150件中 71 - 80件表示
  • ウェストリン (オレゴン州)

    ウェストリン (オレゴン州)から見たニューオリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    モンティー・ウィリアムズ:元NBA選手、ポートランド・トレイルブレイザーズの元アシスタントコーチ、ニューオリンズ・ホーネッツのヘッドコーチウェストリン (オレゴン州) フレッシュアイペディアより)

  • D.J.エムベンガ

    D.J.エムベンガから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    D.J.ベンガ(D.J.Mbenga)ことディディエ・イルンガ・ベンガ(Didier Ilunga-Mbenga、1980年12月30日 - )はコンゴ民主共和国のプロバスケットボール選手。NBAのニューオーリンズ・ホーネッツ所属。コンゴ民主共和国キンシャサ出身。身長213cm、体重115kg。ポジションはセンター。ベルギー国籍を持ち代表チームにも選抜されている。D.J.エムベンガ フレッシュアイペディアより)

  • ハキム・ウォリック

    ハキム・ウォリックから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2012年7月27日、トレードでニューオーリンズ・ホーネッツに移籍。ハキム・ウォリック フレッシュアイペディアより)

  • アロンゾ・モーニング

    アロンゾ・モーニングから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ジョージタウン大学のスター選手として名をとどろかせた。1年先輩にディケンベ・ムトンボがいた。パトリック・ユーイングも大学の先輩にあたる。モーニングは同大学卒業後1992年のNBAドラフトでシャキール・オニールに次ぐ全体2番目でシャーロット・ホーネッツから指名されてNBA入りした。アロンゾ・モーニング フレッシュアイペディアより)

  • バイロン・スコット

    バイロン・スコットから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2005年、スコットはニューオーリンズ・ホーネッツのヘッドコーチに就任した。当時ホーネッツは低迷中だったが、スコットのヘッドコーチ就任、そして2005年のNBAドラフトでクリス・ポールを指名したことで状況は好転し始めた。ヘッドコーチとしての1年目のシーズン開幕前にニューオーリンズをおそったハリケーン・カトリーナの影響でチームはオクラホマシティを1シーズン本拠地とした。バイロン・スコット フレッシュアイペディアより)

  • オクラホマ州立大学

    オクラホマ州立大学から見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    2005年にニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツが一時移転してくるまで同州はプロスポーツチーム過疎地とあって、同校のスポーツ熱は非常に高い。ライバル校はオクラホマ大学で、毎年一度のアメリカンフットボールの試合は特に盛り上がる。同校のNCAA全米優勝回数は48回(全競技合計)を数える。なかでもレスリングが強いことで有名で、NCAAタイトル48回のうち、34回を占める。この34回のチームタイトルは一つの競技における最多獲得記録となっている。オクラホマ州立大学 フレッシュアイペディアより)

  • オクラホマシティ・サンダー

    オクラホマシティ・サンダーから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    オクラホマシティ・サンダー(Oklahoma City Thunder)は、アメリカ合衆国オクラホマ州オクラホマシティに本拠を置く全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。ウェスタン・カンファレンス(西地区)のノースウェスト・ディビジョンに所属。本拠地はハリケーン・カトリーナの被害のためニューオーリンズ・ホーネッツが2005/06、2006/07シーズンに使用していたチェサピーク・エナジー・アリーナ。オクラホマシティ・サンダー フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・マクヘイル

    ケビン・マクヘイルから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    1992-93シーズン、マクヘイルの平均得点は10.7、リバウンドは平均5本で、デビュー当時の水準にまでなっていた。プレイオフでは奮戦したものの、セルティックスはシャーロット・ホーネッツに敗退。シーズン終了後、マクヘイルは引退した。ケビン・マクヘイル フレッシュアイペディアより)

  • J.R.スミス

    J.R.スミスから見たニューオリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    ドラフト前は名門ノースカロライナ大学への進学が予定されていたが、大学へは進学せず、高校から直接2004年のNBAドラフトにアーリーエントリーした。そしてニューオリンズ・ホーネッツに1巡目18位指名を受けてNBA入りを果たした。ルーキーイヤーとなった2004-05シーズンは、序盤はベンチスタートとなったが、12月下旬から先発に昇格し、主に得点面で活躍して平均10.3得点1.9スティールの成績を残した。またこのシーズンのオールスターではスラムダンクコンテストに出場し、NBAファンに高い身体能力を披露した。2年目の05-06シーズンは調子を崩して成績は後退。このオフにスミスはトレードに出され、シカゴ・ブルズへ移籍。しかし直後に再びトレードに出され、06-07シーズンはデンバー・ナゲッツの一員として迎えた。J.R.スミス フレッシュアイペディアより)

  • ピート・マラビッチ

    ピート・マラビッチから見たニューオーリンズ・ホーネッツニューオーリンズ・ホーネッツ

    背番号7はニューオーリンズ・ジャズの後継であるユタ・ジャズで永久欠番になっている。ニューオーリンズ・ホーネッツはマラビッチの死後ニューオーリンズに移転したチームだが、ホーネッツは地元で活躍したマラビッチを讃え背番号7を永久欠番にしている。ピート・マラビッチ フレッシュアイペディアより)

150件中 71 - 80件表示