前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示
  • 池田満寿夫

    池田満寿夫から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1961年には、上野・不忍画廊で初の個展を開く。1965年には、ニューヨーク近代美術館で日本人として初の個展を開き、話題となる。1966年、32歳のとき、棟方志功に次いで版画家としては最高権威のヴェネツイア・ビエンナーレ展版画部門の国際大賞を受賞。池田の名を国際的にも第一線の芸術家にした。版画のドライポイントでは、パウル・クレーやウィレム・デ・クーニングに加え、雪舟、水墨画の影響も受けていた。東京国際版画ビエンナーレ展などで、外国人審査員が評価したのは池田作品の中に“東洋の影”を見たからである。池田満寿夫 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言(これはデザイナーは商業的であり、画家より格が低いという思想から。明確な両者の差はない)。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。向田邦子脚本によるテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年・TBS)では、倉田という謎の多い人物を演じた。長女の横尾美美も美術家。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 剣持勇

    剣持勇から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1961年に発表されたラタンチェアーは日本の家具としては初めてニューヨーク近代美術館(MOMA)の永久収蔵品に加えられた。剣持勇 フレッシュアイペディアより)

  • 内田文武

    内田文武から見たMoMAニューヨーク近代美術館

    2008年には、2年に1度MoMAが開催する異なる都市、国、地域にスポットをあてMoMAの学芸員が選定したものを取り上げる企画"デスティネーション:デザイン"に、作品4点が選定される。また、世界中から選び抜かれたクリエーターが掲載された年鑑「LE BOOK」のニューヨーク、パリ、ロンドン、各国のパッケージを担当する。内田文武 フレッシュアイペディアより)

  • シーザー・ペリ

    シーザー・ペリから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    彼の有名な作品は、例えばマレーシアの首都クアラルンプールにある、一時は世界一の高さを誇ったペトロナスツインタワーや、ニューヨークのワールドフィナンシャルセンター、ニューヨーク近代美術館増築、カーネギーホールタワー、香港の香港国際金融中心などが上げられる。また日本でも、羽田空港第二ターミナルビル、愛宕グリーンヒルズ、日本橋三井タワー、中之島三井ビルディング、NTT新宿本社ビル(現在のNTT東日本本社)、国立国際美術館、大阪歴史博物館、シーホーク ホテル&リゾート(現在の「JALリゾート シーホーク ホテル福岡」)、倉吉パークスクエアなどを手がけている。シーザー・ペリ フレッシュアイペディアより)

  • 喜多俊之

    喜多俊之から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1980年に発表した椅子「Wink」と1983年に発表したテーブル「Kick」がニューヨーク近代美術館に、1997年には開催されたセビリア万博日本館(1992年)で使用された「MULTI LINGUAL CHAIR」がパリのポンピドゥー・センター、ニューヨーク近代美術館のパーマネント・コレクション(永久保存)に選定された。喜多俊之 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎和男

    川崎和男から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    毎日デザイン賞、ニューヨーク近代美術館永久展示1、フランスシルモ展デザインコンペのグランプリ等、国内外のデザイン賞を受賞している。川崎和男 フレッシュアイペディアより)

  • au design project

    au design projectから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    2003年までは、携帯電話に求められるものとして「性能の向上」があった。それは時間の経過と共に達成されつつあったが、弊害としてどの機種も同じような見た目・性能になってしまった。そこでauでは性能よりデザインに力を入れる目的で、au design projectを立ち上げ他キャリアと差別化を図った。このことが評価され、ニューヨーク近代美術館収蔵品に4機種が選定された。au design project フレッシュアイペディアより)

  • アカデミー名誉賞

    アカデミー名誉賞から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    第10回:エドガー・バージェン、W・ハワード・グリーン、ニューヨーク近代美術館フィルム・ライブラリ、マック・セネットアカデミー名誉賞 フレッシュアイペディアより)

  • ゲルニカ (絵画)

    ゲルニカ (絵画)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    スペイン内戦はフランコ将軍の勝利により終結。この絵はロンドンなどを巡回したのちにヨーロッパの戦火を避け、1939年、米国に渡りニューヨーク近代美術館に預けられる。第二次世界大戦後もフランコ将軍の政権下にあったスペイン政府はこの絵の返還を求めるが、「スペインに自由が戻るまでこの絵を戻すことはない」とピカソは拒否した。ゲルニカ (絵画) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード