150件中 61 - 70件表示
  • ベン・ゴードン

    ベン・ゴードンから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ゴードンの両親はジャマイカ人であり、ロンドンで生を受け、その後ニューヨーク州のマウントバーノンで育った。大学はコネチカット大学に進し3年間エメカ・オカフォー(現在ニューオーリンズ・ホーネッツ所属)らとプレイした。2004年のNCAAトーナメントではチームを優勝へと導き、ファイナル4のオールトーナメントチームに選ばれた。ベン・ゴードン フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・アレクサンダー

    ジョー・アレクサンダーから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    シーズン後、ニューオーリンズ・ホーネッツへ移籍したが、2010-11シーズン序盤に解雇された。その後、NBADLのテキサス・レジェンズと契約した。ジョー・アレクサンダー フレッシュアイペディアより)

  • 世界超偉人伝説

    世界超偉人伝説から見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    小さな巨人伝説:タイロン・"マグジー"・ボーグス(NBAシャーロット・ホーネッツ他所属。NBA史上最も身長の低い選手(160センチ))世界超偉人伝説 フレッシュアイペディアより)

  • デリック・コールマン

    デリック・コールマンから見たシャーロット・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    1995年にショーン・ブラッドリーとのトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(1995-1998)に移籍した。1995-96年は心臓の不整脈で11試合しかプレーしていない。その後、シャーロット・ホーネッツ(1998-2001)、再びセブンティンシクサーズ (2001-2004)、デトロイト・ピストンズ (2004-2005)に移籍した後に引退した。デリック・コールマン フレッシュアイペディアより)

  • タイソン・チャンドラー

    タイソン・チャンドラーから見たニューオリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    チャンドラーのトレード先はニューオリンズ・ホーネッツだった。新天地での最初のシーズンとなった2006-07シーズンには飛躍的に出場時間が伸び、リバウンドは平均12.4を記録、リーグ全体で3位となった。チャンドラーの加入で活性化されたホーネッツはシーズン前半こそカンファレンス上位に入っていたものの、後半になると主力選手の故障などで失速し、プレイオフ進出は逃した。タイソン・チャンドラー フレッシュアイペディアより)

  • NBAカンファレンスファイナル

    NBAカンファレンスファイナルから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツ(1988-89シーズン加入過去最高はカンファレンスセミファイナル進出)NBAカンファレンスファイナル フレッシュアイペディアより)

  • ジャマール・マグロア

    ジャマール・マグロアから見たニューオリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2000年のNBAドラフトにエントリーし、1巡目19位指名でシャーロット・ホーネッツに入団。2シーズンは控え選手として過ごしたが、ホーネッツが本拠地をシャーロットからニューオーリンズに移してからは先発に定着。2003?2004シーズンには13.6得点10.3リバウンドのダブルダブルのアベレージを残し、オールスターにも選ばれた。しかし翌シーズンは指の骨折でシーズンの大半を欠場し、チーム成績は低迷を極め、マグロアはトレードを要求した。そして2005-2006シーズン直前になって、ミルウォーキー・バックスにトレードされた。ジャマール・マグロア フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ポポヴィッチ

    グレッグ・ポポヴィッチから見たニューオリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2007-2008シーズンは、例年通りシーズンでは安定した戦いを見せ56勝をあげ、プレーオフに進み、フェニックス・サンズ、ニューオリンズ・ホーネッツを破り、カンファレンスファイナルへと駒を進めたが、このシーズン、シックスマン賞受賞のジノビリがプレーオフ一回戦のサンズ戦で左足首を負傷しており、カンファレンス決勝のロサンゼルス・レイカーズ戦ではその怪我の影響で力が出し切れず意外なほどあっさりと敗れ、またしても連覇を逃した。この年のプレーオフ時点でのロースターの平均年齢は32歳を超えており、チームの若返りがオフの課題となったが、主要な補強は、ロジャー・メイソンとの契約、ジョージ・ヒルのドラフトでの加入程度にとどまった。グレッグ・ポポヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • コール・オルドリッチ

    コール・オルドリッチから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2009年のNBAドラフトにおいて、ニューオーリンズ・ホーネッツから全体11位指名を受けてNBA入りを果たし、直ぐにオクラホマシティ・サンダーへトレードされた。ルーキーシーズンの2010-11シーズンは、NBAの下部組織であるNBADLのタルサ・シックスティシクサーズへ降格とサンダーへの昇格を繰り返した。コール・オルドリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ハワード

    ジョシュ・ハワードから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2008年プレーオフの対ニューオーリンズ・ホーネッツ戦のゲーム4で敗戦後、自身の誕生日パーティーを行い当時のエイブリー・ジョンソン監督を激怒させた。ジョシュ・ハワード フレッシュアイペディアより)

150件中 61 - 70件表示