1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示
  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たノースカロライナ州

    ニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツの前身となったシャーロット・ホーネッツは、1988年にノースカロライナ州シャーロットに設立された。シャーロットはアメリカ独立戦争時の激戦の地であり、イギリス軍に抵抗した指揮官がこの街を「スズメバチの巣」と呼んだのが、「スズメバチ」を意味する「ホーネッツ」という名称の始まりである。「ホーネッツ」の名はこのNBAのチームだけでなく、かつてシャーロットに存在した野球やフットボールのチームにも使われていた縁もあった。エクスパンション・ドラフトでは、マグジー・ボーグス、デル・カリーらを指名し、チーム初のドラフトではレックス・チャップマンを指名した。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たルイジアナ・スーパードーム

    2005年8月にアメリカ南東部を襲ったハリケーン・カトリーナは、ホーネッツの本拠地ニューオーリンズにも大きな被害をもたらした。これによりホーネッツは新しいホームコートを捜す必要が生じた。ニューオーリンズ・アリーナは、甚大な被害を受け取り壊しが検討されることとなったルイジアナ・スーパードーム (現:メルセデス・ベンツ・スーパードーム) と比べると比較的無傷ではあったが、市議会は復旧作業目的以外での市への立ち入りを規制する決定をしたため使用不可能となった。また、ニューオーリンズ自体の復旧も数ヶ月に及ぶことが予想された。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たナッシュビル

    そのため2005-2006シーズンはホームでの試合の大半をオクラホマ州オクラホマシティ(NBA規準のフォード・センターを持ち、主要なプロチームを持たない)で行うこととなった。使用可能なホームコートとしては、ルイジアナ州バトンルージュのピート・マラヴィッチ・アセンブリ・センターもしくはヒューストンのトヨタ・センターなどもあった。一時的なホーネッツのフランチャイズに関心を示した都市はサンディエゴ、ナッシュビル、カンザスシティ、バンクーバー(メンフィス・グリズリーズの旧本拠地)等もあった。ホーネッツはコロラド州コロラドスプリングスのアメリカ空軍士官学校でキャンプの2週間を過ごした。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たトヨタ・センター

    そのため2005-2006シーズンはホームでの試合の大半をオクラホマ州オクラホマシティ(NBA規準のフォード・センターを持ち、主要なプロチームを持たない)で行うこととなった。使用可能なホームコートとしては、ルイジアナ州バトンルージュのピート・マラヴィッチ・アセンブリ・センターもしくはヒューストンのトヨタ・センターなどもあった。一時的なホーネッツのフランチャイズに関心を示した都市はサンディエゴ、ナッシュビル、カンザスシティ、バンクーバー(メンフィス・グリズリーズの旧本拠地)等もあった。ホーネッツはコロラド州コロラドスプリングスのアメリカ空軍士官学校でキャンプの2週間を過ごした。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見た2007-2008シーズンのNBA

    2007-08シーズンは、主力選手が大きな怪我もなく過ごし、本来の実力を発揮したホーネッツは56勝26敗を記録する大躍進を遂げた。この成績はチーム史上最高勝率だった。またリーグ最激戦区であるサウスウェストデビジョンも初めて制覇し、プレーオフにも4シーズンぶりに進出を果たした。ホーネッツの大躍進はこのシーズンでも最も大きな事件の一つだったが、彼らが成し遂げた最も大きな仕事は、ニューオーリンズ・アリーナに観客を取り戻したことだった。ホーネッツはシーズン序盤から快進撃を続けていたが、彼らの活躍を他所にアリーナの客席には空席が目立つ日々が続いた。ハリケーンの傷痕はまだ癒えておらず、またホーネッツ自体がニューオーリンズ市民にとってはまだ馴染みの浅いチームだった。しかしホーネッツの快進撃が続くにつれ、客席は徐々にファンで埋まっていき、そしてプレーオフ期間に突入した頃には、客席は大勢のファンで埋まった。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たニューオーリンズ・ジャズ

    新オーナーのトム・ベンソンは、チームを所有すると早い内からチーム名を地元に因んだ物に変更したいという意向を示し、「ジャズ (Jazz)」に戻したいとした(かつてニューオーリンズを本拠地としたNBAチームはニューオーリンズ・ジャズであったが、後にソルトレイクシティに本拠地を移し、ユタ・ジャズとなった)。しかしながら、ユタは2度のファイナル進出を含む25年に及ぶ歴史を持つ由緒ある名称を復帰させるという考えに全く関心を持っていなかった。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見た2005-2006シーズンのNBA

    2005-06シーズンは、前述のホームコートの大問題をはじめ、戦力補強も進まず、大苦戦は間違いなしとの前評判であったが、クリス・ポールを中心にチームは一致団結、前年の倍以上の勝ち星を挙げ、シンデレラチームと絶賛された。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たバトンルージュ

    そのため2005-2006シーズンはホームでの試合の大半をオクラホマ州オクラホマシティ(NBA規準のフォード・センターを持ち、主要なプロチームを持たない)で行うこととなった。使用可能なホームコートとしては、ルイジアナ州バトンルージュのピート・マラヴィッチ・アセンブリ・センターもしくはヒューストンのトヨタ・センターなどもあった。一時的なホーネッツのフランチャイズに関心を示した都市はサンディエゴ、ナッシュビル、カンザスシティ、バンクーバー(メンフィス・グリズリーズの旧本拠地)等もあった。ホーネッツはコロラド州コロラドスプリングスのアメリカ空軍士官学校でキャンプの2週間を過ごした。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ペリカンズ

    ニューオーリンズ・ペリカンズから見たNBA

    ニューオーリンズ・ペリカンズ(New Orleans Pelicans)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、サウスウェスト・ディビジョン所属。2002年に本拠をニューオーリンズに移して以降のチーム名はニューオーリンズ・ホーネッツだが、2005年のハリケーン・カトリーナの被害により翌シーズンのホーム戦の多くをオクラホマシティで行っており、2007年までニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツの名称を用いていた。2013-14シーズンから、チーム名をニューオーリンズ・ペリカンズに改名。ニューオーリンズ・ペリカンズ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示

「ニューオーリンズ・ホーネッツ」のニューストピックワード