79件中 41 - 50件表示
  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たサクラメント・キングス

    2016-17シーズンも開幕から負傷者続出の状況からシーズンがスタート。シーズン通して勝率5割以下の状態から脱け出せず、NBAオールスターゲーム開催日にサクラメント・キングスからデマーカス・カズンズを獲得するという大博打に打ってでたものの、状況は変わらず、カズンズは新天地でもテクニカルファウルを連発するという有り様に終始し、結局34勝48敗でプレーオフも不出場に終わった。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たNBAオールスターゲーム

    2016-17シーズンも開幕から負傷者続出の状況からシーズンがスタート。シーズン通して勝率5割以下の状態から脱け出せず、NBAオールスターゲーム開催日にサクラメント・キングスからデマーカス・カズンズを獲得するという大博打に打ってでたものの、状況は変わらず、カズンズは新天地でもテクニカルファウルを連発するという有り様に終始し、結局34勝48敗でプレーオフも不出場に終わった。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たゴールデンステート・ウォリアーズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズとして新たなスタートを切った2013-14シーズンは、タイリーク・エバンスやジュルー・ホリデーなどを獲得し、チーム強化を図ったが、故障者続出で戦力が整わず、34勝48敗とプレーオフには程遠い成績に終わった。2014-2015シーズンは、アンソニー・デイビスが更なる成長を見せチームを牽引。終盤戦はオクラホマシティ・サンダーと第8シードを争うデッドヒートとなったが、シーズン最終戦となった4月15日の11連勝中だったサンアントニオ・スパーズ戦に勝利し、2010-11シーズン以来のプレーオフ出場を決めた。しかし、プレーオフではリーグ勝率1位のゴールデンステート・ウォリアーズとの対戦となり、奮闘及ばず4戦全敗のスイープ負けを喫し、モンティ・ウィリアムズHCは5月12日に解任。同月30日にアルヴィン・ジェントリー新HCの就任が発表された。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たメンフィス・グリズリーズ

    そのため2005-2006シーズンはホームでの試合の大半をオクラホマ州オクラホマシティ(NBA規準のフォード・センターを持ち、主要なプロチームを持たない)で行うこととなった。使用可能なホームコートとしては、ルイジアナ州バトンルージュのピート・マラヴィッチ・アセンブリ・センターもしくはヒューストンのトヨタ・センターなどもあった。一時的なホーネッツのフランチャイズに関心を示した都市はサンディエゴ、ナッシュビル、カンザスシティ、バンクーバー(メンフィス・グリズリーズの旧本拠地)等もあった。ホーネッツはコロラド州コロラドスプリングスのアメリカ空軍士官学校でキャンプの2週間を過ごした。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たニューオーリンズ・セインツ

    2010-11シーズン途中より経営悪化にともないリーグ直轄下に置かれる異例の事態となる。リーグ直轄下に置かれた事で思うような補強ができなくなってしまい、2010-11シーズン後、主力選手のポールやウェストがトレード等でチームを離れてしまった。代わりに、エリック・ゴードンやクリス・ケイマン、トレヴァー・アリーザらを獲得したが、戦力ダウンは否めず、2011-12シーズンを大きく負け越してしまう。しかし、2012年4月、NFL・ニューオーリンズ・セインツのオーナー、トム・ベンソンが3億3800万ドルで買収したことが発表され、リーグ直轄を離れる事になった。2012年のNBAドラフトで全体1位指名権を獲得し、アンソニー・デイビスを指名した。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たバンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)

    そのため2005-2006シーズンはホームでの試合の大半をオクラホマ州オクラホマシティ(NBA規準のフォード・センターを持ち、主要なプロチームを持たない)で行うこととなった。使用可能なホームコートとしては、ルイジアナ州バトンルージュのピート・マラヴィッチ・アセンブリ・センターもしくはヒューストンのトヨタ・センターなどもあった。一時的なホーネッツのフランチャイズに関心を示した都市はサンディエゴ、ナッシュビル、カンザスシティ、バンクーバー(メンフィス・グリズリーズの旧本拠地)等もあった。ホーネッツはコロラド州コロラドスプリングスのアメリカ空軍士官学校でキャンプの2週間を過ごした。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たシャーロット・ボブキャッツ

    ニューオーリンズが2013年5月21日に「ホーネッツ」の名称を放棄したのに続いて、シャーロット・ボブキャッツのオーナー、マイケル・ジョーダンは2013年7月18日にネバダ州ラスベガスで行われるNBA理事会に対して、2014-15年シーズンにチーム名を「シャーロット・ホーネッツ」に変更するための願書を提出したと公式に発表した。NBA副コミッショナーおよび最高運営責任者のアダム・シルバーは以前に、リーグが「ホーネッツ」の名称に対する権利を保有している事実が、改名の過程を迅速にさせると指摘した。2014年5月20日、ボブキャッツは10年間使用してきたチーム名をホーネッツに変更することを公式に発表した。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たニューオーリンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズ(New Orleans Pelicans)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、サウスウェスト・ディビジョン所属。2002年に本拠をニューオーリンズに移して以降のチーム名はニューオーリンズ・ホーネッツだが、2005年のハリケーン・カトリーナの被害により翌シーズンのホーム戦の多くをオクラホマシティで行っており、2007年までニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツの名称を用いていた。2013-14シーズンから、チーム名をニューオーリンズ・ペリカンズに改名。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たルイジアナ州

    ニューオーリンズ・ペリカンズ(New Orleans Pelicans)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、サウスウェスト・ディビジョン所属。2002年に本拠をニューオーリンズに移して以降のチーム名はニューオーリンズ・ホーネッツだが、2005年のハリケーン・カトリーナの被害により翌シーズンのホーム戦の多くをオクラホマシティで行っており、2007年までニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツの名称を用いていた。2013-14シーズンから、チーム名をニューオーリンズ・ペリカンズに改名。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たハリケーン・カトリーナ

    ニューオーリンズ・ペリカンズ(New Orleans Pelicans)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、サウスウェスト・ディビジョン所属。2002年に本拠をニューオーリンズに移して以降のチーム名はニューオーリンズ・ホーネッツだが、2005年のハリケーン・カトリーナの被害により翌シーズンのホーム戦の多くをオクラホマシティで行っており、2007年までニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツの名称を用いていた。2013-14シーズンから、チーム名をニューオーリンズ・ペリカンズに改名。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示

「ニューオーリンズ・ホーネッツ」のニューストピックワード