前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示
  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たタイソン・チャンドラー

    ポールの活躍と、デビッド・ウェストの成長で再建の目処が立ったホーネッツは、2006年のオフにペジャ・ストヤコヴィッチやタイソン・チャンドラーらを獲得し、プレーオフ進出を目指して大幅な補強を行った。しかし2006-07シーズンはストヤコヴィッチを始め故障者が続出し、プレーオフ進出はならなかった。ニューオーリンズに本拠地が戻ったニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たマイケル・ジョーダン

    ニューオーリンズが2013年5月21日に「ホーネッツ」の名称を放棄したのに続いて、シャーロット・ボブキャッツのオーナー、マイケル・ジョーダンは2013年7月18日にネバダ州ラスベガスで行われるNBA理事会に対して、2014-15年シーズンにチーム名を「シャーロット・ホーネッツ」に変更するための願書を提出したと公式に発表した。NBA副コミッショナーおよび最高運営責任者のアダム・シルバーは以前に、リーグが「ホーネッツ」の名称に対する権利を保有している事実が、改名の過程を迅速にさせると指摘した。2014年5月20日、ボブキャッツは10年間使用してきたチーム名をホーネッツに変更することを公式に発表した。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たタイリーク・エバンス

    ニューオーリンズ・ペリカンズとして新たなスタートを切った2013-14シーズンは、タイリーク・エバンスやジュルー・ホリデーなどを獲得し、チーム強化を図ったが、故障者続出で戦力が整わず、34勝48敗とプレーオフには程遠い成績に終わった。2014-2015シーズンは、アンソニー・デイビスが更なる成長を見せチームを牽引。終盤戦はオクラホマシティ・サンダーと第8シードを争うデッドヒートとなったが、シーズン最終戦となった4月15日の11連勝中だったサンアントニオ・スパーズ戦に勝利し、2010-11シーズン以来のプレーオフ出場を決めた。しかし、プレーオフではリーグ勝率1位のゴールデンステート・ウォリアーズとの対戦となり、奮闘及ばず4戦全敗のスイープ負けを喫し、モンティ・ウィリアムズHCは5月12日に解任。同月30日にアルヴィン・ジェントリー新HCの就任が発表された。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たアロンゾ・モーニング

    創設後数年間は、他の新興チームと同様低い勝率に苦しんだが、1990年にケンドール・ギル、1991年にラリー・ジョンソン、1992年にアロンゾ・モーニングを獲得するとホーネッツの成績は上向き始めた。ラリー・ジョンソンは新人王受賞、モーニングはリーグ有数のセンターへと成長していき、若く才能のある選手を揃えたホーネッツは「未来のブルズ」と呼ばれた。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たアンソニー・デイビス

    2010-11シーズン途中より経営悪化にともないリーグ直轄下に置かれる異例の事態となる。リーグ直轄下に置かれた事で思うような補強ができなくなってしまい、2010-11シーズン後、主力選手のポールやウェストがトレード等でチームを離れてしまった。代わりに、エリック・ゴードンやクリス・ケイマン、トレヴァー・アリーザらを獲得したが、戦力ダウンは否めず、2011-12シーズンを大きく負け越してしまう。しかし、2012年4月、NFL・ニューオーリンズ・セインツのオーナー、トム・ベンソンが3億3800万ドルで買収したことが発表され、リーグ直轄を離れる事になった。2012年のNBAドラフトで全体1位指名権を獲得し、アンソニー・デイビスを指名した。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たモンティ・ウィリアムズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズとして新たなスタートを切った2013-14シーズンは、タイリーク・エバンスやジュルー・ホリデーなどを獲得し、チーム強化を図ったが、故障者続出で戦力が整わず、34勝48敗とプレーオフには程遠い成績に終わった。2014-2015シーズンは、アンソニー・デイビスが更なる成長を見せチームを牽引。終盤戦はオクラホマシティ・サンダーと第8シードを争うデッドヒートとなったが、シーズン最終戦となった4月15日の11連勝中だったサンアントニオ・スパーズ戦に勝利し、2010-11シーズン以来のプレーオフ出場を決めた。しかし、プレーオフではリーグ勝率1位のゴールデンステート・ウォリアーズとの対戦となり、奮闘及ばず4戦全敗のスイープ負けを喫し、モンティ・ウィリアムズHCは5月12日に解任。同月30日にアルヴィン・ジェントリー新HCの就任が発表された。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たサンアントニオ・スパーズ

    プレーオフでは地元ファンの熱狂的な応援に後押しされ、1回戦でダラス・マーベリックスを撃破。カンファレンス準決勝では前年チャンピオンチームのサンアントニオ・スパーズ相手に、先にシリーズ王手を賭けたが、最終第7戦で経験の差が表れ、ここでホーネッツは力尽きた。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たユタ・ジャズ

    新オーナーのトム・ベンソンは、チームを所有すると早い内からチーム名を地元に因んだ物に変更したいという意向を示し、「ジャズ (Jazz)」に戻したいとした(かつてニューオーリンズを本拠地としたNBAチームはニューオーリンズ・ジャズであったが、後にソルトレイクシティに本拠地を移し、ユタ・ジャズとなった)。しかしながら、ユタは2度のファイナル進出を含む25年に及ぶ歴史を持つ由緒ある名称を復帰させるという考えに全く関心を持っていなかった。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たP・J・ブラウン

    この時期のホーネッツは、バロン・デイビス、ジャマール・マッシュバーン、ジャマール・マグロア、P・J・ブラウン、エルデン・キャンベルらを中心として中堅レベルのチームだったが、2005年には18勝64敗と大きく負け越し、チームの再編を余儀なくされた。その結果デイビスとマッシュバーンは放出され、2005年のNBAドラフトで指名したクリス・ポールを中心とした再建に取り組み始めた。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たピート・マラビッチ

    7 ピート・マラビッチ (Pete Maravich): ホーネッツでプレイしたことはないが、かつてニューオーリンズに本拠を置いたニューオーリンズ・ジャズで活躍したニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示

「ニューオーリンズ・ホーネッツ」のニューストピックワード