161件中 61 - 70件表示
  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見た番組表

    番組名は、地上デジタル放送のEPGでは2009年(平成21年)12月まで、『すぽると!』と共通で「LIVE200XニュースJAPAN」のタイトルで表記していたが、2010年1月から「LIVE201X ニュースJAPAN&すぽると!」の表記となった。新聞の番組表もこれにしたがっていたが、2011年7月25日からは当番組と「すぽると」を別番組扱いとして表示するようになった(EPGはこれまでどおり「ニュースJAPAN&すぽると!」でひとくくりの扱いとなっている)。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見たプロ野球ニュース

    番組開始当初、平日は『プロ野球ニュース』(後の『すぽると!』)を内包、週末は逆に『スポーツWAVE』に内包される形でスタート。1995年(平成7年)3月の『スポーツWAVE』終了とともに平日のみの放送となったが、1997年(平成9年)4月から2003年(平成15年)3月まで本番組の週末版として『ニュースJAPAN WEEKEND』を放送していた。週末版についての詳細は、同番組の項目で解説する。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見たNNNきょうの出来事

    視聴率は、開始当初こそはライバルの長寿報道番組『NNNきょうの出来事』(日本テレビ)と『筑紫哲也 NEWS23』(TBS)と言う先発の2つの裏番組に苦戦していたが、日本テレビでは巨人戦プロ野球中継の放送時間延長の影響で、放送開始が30分遅れることが当時4月から9月の間に多発したため、放送時間変動が多くあり視聴者の流出を発生させたことや、かつては視聴率首位独走していた『きょう出来』も1994年4月当時の人気看板キャスターであった櫻井よしこの1996年(平成8年)3月の勇退による降板もあり、『きょう出来』の視聴者が本番組に流れたため、日によっては『きょう出来』を上回る視聴率を記録することが多くなっていった。もう一方のライバル『NEWS23』も1996年に発覚したTBSビデオ問題で失速した結果、同番組からも本番組へと乗り換える視聴者が増えたことから、1996年秋以降は視聴率が上昇、1997年以降も安定した視聴率となった。しかし1990年代当時はフジテレビにおいてもプロ野球中継で30分遅れてのスタートになることが同様にあったため、繰り下がった放送日では特に日本テレビとの極端な差はなく、ほぼ横ばいで推移していた。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見た視聴率

    松本・滝川時代になってからはアメリカ政治・選挙の話題や軍事関連の特集を積極的に行う。また、キャスターである滝川クリステルの人気もあってか、この時間帯のニュースとしては『NEWS ZERO』(日本テレビ) に次ぐ第2位の視聴率を記録した(視聴率は、本番組と後番組『すぽると!』の放送時間を合わせて集計される)。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見た電子番組ガイド

    番組名は、地上デジタル放送のEPGでは2009年(平成21年)12月まで、『すぽると!』と共通で「LIVE200XニュースJAPAN」のタイトルで表記していたが、2010年1月から「LIVE201X ニュースJAPAN&すぽると!」の表記となった。新聞の番組表もこれにしたがっていたが、2011年7月25日からは当番組と「すぽると」を別番組扱いとして表示するようになった(EPGはこれまでどおり「ニュースJAPAN&すぽると!」でひとくくりの扱いとなっている)。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見たアメリカ合衆国

    松本・滝川時代になってからはアメリカ政治・選挙の話題や軍事関連の特集を積極的に行う。また、キャスターである滝川クリステルの人気もあってか、この時間帯のニュースとしては『NEWS ZERO』(日本テレビ) に次ぐ第2位の視聴率を記録した(視聴率は、本番組と後番組『すぽると!』の放送時間を合わせて集計される)。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見たFNNスピーク

    2003年(平成15年)9月29日からは報道センターで『FNNスーパータイム』『FNNスピーク』『FNNスーパーニュース』等の編集長を務めてきた松本方哉がプロデューサー兼キャスターとして登場(プロデューサーとしては3ヶ月前から着任)。これと同時にそれまで河田町の旧社屋時代の2代目のセットから続いた白を基調とする明るさを重視していたスタジオセットがガラリと変わり、初代セット以来8年半ぶりに再びやや暗めなセットデザインに戻された。松本方哉は、2003年(平成15年)10月にフジテレビホームページ で以下の通り抱負を述べている。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見たFNNニュース最終版

    『FNN NEWSCOM』に替わり、1994年(平成6年)4月1日放送開始。当初はスポーツニュース(『プロ野球ニュース』、2001年4月から『すぽると!』)をインサートして後半に特集を放送する3部構成だったが、2003年(平成15年)3月に前半が『ニュースJAPAN』、後半が『すぽると!』という構成となり、事実上、両パートが分離し、コンプレックス枠を形成している。このようなコンプレックス形式(新聞番組表・EPGの上で)は、1988年度・1989年度に放送された『ニュース最終版(『プロ野球ニュース』&『DATE LINE』)』の時代からの名残である(1990年度-1993年度はコンプレックスは解消され『FNN NEWSCOM』と『プロ野球ニュース』は別枠となっていた)。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見たFNNニュース

    番組開始当初から6年間にわたりキャスターを務めていた安藤が視聴率改善のため『FNNスーパーニュース』へ異動することになったため勇退し、2000年(平成12年)4月から新キャスターを田代尚子アナウンサー(当時)が担当、リポーター兼田代の代理キャスターを小泉陽一が担当することになった。同時に放送時間を変更し、特集が縮小(2001年に廃止)となり、ニュースのみで随時特集企画を組み込む構成になった。スタジオセットが3年ぶりに変更され、番組タイトルロゴが「NニュースJAPAN」から「NJAPAN」に変更された(ただしこの期間は両方のロゴが使われている)。その後、田代は週末(土・日)の深夜最終版FNNニュースへ移動し、後任として2002年(平成14年)9月30日から安倍宏行と滝川クリステルがキャスターに就任した。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見たあしたのニュース

    正式タイトルについては、放送開始の1994年(平成6年)から1999年(平成11年)まで『LIVE'94 ニュースJAPAN』(ライブきゅうじゅうよん - )のように、「LIVE」と放送年の西暦の下2桁を表記、2000年(平成12年)以降は西暦4桁が表記された。最終放送年の2015年(平成27年)は『LIVE2015 ニュースJAPAN』(ライブにせんじゅうご ニュースジャパン)。この番組タイトルの前に「LIVE+西暦」が表記されるスタイルは後番組の『あしたのニュース』でも継続される。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

161件中 61 - 70件表示

「ニュースJAPAN」のニューストピックワード