272件中 51 - 60件表示
  • マイケル・グレイヴス

    マイケル・グレイヴスから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1969年にニューヨーク近代美術館で行われたアーサー・ドレクスラー企画によるモダニズム建築家5人を特集した展覧会で取り上げられ、この展覧会を元にした1972年の書籍『Five Architects』によって「ニューヨーク・ファイブ」というモダニズム建築家グループの一員と見られるようになった。(ニューヨーク・ファイブには、ほかにリチャード・マイヤー、ピーター・アイゼンマン、ジョン・ヘイダック、チャールズ・グワスミーらがいる)マイケル・グレイヴス フレッシュアイペディアより)

  • デュアン・マイケルズ

    デュアン・マイケルズから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    数年の間、マイケルズは商業写真家として働き、「エスクァイア」(Esquire) や「マドモアゼル」(Mademoiselle) に作品を提供したり、また1974年には、「グレート・ギャツビー」の映画化に際して「ヴォーグ」の特集記事を担当した。彼はスタジオを持たず、人物を「環境」の中においてポートレートを撮影した。これは、リチャード・アヴェドン (Richard Avedon) やアーヴィング・ペン (Irving Penn) などの他の写真家の手法とは対照的なものであった。1968年、マイケルズはメキシコ政府から同年のメキシコシティオリンピックの写真記録を委嘱された。1970年、彼の作品はニューヨーク近代美術館に展示された。デュアン・マイケルズ フレッシュアイペディアより)

  • マリノ・マリーニ

    マリノ・マリーニから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1940年にミラノのブレーラ美術学校の教授の職につき、1970年まで教鞭をとった。1944年にはニューヨーク近代美術館にて開催されたイタリア美術に関する展覧会に参加、国際的な評価を得るようになる。マリノ・マリーニ フレッシュアイペディアより)

  • 新居猛

    新居猛から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1920年(大正9年)に徳島市の剣道具製造業の家に生まれた。デンマークの家具の美しさに影響されたのがきっかけで椅子づくりにのめり込む。1969年(昭和44年)、有限会社ニーファニチアを設立し代表取締に就任する。1974年(昭和49年)、自身の作品であるニーチェアXがニューヨーク近代美術館にて永久収蔵が認められた。その後、インテリア・デザイナー協会の名誉会長となる。新居猛 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡徳仁

    吉岡徳仁から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    デザインされた数々の作品は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)、ポンピドゥーセンター、ビクトリアアンドアルバートミュージアム、クーパーヒューイット国立デザイン博物館、ヴィトラデザインミュージアムなどの世界の主要美術館で永久所蔵品として選ばれている。吉岡徳仁 フレッシュアイペディアより)

  • 照屋勇賢

    照屋勇賢から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館(ニューヨーク)照屋勇賢 フレッシュアイペディアより)

  • スナップショット・エステティック

    スナップショット・エステティックから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    このスタイルの典型における特徴は、平凡な日常的な主題、および中心を外したフレーミングであるように見える。多くの作品において、主題はイメージ間に直結した関連を欠き、個々のイメージの間にある並置関係や分裂関係に依存している。この傾向は、が促進したものである。シャーカフスキーは、1962年(昭和37年)から1991年(平成3年)にわたってニューヨーク近代美術館(MoMA)の写真部長を務めた人物である。特筆すべき実作家は、ゲイリー・ウィノグランド、、ヴォルフガング・ティルマンス、、、テリー・リチャードソンらである。これらの写真家たちは、ユージン・スミスやゴードン・パークスらとは対照的に、「生活や人生を改革するのではなく、知ること」を目的としていた(ジョン・シャーカフスキー『ダイアン・アーバス』)。シャーカフスキーは、1967年(昭和42年)にMoMAで開かれ、後に影響力を持つにいたる「ニュー・ドキュメンツ展」において、ダイアン・アーバス、リー・フリードランダー、ゲイリー・ウィノグランドの作品を購入し、写真界における新傾向をはっきりと認識させた。スナップ写真のようなカジュアルなルックスをもつ写真、圧倒的にふつうの主題をもつ写真、という傾向である。スナップショット・エステティック フレッシュアイペディアより)

  • グルノーブル美術館

    グルノーブル美術館から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    グルノーブル美術館は1798年に設立された。1920年の時点で、フランスにおいて近代美術の収集で知られる美術館であった。これはニューヨーク近代美術館等が開館するより前であり、世界的に見ても近代美術の分野で先駆けとなる美術館であったことがわかる。グルノーブル美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 吹田文明

    吹田文明から見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    1969年(昭和44年)に多摩美術大学教授に就任。1994年(平成6年)に日本版画協会理事長に就任。ニューヨーク近代美術館、ポーランド国立美術館、シアトル美術館、オレゴン大学美術館スイス国立美術館、メキシコ近代美術館、シカゴ美術館、東京国立近代美術館などの美術館に作品が所蔵されている。吹田文明 フレッシュアイペディアより)

  • エリコフォン

    エリコフォンから見たニューヨーク近代美術館ニューヨーク近代美術館

    ニューヨーク近代美術館のエリコフォン (Ericofon at the Museum of Modern Art )エリコフォン フレッシュアイペディアより)

272件中 51 - 60件表示

「ニューヨーク近代美術館」のニューストピックワード