378件中 121 - 130件表示
  • アントワーヌ・ペヴスナー

    アントワーヌ・ペヴスナーから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1948年には、ニューヨーク近代美術館において、「ガボ・ペヴスナー展」を開催。アントワーヌ・ペヴスナー フレッシュアイペディアより)

  • ジーノ・セヴェリーニ

    ジーノ・セヴェリーニから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    セヴェリーニは他の未来派の画家たちほど機械のテーマには関心を示さず、「美術におけるダイナミスムの表現」という未来派の理論を表現するためにしばしば取り上げたテーマは、踊り子の姿であった。セヴェリーニはキャバレーなどの華やかな都会風景を描き出すことを得意とし、『バル・タバランのダイナミックな象形文字』(1912年、ニューヨーク近代美術館)、『大通り』(1910 - 11年、ロンドン、エストリック・コレクション)などがその例である。第一次大戦中には、未来派の戦争画を代表する作品群を残した。『ギャロップで駆けるイタリアの槍騎兵』(1915年)、『装甲列車』(1915年、ニューヨーク近代美術館)などがそれである。ジーノ・セヴェリーニ フレッシュアイペディアより)

  • ルドルフ・シンドラー

    ルドルフ・シンドラーから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    シンドラー自邸やローヴェル・ビーチ・ハウスなど、シンドラーの初期の作品は、アメリカの建築界でもあまり広く知られることはなかった。モダニズムの作品にしては時代が早く、また急進的なものであったために人々の目を通り過ぎてしまったこと、主な作品が集中するロサンゼルスが建築の世界ではあまり注目されることのない土地柄であったことなどが原因と思われる。1932年のニューヨーク近代美術館における「国際現代建築展」にも参加しなかった。(ちなみに、ノイトラは参加していた。同展でノイトラは「帝国ホテルでライトともに仕事をしたオーストリア人」という、本来シンドラーに冠すべき肩書きを間違って表示された。前述の小冊子のせいであろう。)ルドルフ・シンドラー フレッシュアイペディアより)

  • 山本圭吾 (芸術家)

    山本圭吾 (芸術家)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1981年 - ニューヨーク近代美術館企画「東京から福井と京都ビデオ展」が6か国36都市巡回。山本圭吾 (芸術家) フレッシュアイペディアより)

  • Berta Jayo

    Berta Jayoから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    レイナSofía博物館では、 MoMAには、 ルーヴル パリます。Berta Jayo フレッシュアイペディアより)

  • 内村皓一

    内村皓一から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館・プリンストン大学美術館(アメリカ)内村皓一 フレッシュアイペディアより)

  • ルイーズ・ブルジョワ

    ルイーズ・ブルジョワから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1982年、ブルジョワが72歳のときにニューヨーク近代美術館で個展が行われ、再評価されるようになった。ルイーズ・ブルジョワ フレッシュアイペディアより)

  • カール・サンドバーグ

    カール・サンドバーグから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    Road to Victory (1942) (exhibition catalog) (text by Sandburg; images compiled by Edward Steichen and published by the Museum of Modern Art)カール・サンドバーグ フレッシュアイペディアより)

  • キラー・フィルムズ

    キラー・フィルムズから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    キラー・フィルムズ (Killer Films)は、ニューヨークを拠点とするインデペンデント映画製作会社。1995年、映画プロデューサーのとパメラ・コフラーによって設立された当社は、アカデミー賞を受賞した『ボーイズ・ドント・クライ』や、アカデミー賞にノミネートされた『エデンより彼方に』等多くのインデペンデント映画の制作に携わってきた。また映画以外にも、トッド・ヘインズが手掛けたテレビドラマ『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』(全5話)の制作にも携わった。2005年、設立10周年を記念してニューヨーク近代美術館から祝辞が送られた。キラー・フィルムズ フレッシュアイペディアより)

  • ディーター・ラムス

    ディーター・ラムスから見たMoMAニューヨーク近代美術館

    コーヒーメーカー、計算機、ラジオ、オーディオ/ヴィジュアル機器、消費家電およびオフィス機器など、彼が手がけたデザインの多くは、ニューヨークのニューヨーク近代美術館など、世界中のさまざまな博物館の収蔵品となっている。 ディーター・ラムスは、1998年に退社するまで、 30年以上にわたりBraun A.G.のデザイン部門のトップとして活躍した。 彼はなおデザイン業界において伝説的存在とされており、最近では雑誌Wallpaperのデザインも手がけている。ディーター・ラムス フレッシュアイペディアより)

378件中 121 - 130件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード