150件中 51 - 60件表示
  • ジェームス・ポージー

    ジェームス・ポージーから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    過去2度のファイナルでの活躍で株を上げたポージーは、2008年オフの7月にニューオーリンズ・ホーネッツと4年2500万ドルの大幅アップで契約した。ジェームス・ポージー フレッシュアイペディアより)

  • トラビス・ウィリアムズ (バスケットボール)

    トラビス・ウィリアムズ (バスケットボール)から見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    サウスカロライナ州立大学から1997年9月にシャーロット・ホーネッツと契約、1999年までプレーした。トラビス・ウィリアムズ (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ゴードン

    エリック・ゴードンから見たニューオリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    エリック・ゴードン(Eric Gordon,1988年12月25日 - )はアメリカ合衆国出身のバスケットボール選手。インディアナ州インディアナポリス出身。アメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAのニューオリンズ・ホーネッツに所属している。エリック・ゴードン フレッシュアイペディアより)

  • ボンジー・ウェルズ

    ボンジー・ウェルズから見たニューオリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ボンジー・ウェルズ(Bonzi Wells,本名:Gawen Deangelo Wells, 1976年9月20日 - )は、アメリカ合衆国のバスケットボール選手。インディアナ州マンシー出身。現在は、NBAのニューオリンズ・ホーネッツに所属している。身長195cm、体重95kg。ポジションは主にシューティングガード。ボンジー・ウェルズ フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・ジョンソン

    ラリー・ジョンソンから見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ラリー・ジョンソン (バスケットボール) - 元NBA選手。シャーロット・ホーネッツ、ニューヨーク・ニックスなどでプレイした。1994年バスケットボール世界選手権にドリームチームIIの一員として出場している。老婆に扮したコンバースのCMで知られた。ラリー・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ジャマール・マッシュバーン

    ジャマール・マッシュバーンから見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    マイアミの地で心機一転を計ったマッシュバーンだが、ティム・ハーダウェイ、アロンゾ・モーニングらを揃えた強豪ヒートでは、マブスほどの得点機会を得ることはできず、またヘッドコーチのパット・ライリーからも重用されなかったことから、97-98シーズンは平均15.1得点に留まった。また1995年以来怪我に悩まされ続けるマッシュバーンは、シーズンの半分近くを欠場するという事態にも陥った。1999-2000シーズンには76試合に出場、平均17.5得点はヒートに移籍してからは最も高い数字となり、復活の兆しを見せたが、オフにはトレードに出され、シャーロット・ホーネッツへとプレイの場を移した。ジャマール・マッシュバーン フレッシュアイペディアより)

  • B.J.アームストロング

    B.J.アームストロングから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    1997年、シーズン開幕後4試合プレイした後、マグシー・ボーグス、トニー・デルクとの交換でシャーロット・ホーネッツにトレードされた。その後1999年3月10日、グレン・ライス、J・R・リードと共にロサンゼルス・レイカーズのエディー・ジョーンズ、エルデン・キャンベルとトレードされたがレイカーズにより即日ウェーバー公示されて3月14日にオーランド・マジックと契約を交わした。同年8月30日、彼は2度の栄光が終わり再建途上にあるブルズに復帰し1シーズンプレイした。B.J.アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • P.J.ブラウン

    P.J.ブラウンから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2000年-2001年シーズン開幕前、ヒートとシャーロット・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ホーネッツ)の間でとトレードを敢行。ヒートから5人、ホーネッツから4人の選手が放出された。ここでもブラウンはスターターの座を確保。01-02シーズンには自身最高の平均9.8リバウンドを記録、3回目のオールディフェンシブセカンドチームに選出された。P.J.ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • メルヴィン・イーライ

    メルヴィン・イーライから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ボブキャッツではプリモ・ブレシェックの控えなどで出場。2005-06シーズンオフはトレードによる移籍を訴えたが叶わず、チームの構想から外れたまま2006-07シーズンに突入した。足の故障も重なって出場機会を得られなかったが、2007年2月13日にエリック・ウィリアムズとドラフト指名権とのトレードによってサンアントニオ・スパーズへ移籍。シーズン終了後にフリーエージェントになり、9月13日にニューオーリンズ・ホーネッツと契約した。メルヴィン・イーライ フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・スターン

    デビッド・スターンから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    NBA人気の高まりを受け、スターンはリーグの拡大に乗り出した。80年代末期の1988年には新設球団シャーロット・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ホーネッツ)が、1989年にはミネソタ・ティンバーウルブズとオーランド・マジックがリーグに新たに加わった。デビッド・スターン フレッシュアイペディアより)

150件中 51 - 60件表示