378件中 111 - 120件表示
  • ドナルド・リチー

    ドナルド・リチーから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1969年(昭和44年)から1972年(昭和47年)まで、ニューヨーク近代美術館の映画キュレーターも務めた。1983年(昭和58年)に第1回川喜多賞を受賞。2004年(平成16年)、第5回東京フィルメックスの審査委員長を務めた。同年、旭日小綬章を受章。ドナルド・リチー フレッシュアイペディアより)

  • 非現実の王国で

    非現実の王国でから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ラーナーは作品を発表する際、挿絵の約100枚を画廊や個人愛好家に販売し、その残りをMoMAなどに寄贈した。ダーガーの部屋は保存され、現在は移設された場所で博物館としてテキスト原文と共に公開されている。非現実の王国で フレッシュアイペディアより)

  • デラウェア川を渡るワシントン

    デラウェア川を渡るワシントンから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1953年アメリカ人ポップアーティストのラリー・リバースは自作の『デラウェア川を渡るワシントン』を描き、現在ニューヨーク市のニューヨーク近代美術館に収められている。デラウェア川を渡るワシントン フレッシュアイペディアより)

  • BankART1929

    BankART1929から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    BankART(バンカート)は旧第一銀行横浜支店(BankART1929 Yokohama)と旧富士銀行横浜支店(BankART1929 馬車道)ふたつの建物を芸術文化に利用するという意味を込めた造語。ちなみにその舞台となる旧第一銀行と旧富士銀行の建物はどちらも1929年に建てられた。世界恐慌の始まったこの年はニューヨーク近代美術館(MOMA)が設立された年。どちらの建物も古代ローマのトスカナ地方独自の建築物の様式「トスカナ式」でつくられている。BankART1929 フレッシュアイペディアより)

  • エミリオ・アンバース

    エミリオ・アンバースから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1970年から1976年までニューヨーク近代美術館でデザイン部門のキュレイターを務める。1976年には自らが主宰する設計事務所エミリオ・アンバース&アソシエイツを設立。自然との共生を旨とし、建物を緑化する作風が特徴で、日本にも数点の作品がある。エミリオ・アンバース フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・マンフォード

    ルイス・マンフォードから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1931年ニューヨーカー誌の建築批評論担当となり、「ザ・スカイライン」欄の時評を担当。 1932年、フィリップ・ジョンソンからニューヨーク近代美術館で開催された「近代建築国際展」住宅計画部門担当に招かれる。「住宅計画」と超した小論を寄稿。タリアセン・フェローシップの指導者となる申し出は辞退。またこの時期ヨーロッパで近代建築を研究している。ルイス・マンフォード フレッシュアイペディアより)

  • アニッシュ・カプーア

    アニッシュ・カプーアから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    彼の個展はロンドンのテート・モダンやヘイワード・ギャラリー、スイスのバーゼルにあるクンストハレ、スペイン・マドリードのソフィア王妃芸術センター、カナダのオタワ、ベルギー、フランスのボルドー、ブラジル、ニューヨーク近代美術館、イタリアのミラノ、ビルバオのグッゲンハイム、オランダなどで開かれたことがある。また、日本では名古屋市にあったコオジオグラギャラリーで早くから発表していた為名古屋市美術館に個人蔵の作品が寄託されているほか、金沢21世紀美術館など各地の美術館に作品が恒久設置されている。また、宝飾メーカーのブルガリから「B.zero1」と名付けられたアクセサリーのシリーズを出している。アニッシュ・カプーア フレッシュアイペディアより)

  • 吉水卓

    吉水卓から見たMoMAニューヨーク近代美術館

    また、MoMA Design Storeでのライブペイントイベントなど、アートとコマーシャルの境界線無く活動。吉水卓 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルイス・イ・ブラスコ

    ホセ・ルイス・イ・ブラスコから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館. Pablo Picasso, a retrospective. Ed. William Rubin, chronology by Jane Fluegel. ニューヨーク. 1980年. ISBN 0-87070-519-9ホセ・ルイス・イ・ブラスコ フレッシュアイペディアより)

  • Love (彫刻)

    Love (彫刻)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    『LOVE』のもともとのデザインは、1964年のニューヨーク近代美術館のクリスマスカードである。最初に立体化されたのは1970年のインディアナポリスの『LOVE (:en:LOVE (Indianapolis))』で、耐候性鋼で制作されたこの彫刻はインディアナポリス美術館で展示されている。『LOVE』のデザインはさまざまに手が加えられ、世界中で同様の彫刻が多様なヴァージョン、色使いで制作され続けている。Love (彫刻) フレッシュアイペディアより)

378件中 111 - 120件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード