオーリンズ・ホーネッツと10日間契約を結び、さらに2月27日、2度目の10日間契約を結んだ、。ソロモン・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリス・リード

    ウィリス・リードから見たニューオリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    引退後は、ニックス、クレイトン大学でヘッドコーチを務めた後、ニュージャージー・ネッツのジェネラルマネージャー、副社長に就任。1987-88シーズン途中から1988-89シーズンまで自ら指揮を執った後、ドラフトでデリック・コールマン、ケニー・アンダーソンらを指名、さらには名将チャック・デイリーを招聘し、80年代のプレイオフ進出に大きな役割を果たした。現在はニューオリンズ・ホーネッツの副社長を務めている。ウィリス・リード フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・マークス

    ショーン・マークスから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ショーン・マークス(Sean Marks)ことショーン・アンドリュー・マークス(Sean Andrew Marks, 1975年8月23日 - )は、ニュージーランドオークランド出身のプロバスケットボール選手。NBAのニューオーリンズ・ホーネッツに所属している。ポジションはパワーフォワード、センター。身長208cm、体重114kg。ニュージーランド人史上初のNBAプレイヤー。ショーン・マークス フレッシュアイペディアより)

  • デイモン・スタウダマイアー

    デイモン・スタウダマイアーから見たニューオリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    端を発したのはスタウダマイアーの自動車運転中のスピード違反であった。この時スタウダマイアーの所持物のなかにマリファナが見つかり逮捕されると、さらにチームメイトのラシード・ウォーレス、キンテル・ウッズがマリファナ所持で相次いで逮捕され、さらにはウォーレスとルーベン・パターソンが練習中に乱闘を演じるなど不祥事が絶えず、「ジェイル(監獄)・ブレイザーズ」と揶揄されるまでになった。混沌とした02-03シーズンを送ったスタウダマイアーは、6.9得点3.5アシストとプレイでも過去最低の数字を弾き出した。翌03-04シーズンには13.4得点6.1アシストと復調したが、チーム戦績は低下する一方でこのシーズンにはついに5割となり、プレイオフ出場も逃した。04-05シーズンには27勝55敗にまで成績が落ち込み、不動の先発PGであったスタウダマイアーも8シーズン過ごしたブレイザーズをついに離れることになったが、ブレイザーズでのラストシーズンとなったこの年、スタウダマイアーは2つの記録を樹立した。まずは2005年1月14日のニューオリンズ・ホーネッツ戦でキャリアハイとなる54得点をあげたが、これはブレイザーズのフランチャイズ記録となった。さらに4月15日には1試合だけでスリーポイントシュート21本を放ち、1試合最多スリーポイントシュート試投数のNBA記録を作った(21本中5本成功)。デイモン・スタウダマイアー フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ロウサム

    ブライアン・ロウサムから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    1987年のNBAドラフトでインディアナ・ペイサーズに34位に指名される。翌年、シャーロット・ホーネッツに移籍。NBAでは3シーズンプレーして82試合出場457得点を残した。ブライアン・ロウサム フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・ピアース

    リッキー・ピアースから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ガーランド高校、ライス大学を経て1982年のNBAドラフトの1巡目全体18位でデトロイト・ピストンズに指名されて入団した。その後サンディエゴ・クリッパーズ、ミルウォーキー・バックス、シアトル・スーパーソニックス、ゴールデンステート・ウォリアーズ、インディアナ・ペイサーズ、デンバー・ナゲッツ、シャーロット・ホーネッツでプレイした後、バックスに復帰して1998年を最後に現役を引退した。リッキー・ピアース フレッシュアイペディアより)

  • ダレル・アームストロング

    ダレル・アームストロングから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    以後は、ニューオーリンズ・ホーネッツ(2003-04年)、ダラス・マーベリックス(2004-06年)、インディアナ・ペイサーズ(2006-07年)に移籍する。ペイサーズから放出された後、2007-08シーズンよりニュージャージー・ネッツと契約した。ダレル・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・トンプソン (バスケットボール)

    デイヴィッド・トンプソン (バスケットボール)から見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    スーパーソニックスを解雇されたトンプソンは、復帰するために1985年にインディアナ・ペイサーズのトライアウトを受けたが失敗。かつては史上最高額の契約を結んだトンプソンだったが、1986年には自己破産を申請した。以後も薬物の魔の手から逃れることはできず、1988年にはNBAの新球団、シャーロット・ホーネッツのコミュニティー・リレーションズ部門の部長に就任するも、薬物が原因で僅か3ヶ月で解雇された。その後チームに復帰し1993年まで若手育成のためのコーディネーターを務めた。デイヴィッド・トンプソン (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示

「ニューオーリンズ・ホーネッツ」のニューストピックワード