378件中 21 - 30件表示
  • 剣持勇

    剣持勇から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1961年に発表されたラタンチェアー(YMK長岡)は日本の家具としては初めてニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品に加えられた。剣持勇 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・ヴァザルリ

    ヴィクトル・ヴァザルリから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ヴィクトル・ヴァザルリ(; ; ; 1906年4月9日 - 1997年3月15日)は、いわゆる「オプ・アート」の先駆者とされるハンガリー系フランス人の芸術家。ハンガリー生。ドイツのバウハウス運動の機能主義と、ソ連のコンストラクティヴィスム(構成主義)に影響を受け、1930年代から移住先のフランスにおいて、独自の幾何学的抽象性を追及した美術作品を制作し続けた。1960年代半ばに『タイム』紙で「オプ・アート」の造語と共に大衆的に紹介され、MoMAの「感応するまなざし」展が開かれると、ポピュラリティを獲得した。1938年頃の作品「」は「オプ・アート」の作例のうち最も早いものの一つとされる。ヴィクトル・ヴァザルリ フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡徳仁

    吉岡徳仁から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    国際的なアワードを多数受賞し、作品はニューヨーク近代美術館(アメリカ)やポンピドゥー・センター (フランス)、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(イギリス)など、世界の主要美術館に永久所蔵されている。吉岡徳仁 フレッシュアイペディアより)

  • アンリ・マティス

    アンリ・マティスから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    『ダンスI』(1909年)、ニューヨーク近代美術館アンリ・マティス フレッシュアイペディアより)

  • フアン・カルロス1世 (スペイン王)

    フアン・カルロス1世 (スペイン王)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1981年のアメリカ訪問では、ニューヨーク近代美術館に「貸与」していたパブロ・ピカソの『ゲルニカ』の返還を要請し、これによって『ゲルニカ』はニューヨーク近代美術館からプラド美術館を経て、ソフィア王妃芸術センターに安住の地を得ることになった。フアン・カルロス1世 (スペイン王) フレッシュアイペディアより)

  • フィンセント・ファン・ゴッホ

    フィンセント・ファン・ゴッホから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ファイル:Van Gogh - Starry Night - Google Art Project.jpg|『星月夜』1889年6月、サン=レミ。油彩、キャンバス、73.7 × 92.1cm。ニューヨーク近代美術館F 612, JH 1731。フィンセント・ファン・ゴッホ フレッシュアイペディアより)

  • Sputniko!

    Sputniko!から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館(MOMA)でのグループ展「Talk to me」に参加。Sputniko! フレッシュアイペディアより)

  • ゲルニカ (絵画)

    ゲルニカ (絵画)から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1937年12月、アメリカ芸術家会議は共和国支援のために『ゲルニカ展』を企画し、この展覧会は約1年半後に実現した。1939年5月には絵画がアメリカ合衆国に送られ、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴでの展覧会に出展された。すでにスペイン内戦が終結していたこともあり、アメリカでは内戦の悲劇の象徴ではなく一枚の現代美術作品と捉えられた。ゲルニカ展のオープニングにはエレノア・ルーズヴェルト(ファーストレディ)、(実業家)、W・アヴェレル・ハリマン(政治家)、ジョージア・オキーフ(芸術家)、ソーントン・ワイルダー(劇作家)などが出席した。美術評論家のエリザベス・マコースランドはピカソが孤立から社会との連帯に転じたことを象徴する絵であるとしたが、美術記者のエドウィン・オールデン・ジュエルは現代美術に侵入しつつある異質な意図の典型だとした。鑑賞者の賛否は分かれ、スペインの孤児を救援するための収益は少額にとどまった。1939年9月には第二次世界大戦が勃発したため、ピカソは絵画を戦場に近いフランスに戻すことを躊躇し、そのままアメリカ合衆国のニューヨーク近代美術館(MoMA)に保管された。1940年から1942年にはピカソの回顧展がシカゴを筆頭にアメリカ合衆国内の10か所で開催され、展示作品には必ずこの絵画が含まれた。ゲルニカ (絵画) フレッシュアイペディアより)

  • 長岡現代美術館

    長岡現代美術館から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1964年の第1回展では土方定一、針生一郎、中原佑介を審査員に招聘し、日本人作家26人が招待されて岡本信治郎が受賞した、1965年の第2回展にはニューヨーク近代美術館のウィリアム・S・リーバーマン、針生、中原を審査員に招聘し、アメリカ人作家7人と日本人作家8人が招待されたが、審査員の票がヒンマンと高松次郎に割れたため受賞者なしとなった。1966年の第3回展にはローマ大学のポネンテ、針生、中原を審査員に招聘し、イタリア人作家7人と日本人作家8人が招待されてが受賞した。1967年の第4回展にはラインハルト、針生、中原を審査員に招聘している。長岡現代美術館 フレッシュアイペディアより)

  • INFOBAR

    INFOBARから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    2003年度グッドデザイン賞選定、2005年にはドイツ・iFデザイン賞の「iFプロダクトデザイン賞」を受賞。2007年にはアメリカ・ニューヨーク近代美術館に、2013年には同国のインディアナポリス美術館にそれぞれ収蔵品として同機種が選定された。INFOBAR フレッシュアイペディアより)

378件中 21 - 30件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード