378件中 131 - 140件表示
  • ジョゼフ・コーネル

    ジョゼフ・コーネルから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    オランダのポップバンド The Nits は1992年のアルバム「Ting」の中の曲「Soap Bubble Box」で、ニューヨーク近代美術館で見たコーネルの箱について歌っている。ジョゼフ・コーネル フレッシュアイペディアより)

  • パオラ・アントネッリ

    パオラ・アントネッリから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    パオラ・アントネッリ(Paola Antonelli)はイタリア人の作家、編集者、キュレーターである。彼女はロンバルディア人の子である。彼女は現在ニューヨーク近代美術館のR&D部門のディレクターと、建築・デザイン部門のシニア・キュレーターを兼任している。パオラ・アントネッリ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・シャルボノー

    フィリップ・シャルボノーから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    彼の作品の多くは、現在パリのポンピドゥー・センターやニューヨーク近代美術館などに展示されている。フィリップ・シャルボノー フレッシュアイペディアより)

  • 二階堂瞳子

    二階堂瞳子から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    現在、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のサイトでも取り上げられるなど、海外の芸術界からも注目を集めている。二階堂瞳子 フレッシュアイペディアより)

  • バッドアート美術館

    バッドアート美術館から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    バッドアート美術館は目を覆うほど恐ろしいものの標準的な参照先として学術的な研究において利用されている。「心理科学の展望」(Perspectives on Psychological Science)誌で活字化されたある研究では、様々な芸術作品のクオリティに対して「直感的な」意見を求められた人間と意識化され理路整然とした反応をする人間とに分けてテストを行い、両者の反応の整合性を調べる試みが行われた。調査員は被験者にバッドアート美術館(MOBA)とニューヨーク近代美術館(MoMA)の作品を見せ、それぞれの絵に「とても良い」と「とても悪い」の両極端で採点させた。この研究からわかったことは、意識的に理知的な思考を行った人間のほうが評価を正確にするわけでも一貫性を持つわけでもないということだった。この調査に参加した人たちはMoMAの作品をより高いクオリティにあると認識し、評価したが、理路をたどることを意識化した人が「直感的な」判断をした人よりもMoMAの作品を魅力的だと感じたわけではなかったのである。さらに回答に時間をかけた人間のほうが即断した人間よりもMOBAの作品を悪いと感じたということもなかった。結論としては、素早く判断を下す人のほうが一貫性があるが、正確性に関しては有意な差はみられない、というものである。バッドアート美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 井上三綱

    井上三綱から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1955年(昭和30年)、ニューヨークのブルックリン展に前年作の「裸婦群像」「浴後」を出品。1957年(昭和32年)にはサンパウロのビエンナーレ展に「しゃがみかけた牛」と「驚」を出品。また、ニューヨーク近代美術館における国際水彩展にも出品した。イサム・ノグチのほかにロバート・オッペンハイマーやベン・シャーンからもその実力を認められる。井上三綱 フレッシュアイペディアより)

  • アート・スピーゲルマン

    アート・スピーゲルマンから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    他の多くの革新的な作品とともに、「Raw」はスピーゲルマンの両親がホロコーストから生き残ったストーリーを再現した作品『マウス(Maus)』を刊行した。1986年に第1巻、1991年に第2巻が刊行されると、コミックのジャンルとしては前例のないほどの批評的な関心を呼び起こし、1992年にニューヨーク近代美術館で展示会が開催され、ピューリッツァー賞の特別賞が与えられた。アート・スピーゲルマン フレッシュアイペディアより)

  • 国際フィルム・アーカイヴ連盟

    国際フィルム・アーカイヴ連盟から見たMoMAニューヨーク近代美術館

    文化遺産として、歴史資料としての映画フィルムを破壊・散逸から救済し保存する諸機関からなる。1938年に、アメリカ合衆国のMoMAフィルム・ライブラリー、英国映画協会(BFI)の国立フィルム・ライブラリー(現BFI国立アーカイブ)など4団体によりパリで結成。初代会長はジョンE.アボット。現在の本部は、ベルギーのブリュッセルにある。国際フィルム・アーカイヴ連盟 フレッシュアイペディアより)

  • ペーター・ラッツ

    ペーター・ラッツから見たMoMAニューヨーク近代美術館

    Peter Latz and Partners(作品集、2007年、MoMAでのランドスケープ展「グランズウェル」にも出展される)ペーター・ラッツ フレッシュアイペディアより)

  • ワンダ・ガアグ

    ワンダ・ガアグから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1919年、広告イラストで生活費をまかなっていたが、この時期から適切な発音(ラストネームの韻は「wag」ではなく「bog」)ができるように自身のラストネームにアクセント記号を付け加えている。1921年、箱の側面にストーリーパネルを装飾する「ハッピーワークボックス」(Happiwork Story Boxes)というビジネスベンチャーに参加した。1921年、Broom: An International Magazine of the Artsに自身の絵が掲載され、1923年に初めての個展をニューヨーク公共図書館で開催し、芸術家のと共に「Folio」という雑誌を一号だけながら発行した。1925年、子供向けのイラストクロスワードパズルが複数の新聞で連載した。1926年、(Weyhe Gallery)で自身のワン・ウーマン・ショーが開催され「アメリカ合衆国における最も有望な若手グラフィックアーティストの1人」と認められるまでになり、生涯の関係を持つマネージャーのカール・ジグロッサー(Carl Zigrosser)との二人三脚が始まった。この時からギャラリーで数多くのリソグラフ、リノリウム版画、水彩画といった絵画作品の販売を始めた。1927年、の「These Modern Women: A Hotbed of Feminists」というガアグに関する記事で、男性関係について書くためにアルフレッド・スティーグリッツやを取り上げ、「The way you solved that problem seems to me to be the most illuminating part of your career. You have done what all the other ‘modern women’ are still talking about.」と書いている。また、左派雑誌であるやの表紙イラストも描いている。1927年、イラスト主体の物語である「Bunny's Easter Egg」が児童雑誌のに掲載された。1929年、ニューヨーク市ので行われたガアグのレビュアー(も参加)によるジョイントショーにて「Wanda Gag’s imagination leaps out from dusky shadows and terrifies with light, an emotional source difficult to analyze…」と評された。やがて自身の作品は国際的な名声を得るようになり、のフィフティ・プリンツ・オブ・ザ・イヤー(Fifty Prints of the Year)を1928年、1929年、1931年、1932年、1936年、1937年、1938年に受賞している。1939年にニューヨーク近代美術館で開催された「アート・イン・アワー・タイム」(Art in Our Time)やニューヨーク万国博覧会の「アメリカン・アート・トゥデイ」展覧会などガアグの作品はニューヨークで展示され続けている。ワンダ・ガアグ フレッシュアイペディアより)

378件中 131 - 140件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード