79件中 21 - 30件表示
  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たアダム・シルバー

    ニューオーリンズが2013年5月21日に「ホーネッツ」の名称を放棄したのに続いて、シャーロット・ボブキャッツのオーナー、マイケル・ジョーダンは2013年7月18日にネバダ州ラスベガスで行われるNBA理事会に対して、2014-15年シーズンにチーム名を「シャーロット・ホーネッツ」に変更するための願書を提出したと公式に発表した。NBA副コミッショナーおよび最高運営責任者のアダム・シルバーは以前に、リーグが「ホーネッツ」の名称に対する権利を保有している事実が、改名の過程を迅速にさせると指摘した。2014年5月20日、ボブキャッツは10年間使用してきたチーム名をホーネッツに変更することを公式に発表した。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たジャマール・マグロア

    この時期のホーネッツは、バロン・デイビス、ジャマール・マッシュバーン、ジャマール・マグロア、P・J・ブラウン、エルデン・キャンベルらを中心として中堅レベルのチームだったが、2005年には18勝64敗と大きく負け越し、チームの再編を余儀なくされた。その結果デイビスとマッシュバーンは放出され、2005年のNBAドラフトで指名したクリス・ポールを中心とした再建に取り組み始めた。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たエルデン・キャンベル

    この時期のホーネッツは、バロン・デイビス、ジャマール・マッシュバーン、ジャマール・マグロア、P・J・ブラウン、エルデン・キャンベルらを中心として中堅レベルのチームだったが、2005年には18勝64敗と大きく負け越し、チームの再編を余儀なくされた。その結果デイビスとマッシュバーンは放出され、2005年のNBAドラフトで指名したクリス・ポールを中心とした再建に取り組み始めた。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たラリー・ジョンソン (バスケットボール)

    創設後数年間は、他の新興チームと同様低い勝率に苦しんだが、1990年にケンドール・ギル、1991年にラリー・ジョンソン、1992年にアロンゾ・モーニングを獲得するとホーネッツの成績は上向き始めた。ラリー・ジョンソンは新人王受賞、モーニングはリーグ有数のセンターへと成長していき、若く才能のある選手を揃えたホーネッツは「未来のブルズ」と呼ばれた。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たジャマール・マッシュバーン

    この時期のホーネッツは、バロン・デイビス、ジャマール・マッシュバーン、ジャマール・マグロア、P・J・ブラウン、エルデン・キャンベルらを中心として中堅レベルのチームだったが、2005年には18勝64敗と大きく負け越し、チームの再編を余儀なくされた。その結果デイビスとマッシュバーンは放出され、2005年のNBAドラフトで指名したクリス・ポールを中心とした再建に取り組み始めた。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たアルヴィン・ジェントリー

    ニューオーリンズ・ペリカンズとして新たなスタートを切った2013-14シーズンは、タイリーク・エバンスやジュルー・ホリデーなどを獲得し、チーム強化を図ったが、故障者続出で戦力が整わず、34勝48敗とプレーオフには程遠い成績に終わった。2014-2015シーズンは、アンソニー・デイビスが更なる成長を見せチームを牽引。終盤戦はオクラホマシティ・サンダーと第8シードを争うデッドヒートとなったが、シーズン最終戦となった4月15日の11連勝中だったサンアントニオ・スパーズ戦に勝利し、2010-11シーズン以来のプレーオフ出場を決めた。しかし、プレーオフではリーグ勝率1位のゴールデンステート・ウォリアーズとの対戦となり、奮闘及ばず4戦全敗のスイープ負けを喫し、モンティ・ウィリアムズHCは5月12日に解任。同月30日にアルヴィン・ジェントリー新HCの就任が発表された。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たグレン・ライス

    しかし1990年代半ばを過ぎるとギル、ジョンソン、モーニング、ボーグスは他のチームに移っていき、チームの中心選手はグレン・ライス、アンソニー・メイスン、ブラディー・ディバッツ、デビッド・ウェズリーらが担うようになった。チームは成績勝率5割から6割と健闘したが、優勝レースに顔を出すことはなかった。2000年にはチームの主力の一人だったボビー・フィルズを交通事故で失う悲劇があった。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たマグジー・ボーグス

    ニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツの前身となったシャーロット・ホーネッツは、1988年にノースカロライナ州シャーロットに設立された。シャーロットはアメリカ独立戦争時の激戦の地であり、イギリス軍に抵抗した指揮官がこの街を「スズメバチの巣」と呼んだのが、「スズメバチ」を意味する「ホーネッツ」という名称の始まりである。「ホーネッツ」の名はこのNBAのチームだけでなく、かつてシャーロットに存在した野球やフットボールのチームにも使われていた縁もあった。エクスパンション・ドラフトでは、マグジー・ボーグス、デル・カリーらを指名し、チーム初のドラフトではレックス・チャップマンを指名した。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たデイブ・コーウェンズ

    デイブ・コーウェンズ (Dave Cowens) (1996-97/1998-99)ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たエリック・ゴードン

    2010-11シーズン途中より経営悪化にともないリーグ直轄下に置かれる異例の事態となる。リーグ直轄下に置かれた事で思うような補強ができなくなってしまい、2010-11シーズン後、主力選手のポールやウェストがトレード等でチームを離れてしまった。代わりに、エリック・ゴードンやクリス・ケイマン、トレヴァー・アリーザらを獲得したが、戦力ダウンは否めず、2011-12シーズンを大きく負け越してしまう。しかし、2012年4月、NFL・ニューオーリンズ・セインツのオーナー、トム・ベンソンが3億3800万ドルで買収したことが発表され、リーグ直轄を離れる事になった。2012年のNBAドラフトで全体1位指名権を獲得し、アンソニー・デイビスを指名した。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「ニューオーリンズ・ホーネッツ」のニューストピックワード