前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
378件中 1 - 10件表示
  • 池田満寿夫

    池田満寿夫から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1961年には、上野・不忍画廊で初の個展を開く。1965年には、ニューヨーク近代美術館で日本人として初の個展を開き、話題となる。1966年、32歳のとき、棟方志功に次いで版画家としては最高権威のヴェネツイア・ビエンナーレ展版画部門の国際大賞を受賞。池田の名を国際的にも第一線の芸術家にした。版画のドライポイントでは、パウル・クレーやウィレム・デ・クーニングに加え、雪舟、水墨画の影響も受けていた。東京国際版画ビエンナーレ展などで、外国人審査員が評価したのは池田作品の中に“東洋の影”を見たからである。池田満寿夫 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    幼少期に西脇でさまざまな超常現象を経験。死の世界に憧れを抱く。神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。三島由紀夫に出会い三島の「聖俗一体」的言動に触発される。三島の死をきっかけにその後の15年間をオカルティズムや神秘主義まで包括した精神世界に傾斜してゆくが、それらが大いなる錯覚だったと気づき「私」の探求の延長線上で絵画に出会う。精神世界と絵画は全く別の存在だと考えていたが、後にこの両者が自分すら知らない深いところで結びついていると感じるに至る。向田邦子脚本によるテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年・TBS)では、倉田という謎の多い人物を演じた。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • ピエト・モンドリアン

    ピエト・モンドリアンから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1942年、モンドリアンは生涯初の個展を開いた。1943年には『ブロードウェイ・ブギウギ』がニューヨーク近代美術館に購入されるなど、その作品に対する評価もようやく高まりはじめる。もっともモンドリアン自身はそれまでの自らの作品に満足することなく、目指す絵画を創り上げるために試行錯誤を続けていた。亡くなる少し前に彼は、自分の目標は次々に高くなるので、その実現に悪戦苦闘すると述べている。1944年、風邪をこじらせて肺炎となり、未完の『ヴィクトリー・ブギウギ』を遺してニューヨークで死去した。ブルックリンのサイプレス・ヒルズ墓地に埋葬された。ピエト・モンドリアン フレッシュアイペディアより)

  • 松風荘

    松風荘から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    松風荘の建物は、1954年にニューヨーク近代美術館 (MoMA)の展示物として日本から寄贈されたもので、2年間の展示期間の終了後に現在地に移転し、1958年に一般公開された。建物は吉村順三による設計で、書院造を基本にしたものである。庭園は、建物の移築以前からフェアマウント公園にあった日本庭園(1909年造園)がもとになっている。松風荘 フレッシュアイペディアより)

  • au design project

    au design projectから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    2003年までは、携帯電話に求められるものとして「性能の向上」があった。それは時間の経過と共に達成されつつあったが、弊害としてどの機種も同じような見た目・性能になってしまった。そこでauでは性能よりデザインに力を入れる目的で、au design projectを立ち上げ他キャリアと差別化を図った。このことが評価され、ニューヨーク近代美術館収蔵品に4機種が選定された。au design project フレッシュアイペディアより)

  • 内田文武

    内田文武から見たMoMAニューヨーク近代美術館

    2008年には、2年に1度MoMAが開催する異なる都市、国、地域にスポットをあてMoMAの学芸員が選定したものを取り上げる企画"デスティネーション:デザイン"に、作品4点が選定される。また、世界中から選び抜かれたクリエーターが掲載された年鑑「LE BOOK」のニューヨーク、パリ、ロンドン、各国のパッケージを担当する。内田文武 フレッシュアイペディアより)

  • タケフナイフビレッジ

    タケフナイフビレッジから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1995年 ニューヨーク近代美術館に永久展示選定。タケフナイフビレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 植木莞爾

    植木莞爾から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    植木 莞爾(うえき かんじ、1945年 - )は、日本のインテリアデザイナー。日本人で初めてニューヨーク近代美術館のインテリアデザインを手がけた。また、スティーブ・ジョブスがApple Store1号店(アメリカ合衆国)をデザインするに当たって、最終段階で関わったことで知られる。植木莞爾 フレッシュアイペディアより)

  • 南桂子

    南桂子から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1957年にはニューヨーク近代美術館(MoMA)のクリスマスカードに「羊飼いの少女」が採用され、1958年にはユニセフによるグリーティングカードに「平和の木」が採用された。このグリーディングカードは200万枚以上が発行され、2度増刷されている。1964年にはユニセフの1966年版カレンダーに「子供と花束と犬」が採用された。1970年に出版された谷川俊太郎の詩集『うつむく青年』では、ペン画による挿絵や装画を手がけた。谷川は「銅のフェティシズム 南桂子さんに」という詩を詠んでいる。1968年には親交のあった朝吹登水子らが翻訳を担当した『世界文学全集 46 ボーヴォワール/デュラス』(講談社)で挿絵8点を手掛け、1969年に出版された福永武彦の『幼年 その他』(講談社)でも挿絵を手掛けている。南桂子 フレッシュアイペディアより)

  • 脱構築主義建築

    脱構築主義建築から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    脱構築主義の建築家の多くは実際の設計には恵まれず、もっぱら建築思想家として、また建つことのない建築のイメージを描いたドローイングで有名であったが(例:ダニエル・リベスキンド)、後述するニューヨーク近代美術館による『脱構築主義者の建築』展のあと、1990年代以降は各地で実際の建築を設計するようになっている。ポストモダンの退潮後、モダニズム建築が復権するかたわら、脱構築主義は各国でのコンペに勝利することで、スタジアムや超高層ビルなどより広い活躍の場を得るようになっている。脱構築主義建築 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
378件中 1 - 10件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード