54件中 31 - 40件表示
  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たハリケーン・カトリーナ

    2002年に本拠をニューオーリンズに移して以降のチーム名はニューオーリンズ・ホーネッツだが、2005年のハリケーン・カトリーナの被害により翌シーズンのホーム戦の多くをオクラホマシティで行っており、2007年までニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツの名称を用いていた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たオクラホマシティ

    2002年に本拠をニューオーリンズに移して以降のチーム名はニューオーリンズ・ホーネッツだが、2005年のハリケーン・カトリーナの被害により翌シーズンのホーム戦の多くをオクラホマシティで行っており、2007年までニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツの名称を用いていた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たニューオーリンズ・アリーナ

    2005年8月にアメリカ南東部を襲ったハリケーン・カトリーナは、ホーネッツの本拠地ニューオーリンズにも大きな被害をもたらした。これによりホーネッツは新しいホームコートを捜す必要が生じた。ニューオーリンズ・アリーナは、甚大な被害を受け取り壊しが検討されることとなったスーパードームと比べると比較的無傷ではあったが、市議会は復旧作業目的以外での市への立ち入りを規制する決定をしたため使用不可能となった。また、ニューオーリンズ自体の復旧も数ヶ月に及ぶことが予想された。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たバスケットボール

    ニューオーリンズ・ホーネッツ(New Orleans Hornets)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、サウスウェスト・ディビジョン所属。チーム名のhornetとはスズメバチのこと。元々本拠地であったノースカロライナ州シャーロットではスズメバチが多く棲息していたことから名づけられた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見た2005年のNBAドラフト

    この時期のホーネッツは、バロン・デイビス、ジャマール・マッシュバーン、ジャマール・マグロア、P・J・ブラウン、エデル・キャンベルらを中心として中堅レベルのチームだったが、2005年には18勝64敗と大きく負け越し、チームの再編を余儀なくされた。その結果デイビスとマッシュバーンはトレードされ、2005年のNBAドラフトで指名したクリス・ポールを中心とした再建に取り組み始めた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たアメリカ合衆国

    ニューオーリンズ・ホーネッツ(New Orleans Hornets)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、サウスウェスト・ディビジョン所属。チーム名のhornetとはスズメバチのこと。元々本拠地であったノースカロライナ州シャーロットではスズメバチが多く棲息していたことから名づけられた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たオクラホマ州

    そのため2005-2006シーズンはホームでの試合の大半をオクラホマ州オクラホマシティ(NBA規準のフォード・センターを持ち、主要なプロチームを持たない)で行うこととなった。使用可能なホームコートとしては、ルイジアナ州バトンルージュのピート・マラヴィッチ・アセンブリ・センターもしくはヒューストンのトヨタ・センターなどもあった。一時的なホーネッツのフランチャイズに関心を示した都市はサンディエゴ、ナッシュビル、カンザスシティ、バンクーバー(メンフィス・グリズリーズの旧本拠地)等もあった。ホーネッツはコロラド州コロラドスプリングスのアメリカ空軍士官学校でキャンプの2週間を過ごした。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たアメリカ空軍

    そのため2005-2006シーズンはホームでの試合の大半をオクラホマ州オクラホマシティ(NBA規準のフォード・センターを持ち、主要なプロチームを持たない)で行うこととなった。使用可能なホームコートとしては、ルイジアナ州バトンルージュのピート・マラヴィッチ・アセンブリ・センターもしくはヒューストンのトヨタ・センターなどもあった。一時的なホーネッツのフランチャイズに関心を示した都市はサンディエゴ、ナッシュビル、カンザスシティ、バンクーバー(メンフィス・グリズリーズの旧本拠地)等もあった。ホーネッツはコロラド州コロラドスプリングスのアメリカ空軍士官学校でキャンプの2週間を過ごした。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見たコロラド州

    そのため2005-2006シーズンはホームでの試合の大半をオクラホマ州オクラホマシティ(NBA規準のフォード・センターを持ち、主要なプロチームを持たない)で行うこととなった。使用可能なホームコートとしては、ルイジアナ州バトンルージュのピート・マラヴィッチ・アセンブリ・センターもしくはヒューストンのトヨタ・センターなどもあった。一時的なホーネッツのフランチャイズに関心を示した都市はサンディエゴ、ナッシュビル、カンザスシティ、バンクーバー(メンフィス・グリズリーズの旧本拠地)等もあった。ホーネッツはコロラド州コロラドスプリングスのアメリカ空軍士官学校でキャンプの2週間を過ごした。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ホーネッツ

    ニューオーリンズ・ホーネッツから見た2006-2007シーズンのNBA

    ポールの活躍と、デビッド・ウェストの成長で再建の目処が立ったホーネッツは、2006年のオフにペジャ・ストヤコヴィッチやタイソン・チャンドラーらを獲得し、プレーオフ進出を目指して大幅な補強を行った。しかし2006-07シーズンはストヤコヴィッチを始め故障者が続出し、プレーオフ進出はならなかった。ニューオーリンズに本拠地が戻った2007-08シーズンは、主力選手が大きな怪我もなく過ごし、本来の実力を発揮したホーネッツは56勝26敗を記録する大躍進を遂げた。この成績はチーム史上最高勝率だった。またリーグ最激戦区であるサウスウェストデビジョンも初めて制覇し、プレーオフにも4シーズンぶりに進出を果たした。ホーネッツの大躍進はこのシーズンでも最も大きな事件の一つだったが、彼らが成し遂げた最も大きな仕事は、ニューオーリンズ・アリーナに観客を取り戻したことだった。ホーネッツはシーズン序盤から快進撃を続けていたが、彼らの活躍を他所にアリーナの客席には空席が目立つ日々が続いた。ハリケーンの傷痕はまだ癒えておらず、またホーネッツ自体がニューオーリンズ市民にとってはまだ馴染みの浅いチームだった。しかしホーネッツの快進撃が続くにつれ、客席は徐々にファンで埋まっていき、そしてプレーオフ期間に突入した頃には、客席は大勢のファンで埋まった。プレーオフでは地元ファンの熱狂的な応援に後押しされ、1回戦でダラス・マーベリックスを撃破。カンファレンス準決勝では前年チャンピオンチームのサンアントニオ・スパーズ相手に、先にシリーズ王手を賭けたが、最終第7戦で経験の差が表れ、ここでホーネッツは力尽きた。ニューオーリンズ・ホーネッツ フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示

「ニューオーリンズ・ホーネッツ」のニューストピックワード