491件中 21 - 30件表示
  • ニューヨーク

    ニューヨークから見たニューヨーク証券取引所ニューヨーク証券取引所

    市内には世界的に知られた地区やランドマークが数多くある。自由の女神像は、19世紀末から20世紀初めにかけて、アメリカへ渡ってきた何百万人もの移民を出迎えていた。ロウアー・マンハッタンのウォール街は第二次世界大戦以来金融の国際的中心地であり、ニューヨーク証券取引所が置かれている。エンパイア・ステート・ビルディングや1 ワールドトレードセンターなど超高層ビルも多く建ち並び、ワールドトレードセンターもその一つであった。国際連合本部ビルもあり、国際政治の中心でもある。ニューヨーク フレッシュアイペディアより)

  • カナダ太平洋鉄道

    カナダ太平洋鉄道から見たニューヨーク証券取引所ニューヨーク証券取引所

    トロント証券取引所とニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルとしてCPが使われている。カナダ太平洋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • Orange (通信会社)

    Orange (通信会社)から見たニューヨーク証券取引所ニューヨーク証券取引所

    Orange S.A.(オレンジまたはオランジュ、ユーロネクスト:ORA, NYSE: ORAN, BIT: ORA)は、フランスの主要電気通信事業者の一つ。旧称はフランス・テレコム (France Télécom) 。世界中で16万6,000人の従業員と2億3,200万人の利用者を抱える。Orange (通信会社) フレッシュアイペディアより)

  • Genpact

    Genpactから見たニューヨーク証券取引所ニューヨーク証券取引所

    ジェンパクト (GENPACT) は、GE(ゼネラルエレクトリック)から独立して設立された、企業の業務プロセスの変革、最適化、実行を担うサービスプロバイダーで、ニューヨークに本社機能がある。ニューヨーク証券取引所上場会社(NYSE: G)。社名の語源は、ビジネスにインパクトをもたらす(Generating Business Impact)である。GEの業務改革支援で培ったリーンシックスシグマおよびオペレーショナルエクセレンスをDNAとして引き継いでいる。Genpact フレッシュアイペディアより)

  • ロウアー・マンハッタン

    ロウアー・マンハッタンから見たニューヨーク証券取引所ニューヨーク証券取引所

    ロウアー・マンハッタンのウォール街は、世界の金融の中心として知られている。世界最大の証券取引所であるニューヨーク証券取引所が存在する。商業地は、チェンバーズ・ストリートより南に形成されている。この中には、金融街のウォール・ストリートや、ワールド・トレード・センター跡地を含んでいる。島の南端には、バッテリー・パークがあり、ニューヨーク市庁舎は、金融街の北に位置する。計画都市であるバッテリー・パーク・シティや歴史的なサウス・ストリート・シーポートも存在する。チェンバーズ・ストリートの西側にはトライベッカ地区が広がり、東側にはマンハッタン市営ビルがある。ブルックリン橋とキャナル・ストリートの間には、ニューヨークで最も古いチャイナタウンがある。多くの裁判所や官庁もこの地区に位置する。キャナル・ストリートと14丁目の間には、ソーホー、ミートパッキング・ディストリクト、ウェスト・ヴィレッジ、グリニッジ・ヴィレッジ、リトル・イタリー、ノリータ、イースト・ヴィレッジが、14丁目と23丁目の間には、チェルシー、ユニオン・スクエア、フラットアイアン・ディストリクト、グラマシー、ピーター・クーパー・ヴィレッジ、スタイヴサント・タウンの地区が広がる。ロウアー・マンハッタン フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・B・ポスト

