378件中 91 - 100件表示
  • ローレンス・スティーヴン・ラウリー

    ローレンス・スティーヴン・ラウリーから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ロンドンのテート・ギャラリーは、23点の作品を所有している。サウサンプトン市は『浮き橋』(The Floating Bridge)、『運河橋』(The Canal Bridge)および『工業都市』(An Industrial Town)を所有する。彼の作品は、ニューヨーク近代美術館で特集されている。ニュージーランドのクライストチャーチにあるクライストチャーチ・アート・ギャラリー・テ・プナ・オ・ワイフェトゥ(Christchurch Art Gallery Te Puna o Waiwhetu)は、そのコレクションに『ウィッドネスの工場』(Factory at Widnes)(1956年)を持っている。この絵は、そのギャラリーの1950年代の最も重要な取得物の1つであったし、そしてその収集の現代英国美術の呼び物のままである。ローレンス・スティーヴン・ラウリー フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・ルイス

    モーリス・ルイスから見たMoMAニューヨーク近代美術館

    MoMA The Collection Morris Louis (American, 1912?1962) - MoMAモーリス・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • ジグマー・ポルケ

    ジグマー・ポルケから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1999年: イスラエル賞、ニューヨーク近代美術館で個展「Sigmar Polke: Works on Paper 1963?1974」ジグマー・ポルケ フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・ゴンサレス (彫刻家)

    フリオ・ゴンサレス (彫刻家)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ピカソの影響でゴンサレスはスタイルを大きく変化させた。はっきりと彫刻家の道を歩み始めたのは50代半ば、1920年代末のことである。それから晩年までの約10年間に数々の彫刻作品を制作した。1934年にはジャン・アルプ、マックス・エルンスト、アルベルト・ジャコメッティ、ジョアン・ミロなどと一緒にスイスのチューリッヒ美術館で開催されたグループ展に出品。1937年には結婚。同年のパリ万国博覧会ではスペイン館に展示されたピカソの壁画「ゲルニカ」が注目を集めたが、ゴンサレスの「La Monserrat」は「ゲルニカ」の隣に展示された。また同年ニューヨーク近代美術館で開催された「キュビスムと抽象芸術」にも作品を出品した。1937年にはパリ郊外アルクイユに転居。第二次世界大戦でナチス・ドイツ軍がフランスを占領すると妻とともにフランスを離れたが、わずか1年後にはアルクイユに戻っている。1942年3月27日、心臓発作によりアルクイユの自宅で死去した。フリオ・ゴンサレス (彫刻家) フレッシュアイペディアより)

  • 廣田尚子

    廣田尚子から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1997年ミラノサローネ出展。1998年The I.D.Annual Design Review入賞。ニューヨーク近代美術館(MoMA)、アムステルダム市立近代美術館にてオリジナルバッグ(NAOCA)を販売。プロダクトデザイン、バッグのデザインで注目されるデザイナー。廣田尚子 フレッシュアイペディアより)

  • アーカンソー大学

    アーカンソー大学から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    エドワード・ダレル・ストーン - 20世紀を代表する建築家。主な建築物はラジオシティ・ミュージックホール、ジョン・F・ケネディ・センター、ニューヨーク近代美術館など。アーカンソー大学 フレッシュアイペディアより)

  • 駒 (チェス)

    駒 (チェス)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    駒のデザインのバリエーションは幅広く、少し飾っただけのものから、ルイス・キャロルの作品やスタートレック、ガンダム、シンプソンズ等をテーマにしたもの等、様々なものがある。装飾的な駒は、実際のプレーに用いるよりも、インテリアなどとして用いられる。チェスの愛好者でダダイストのマン・レイ等、芸術家がデザインしたチェスセットもあり、ニューヨーク近代美術館に展示されている。駒 (チェス) フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ノイトラ

    リチャード・ノイトラから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ノイトラは、ライトの影響から脱却し、白い無装飾な直角の箱とでも表現すべき、ヨーロッパのモダニズムを受け継いだ作風へと向かう。1932年のニューヨーク近代美術館における「国際現代建築展」にも選ばれ、参加している。また、A&A(Arts & Architecture)誌の企画によるケース・スタディ・ハウスにも参加し、No.6(施工されず)、No.20を手掛けている。リチャード・ノイトラ フレッシュアイペディアより)

  • リクリット・ティーラワニット

    リクリット・ティーラワニットから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    リクリットの作品は世界中の美術館、ギャラリーに展示されている。個展だけでもパリ市立近代美術館(2005)、サーペンタイン・ギャラリー ロンドン(2005)、ウィーン(2002)、ニューヨーク近代美術館(1997)で行われた。またグループ展への参加は、第8回シャルジャ・ビエンナーレ アラブ首長国連邦(2007)、第27回サンパウロビエンナーレ ブラジル(2006)、ホイットニービエンナーレ2006 ニューヨーク(2006)、そして第50回ヴェニスビエンナーレ(2003)で行われた。リクリット・ティーラワニット フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルター・グロピウス

    ヴァルター・グロピウスから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    グロピウスは著書『国際建築』(1925年)で、造形は機能に従うものであり、国を超えて、世界的に統一された様式をもたらすと主張した。1926年の「バウハウス校舎」は、まさにその実例となることを意図して設計された。1932年にフィリップ・ジョンソンの企画によりニューヨーク近代美術館でインターナショナル・スタイル(国際様式)の展覧会を企画し、建築界の主流になっていった。ヴァルター・グロピウス フレッシュアイペディアより)

378件中 91 - 100件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード