196件中 11 - 20件表示
  • 森昭一郎

    森昭一郎から見たニュースJAPANニュースJAPAN

    第1期アナウンサー時代には「ニュースJAPAN」、「めざまし天気」、「プロ野球ニュース2000」、「すぽると!&ニュース」などでキャスターを担当。森昭一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤優子

    安藤優子から見たニュースJAPANニュースJAPAN

    「ニュースステーション」降板後はテレビ出演を止め、28歳の時に大学へ復学したが、今度はフジテレビから声を掛けられ、1987年10月から「FNNスーパータイム」に出演。仕事と勉学を両立させ、1988年春に上智大学を卒業。1991年の湾岸戦争では日本人ジャーナリストで、唯一現場取材をおこなった。1993年、かつてコンビを組んだ同番組初代キャスター・逸見政孝の葬儀をレポート。生放送中に号泣した。その後、1994年4月から2000年3月まで深夜枠の「ニュースJAPAN」にてキャスターを務める。他にも多くの報道特別番組に出演。小谷真生子、小宮悦子、田丸美寿々、三雲孝江らと共に、日本を代表する女性キャスターに成長。理想の上司ランキングでは常に上位にランクインしていた。安藤優子 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部知代

    阿部知代から見たニュースJAPANニュースJAPAN

    元々、他局に比して女性アナウンサーの立場が不利であったフジテレビだが、特に報道では1978年に阿部の11期先輩の田丸美寿々が初めてニュース番組の司会に抜擢されたものの、1980年代になっても女性アナウンサーが一人でニュースを読む事はなく、『FNNレインボー発』等のフジテレビの定時ニュースは長年にわたり男性アナウンサー限定の仕事であった。現在のように女性も担当するようになったのは、1990年代初頭に阿部が報道上層部に直訴したことによる。そのとき女子アナとして初めて1ショットのニュース(週末の『産経テレニュースFNN』)にキャスティングされ、これが功を奏して、翌1994年には安藤優子がメインの『ニュースJAPAN』もスタートした。阿部知代 フレッシュアイペディアより)

  • 山本周

    山本周から見たニュースJAPANニュースJAPAN

    愛知県名古屋市生まれ。1974年福岡県立修猷館高等学校卒業。1980年3月早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、同年4月フジテレビ入社。報道局に配属。政治部首相官邸担当キャップ・デスク、政治部専任部長、BSニュース編集長、ニュースJAPAN編集長、政治部長、取材センター室長、報道局次長を経て2010年6月29日付で解説副委員長に就任。コメンテーターとして、ニュース番組での解説などを行う。山本周 フレッシュアイペディアより)

  • 中村仁美

    中村仁美から見たニュースJAPANニュースJAPAN

    ニュースJAPAN(2005年8月1日 - 5日、滝川クリステルの代行)中村仁美 フレッシュアイペディアより)

  • FNNニュース最終版

    FNNニュース最終版から見たニュースJAPANニュースJAPAN

    このようなコンプレックスはこの番組の名残で、2000年以後形式上分離した「ニュースJAPAN」と「プロ野球ニュース」(2001年3月終了。同4月より同枠で「すぽると!」開始し今日に至る)も長らく番組表ではコンプレックス扱いとされていたが、デジタル完全移行後の2011年7月25日以後はEPGを除き、コンプレックスは解消されている。FNNニュース最終版 フレッシュアイペディアより)

  • 大島由香里

    大島由香里から見たニュースJAPANニュースJAPAN

    ニュースJAPAN』のキャスターに着任してからは、これまで長く伸ばしていた髪をばっさりと切り、髪型をショートボブに変化させている。髪型を変えた理由については「心機一転、夜の視聴者の方が入り込みやすい世界観を作ろうと思った」と語っている。また、自らへのけじめをつけるという意味でもあるという。大島由香里 フレッシュアイペディアより)

  • 平井文夫

    平井文夫から見たニュースJAPANニュースJAPAN

    大学卒業後、フジテレビジョンに入社。報道局外信部ワシントン特派員、『ニュースJAPAN』プロデューサー、首相官邸キャップ、報道センター編集長、取材センター室長兼政治部長、報道局専任局長などを経て、2011年6月29日付で報道局解説副委員長に就任した。平井文夫 フレッシュアイペディアより)

  • ニュース&すぽると!

    ニュース&すぽると!から見たニュースJAPANニュースJAPAN

    そのため、新聞のラ・テ欄上の表記と地上デジタル放送では『FNNニュース』も含めてステレオ放送となっている。また、平日同様、『FNNニュース』のエンディングに「終」のテロップが出ることなく、天気予報の画面の下半分に提供クレジットが表示されるだけで、エンディングテーマも流れずに「すぽると!」の予告に入る。スポーツコーナーの最初の提供クレジットのナレーションは「ここからは、ご覧のスポンサーがお送りします」となっており、コンプレックス枠の形を取っていることがわかる(平日の『すぽると!』も『ニュースJAPAN』と事実上コンプレックス化されており、「ここからは…」とアナウンスされる)。ニュース&すぽると! フレッシュアイペディアより)

  • BSフジLIVE プライムニュース

    BSフジLIVE プライムニュースから見たニュースJAPANニュースJAPAN

    特に政治に関しては『新報道2001』同様に与野党の幹部クラスも生出演・討論するため、地上波・フジテレビ系で当日夜の『ニュースJAPAN』をはじめ、翌朝以降の各報道・情報番組でも発言がニュースとして取り上げられている。BSフジLIVE プライムニュース フレッシュアイペディアより)

196件中 11 - 20件表示

「ニュースJAPAN」のニューストピックワード