56件中 31 - 40件表示
  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見たインタビュー

    これをクリアしたみずほフィナンシャルグループは、公的資金の完済を果たしたこともあり、日本企業としては4年ぶりにNYSE上場を果たした。みずほ社長の前田晃伸は、SOX法への対応に100億円を費やしたと上場直後のインタビューで語っており、その負担の大きさが計り知れる。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見た世界金融危機 (2007年-)

    2008年 - 世界金融危機によりニューヨーク・ダウが1万ドル以下に暴落。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見たアメリカ合衆国国定歴史建造物

    メインの建物は、ウォール・ストリートとエクスチェンジ・プレイスの角、ブロード・ストリート18番地に位置している。立会場はメインの建物に隣接するウォール・ストリート11番地のビル内にあり、21のトレーディング・ルームからなる。かつて、メインの建物からエクスチェンジ・プレイスを挟んで向かいにあるブロード・ストリート30番地の建物内にあったトレーディング・ルームは2007年2月に閉鎖された。18 ブロード・ストリートと11 ウォール・ストリートの建物は1978年にアメリカ合衆国国定歴史建造物に登録された。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見た月曜日

    ニューヨーク証券取引所(ニューヨークしょうけんとりひきじょ、)は、アメリカ合衆国のニューヨークにある世界最大の証券取引所である。取引時間は祝祭日を除くから金曜の9:30 - 16:00(現地時間) 。通称「ビッグ・ボード(Big Board)」。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見た株価大暴落

    1929年 - 暗黒の木曜日(ブラック・サーズデー)─過熱気味のニューヨーク・ダウが大暴落、世界恐慌が起こる。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見た日本

    日本の三大証券取引所とは異なり、企業規模などによる市場指定(第一部・第二部など)は行ってはいない。大規模企業の上場が多く、日本企業では1970年にソニーが上場して以来、2016年12月現在13社が上場している。また、シンボルコード(別称:ティッカー)と呼ばれる、各企業を表す1?4桁のアルファベットがNYSE内の証券コードとして用いられる。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見た日本経済新聞

    以上の企業は、日本経済新聞マーケット総合面に、100前後の海外主要企業とともに毎週火曜日から土曜日に1日遅れの株価が掲載される。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見たブラックマンデー

    1987年 - 暗黒の月曜日(ブラック・マンデー)─前営業日比約508ドル安(下落率22.6%)と株価が暴落。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見た世界恐慌

    1929年 - 暗黒の木曜日(ブラック・サーズデー)─過熱気味のニューヨーク・ダウが大暴落、世界恐慌が起こる。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見た上場企業会計改革および投資家保護法

    1998年以降、毎年1社以上の日本企業が上場していたが、2002年のコナミを最後に4年余りなかった。この背景には、2002年7月に制定された米国の上場企業会計改革および投資家保護法(通称SOX法)がある。 エンロンやワールドコムの不正会計事件を受けて制定された同法は、米国企業のみならず米国の証券取引所に上場する外国企業にも厳正なコーポレート・ガバナンスを求めており、この対応に多くの費用と時間を強いられるため、上場が敬遠されていた。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示