    ジョージ・B・ポストから見たニューヨーク証券取引所ニューヨーク証券取引所

    彼はより古風な半公共の建築物もまた設計している。代表作としてニューヨーク証券取引所ビルおよびウィスコンシン州会議事堂がある。ポストによる著名な私有住居としては、一時は5番街57丁目に所在していたコーネリアス・ヴァンダービルト2世のためのフランス風の城(1879–82年)および57丁目を挟んで面する:en:Collis P. Huntingtonのためのpalazzo(1889–94年)がある。ロードアイランド州ニューポートにおいて、彼は:en:Louisville and Nashville Railroad社長のC.C. Baldwinのために"Chateau-Nooga"またはBaldwin Cottage(1879–80年)を建設した。これは破風板および半分の建築用材を使用し多色を用いた手"風変わりな様式 (Quaint Style) "の実験作となった。:en:John La Fargeは、ステンドグラスのパネルを供給した。ジョージ・B・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • 新韓銀行

    新韓銀行から見たニューヨーク証券取引所ニューヨーク証券取引所

    1982年に在日韓国人の資本によって設立された。2003年9月に政府の管理下にあった老舗の朝興銀行を買収し、グループ合計での預金高は国内第2位になった。銀行の全株式を新韓金融持株会社が保有し、韓国証券取引所(証券コード:55550)とニューヨーク証券取引所(証券コード:SHG)に株式を上場している。傘下には済州特別自治道を地盤とする地方銀行の済州銀行、証券会社(新韓金融投資、2009年グットモーニング新韓証券から変更)、クレジットカード、投資顧問等の子会社を有する。韓国で最も成長著しい金融機関の一つ。韓国外14ヶ国48個(6支店、10現地法人、34現地法人子支店、2代表事務所)の海外営業所を有する。フランスのBNPパリバと資本提携を結んでいる。韓国での分類は「市中銀行」で銀行コードは26である。新韓銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 1907年恐慌

    1907年恐慌から見たニューヨーク証券取引所ニューヨーク証券取引所

    1907年10月、ビュートの銅山王(Copper King)とも呼ばれたF・アウグスタス・ハインツらがユナイテッド銅社株の買占めを謀った。この株買占めは失敗に終わり、ハインツが頭取であったマーカンタイル・ナショナル銀行をはじめ、買占めに資金を提供したとされる銀行で取り付け騒ぎがおきた。騒ぎはやがて関連する銀行や信用会社にも広まり、翌週には当時ニューヨーク第3位の信用会社であったニッカーボッカー信託会社(現バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)が営業停止に追い込まれ、恐慌が表面化した。ニッカーボッカー信託会社の倒産による関連金融機関での取り付けは連鎖していった。地方銀行は都市銀行から、全国の都市銀行はニューヨークの銀行から預金(バンカーズ・バランス)の回収をはかった。このためほとんど全国的に銀行で支払制限が行われ、多くの銀行が準備金の枯渇により破産した。ニューヨーク証券取引所株価は、前年度最高値と比較して50%まで暴落し、多数の銀行や信託会社で取り付け騒ぎが発生した。ニューヨークに端を発したこの恐慌はやがてアメリカ全土に広がって、多くの州法銀行、証券会社また地方銀行や企業が破綻し、失業者の数は300万人から400万人にのぼった。1907年恐慌 フレッシュアイペディアより)

  • テラデータ

    テラデータから見たニューヨーク証券取引所ニューヨーク証券取引所

    テラデータ(Teradata Corporation, NYSE:TDC)は、データ分析などの製品および関連サービスを販売している国際的なコンピュータ企業。同社の製品は、異なるソースからのデータを統合して分析に利用できるように考えられている。本社はアメリカ合衆国オハイオ州のマイアミズバーグ。テラデータ フレッシュアイペディアより)

  • ウォール街

    ウォール街から見たニューヨーク証券取引所ニューヨーク証券取引所

    現在では通りの周辺の区域も含めて、世界の金融センター「ウォール街」として定着している。ニューヨーク証券取引所をはじめ米国の金融史とゆかりのある地区である。米国の金融業界や証券市場を指す比喩としての用法もある。ウォール街 フレッシュアイペディアより)

491件中 21 - 30件表示

「ニューヨーク証券取引所」のニューストピックワード