前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たタイソン・チャンドラー

    ポールの活躍と、デビッド・ウェストの成長で再建の目処が立ったホーネッツは、2006年のオフにペジャ・ストヤコヴィッチやタイソン・チャンドラーらを獲得し、プレーオフ進出を目指して大幅な補強を行った。しかし2006-07シーズンはストヤコヴィッチを始め故障者が続出し、プレーオフ進出はならなかった。ニューオーリンズに本拠地が戻った2007-08シーズンは、主力選手が大きな怪我もなく過ごし、本来の実力を発揮したホーネッツは56勝26敗を記録する大躍進を遂げた。この成績はチーム史上最高勝率だった。またリーグ最激戦区であるサウスウェストデビジョンも初めて制覇し、プレーオフにも4シーズンぶりに進出を果たした。ホーネッツの大躍進はこのシーズンでも最も大きな事件の一つだったが、彼らが成し遂げた最も大きな仕事は、ニューオーリンズ・アリーナに観客を取り戻したことだった。ホーネッツはシーズン序盤から快進撃を続けていたが、彼らの活躍を他所にアリーナの客席には空席が目立つ日々が続いた。ハリケーンの傷痕はまだ癒えておらず、またホーネッツ自体がニューオーリンズ市民にとってはまだ馴染みの浅いチームだった。しかしホーネッツの快進撃が続くにつれ、客席は徐々にファンで埋まっていき、そしてプレーオフ期間に突入した頃には、客席は大勢のファンで埋まった。プレーオフでは地元ファンの熱狂的な応援に後押しされ、1回戦でダラス・マーベリックスを撃破。カンファレンス準決勝では前年チャンピオンチームのサンアントニオ・スパーズ相手に、先にシリーズ王手を賭けたが、最終第7戦で経験の差が表れ、ここでホーネッツは力尽きた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たジャマール・マグロア

    この時期のホーネッツは、バロン・デイビス、ジャマール・マッシュバーン、ジャマール・マグロア、P・J・ブラウン、エデル・キャンベルらを中心として中堅レベルのチームだったが、2005年には18勝64敗と大きく負け越し、チームの再編を余儀なくされた。その結果デイビスとマッシュバーンはトレードされ、2005年のNBAドラフトで指名したクリス・ポールを中心とした再建に取り組み始めた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たP・J・ブラウン

    この時期のホーネッツは、バロン・デイビス、ジャマール・マッシュバーン、ジャマール・マグロア、P・J・ブラウン、エデル・キャンベルらを中心として中堅レベルのチームだったが、2005年には18勝64敗と大きく負け越し、チームの再編を余儀なくされた。その結果デイビスとマッシュバーンはトレードされ、2005年のNBAドラフトで指名したクリス・ポールを中心とした再建に取り組み始めた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たピート・マラビッチ

    7 ピート・マラビッチ (Pete Maravich): ホーネッツでプレイしたことはないが、かつてニューオーリンズに本拠を置いたニューオーリンズ・ジャズで活躍したニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たブラディー・ディバッツ

    しかし1990年代半ばを過ぎるとギル、ジョンソン、モーニング、ボーグスは他のチームに移っていき、チームの中心選手はグレン・ライス、アンソニー・メイスン、ブラディー・ディバッツ、デビッド・ウェズリーらが担うようになった。チームは成績勝率5割から6割と健闘したが、優勝レースに顔を出すことはなかった。2000年にはチームの主力の一人だったボビー・フィルズを交通事故で失う悲劇があった。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たポール・サイラス

    ポール・サイラス (Paul Silas) (1998-99/2002-03)ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たラリー・ジョンソン (バスケットボール)

    創設後数年間は、他の新興チームと同様低い勝率に苦しんだが、1990年にケンドール・ギル、1991年にラリー・ジョンソン、1992年にアロンゾ・モーニングを獲得するとホーネッツの成績は上向き始めた。ラリー・ジョンソンは新人王受賞、モーニングはリーグ有数のセンターへと成長していき、若く才能のある選手を揃えたホーネッツは「未来のブルズ」と呼ばれた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たデビッド・ウェズリー

    しかし1990年代半ばを過ぎるとギル、ジョンソン、モーニング、ボーグスは他のチームに移っていき、チームの中心選手はグレン・ライス、アンソニー・メイスン、ブラディー・ディバッツ、デビッド・ウェズリーらが担うようになった。チームは成績勝率5割から6割と健闘したが、優勝レースに顔を出すことはなかった。2000年にはチームの主力の一人だったボビー・フィルズを交通事故で失う悲劇があった。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たアロンゾ・モーニング

    創設後数年間は、他の新興チームと同様低い勝率に苦しんだが、1990年にケンドール・ギル、1991年にラリー・ジョンソン、1992年にアロンゾ・モーニングを獲得するとホーネッツの成績は上向き始めた。ラリー・ジョンソンは新人王受賞、モーニングはリーグ有数のセンターへと成長していき、若く才能のある選手を揃えたホーネッツは「未来のブルズ」と呼ばれた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たクリス・ポール

    この時期のホーネッツは、バロン・デイビス、ジャマール・マッシュバーン、ジャマール・マグロア、P・J・ブラウン、エデル・キャンベルらを中心として中堅レベルのチームだったが、2005年には18勝64敗と大きく負け越し、チームの再編を余儀なくされた。その結果デイビスとマッシュバーンはトレードされ、2005年のNBAドラフトで指名したクリス・ポールを中心とした再建に取り組み始めた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「ニューオーリンズ・ホーネッツ」のニューストピックワード