279件中 61 - 70件表示
  • デズモンド・メイソン

    デズモンド・メイソンから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ペリカンズ

    2005年10月26日、ジャマール・マグロアとの交換でニューオーリンズ・ホーネッツにトレードされた。2005-06シーズンは出場時間が減少。平均10.8得点に留まり、ルーキーシーズンに次ぐ低さを記録してしまった。デズモンド・メイソン フレッシュアイペディアより)

  • P・J・ブラウン

    P・J・ブラウンから見たニューオーリンズ・ペリカンズニューオーリンズ・ペリカンズ

    2000年-2001年シーズン開幕前、ヒートとシャーロット・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ペリカンズ)の間でとトレードを敢行。ヒートから5人、ホーネッツから4人の選手が放出された。ここでもブラウンはスターターの座を確保。01-02シーズンには自身最高の平均9.8リバウンドを記録、3回目のオールディフェンシブセカンドチームに選出された。P・J・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • セドリック・シモンズ

    セドリック・シモンズから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ペリカンズ

    2006年のNBAドラフトにアーリーエントリーし、ニューオーリンズ・ホーネッツから1巡目15位で指名を受けた。NBA入り後、あまり出場機会に恵まれず、2007-08シーズン前にクリーブランド・キャバリアーズへトレード移籍。その後、シカゴ・ブルズ、サクラメント・キングスと渡り歩いた。セドリック・シモンズ フレッシュアイペディアより)

  • マット・ハープリング

    マット・ハープリングから見たニューオーリンズ・ペリカンズニューオーリンズ・ペリカンズ

    2000年8月、クリーブランド・キャバリアーズへ移籍。キャバリアーズでは56試合に出場し、2001年3月16日のシャーロット・ホーネッツ戦で1試合自己最多の28得点を記録した。マット・ハープリング フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のNBAドラフト

    1992年のNBAドラフトから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ペリカンズ

    アロンゾ・モーニング(全体2位シャーロット・ホーネッツが指名)1992年のNBAドラフト フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・サーモンズ

    ジョン・サーモンズから見たニューオーリンズ・ペリカンズニューオーリンズ・ペリカンズ

    2013年12月3日、大型トレードでトロント・ラプターズに移籍。シーズンオフにアトランタ・ホークスに放出された後に解雇され、2014年8月26日にニューオーリンズ・ペリカンズと契約したが、2015年2月19日に解雇された。ジョン・サーモンズ フレッシュアイペディアより)

  • エリオット・ペリー

    エリオット・ペリーから見たニューオーリンズ・ペリカンズニューオーリンズ・ペリカンズ

    メンフィス州立大学(現在のメンフィス大学)から1991年のNBAドラフト2順目38位でロサンゼルス・クリッパーズから指名された。10試合出場した後、ウェーバーにかけられ、新興チームであったシャーロット・ホーネッツに移籍した。その後CBAでプレイした。1993年にフェニックス・サンズに加入、翌1994-1995シーズンには、ケビン・ジョンソンが怪我で欠場した代わりにポイントガードのレギュラーとなり、MIPの候補にもなった。ペリーの活躍をチャールズ・バークレーも評価していた。その後、ミルウォーキー・バックス、ニュージャージー・ネッツ、オーランド・マジック、フェニックス・サンズを渡り歩き、ホームタウンであるメンフィス・グリズリーズで2001-2002シーズンわずか2試合だけ出場で引退した。エリオット・ペリー フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・スミス (バスケットボール)

    スティーブ・スミス (バスケットボール)から見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ペリカンズ

    ミシガン州立大学時代に "マジック・ジョンソンの再来" として注目され、1991年のNBAドラフト5位でマイアミ・ヒートに指名された。1995年にはアトランタ・ホークスに移り、1998年のNBAオールスターゲームに出場している。その後、ジミー・ジャクソン、アイザイア・ライダーとのトレードでポートランド・トレイルブレイザーズに移籍した。2001年のオフシーズンにはデレック・アンダーソンとのトレードでサンアントニオ・スパーズに移籍。2003年のNBAファイナルでは優勝を味わったが、マヌ・ジノビリの台頭もあり、プレーオフを通じて出場機会は限られた。その後ニューオーリンズ・ホーネッツ、シャーロット・ボブキャッツでプレイした。2005年2月24日、トレード期限間際にマリック・アレンとのトレードで古巣のヒートに移籍し、そこで引退宣言をした。1スティーブ・スミス (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・デイビス

    リッキー・デイビスから見たニューオーリンズ・ペリカンズニューオーリンズ・ペリカンズ

    アイオワ大学在学中に、NBAドラフトにアーリーエントリーすることを宣言。1998年のNBAドラフトで全体21位でシャーロット・ホーネッツ(現ニューオーリンズ・ペリカンズ)に指名された。リッキー・デイビス フレッシュアイペディアより)

  • エルデン・キャンベル

    エルデン・キャンベルから見たニューオーリンズ・ペリカンズニューオーリンズ・ペリカンズ

    入団以降ブラデ・ディバッツと共にインサイドで奮闘し、90年代のレイカーズの中心選手として活躍してきたキャンベルだったが、1996年にシャキール・オニールが加入して以降状況が一変。オニールはキャンベルのプレーぶりに不満を持つようになる。結局1999年3月10日にエディー・ジョーンズと共にグレン・ライスとのトレードでシャーロット・ホーネッツに放出された。エルデン・キャンベル フレッシュアイペディアより)

279件中 61 - 70件表示

「ニューオーリンズ・ホーネッツ」のニューストピックワード